スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

弓張岳~将冠岳 春のトレッキングが開催されました!

ファイル 2417-1.jpgファイル 2417-2.jpgファイル 2417-3.jpgファイル 2417-4.jpgファイル 2417-5.jpg

今日は朝からどんより曇り空・・・
でも伝馬屋天気予報の通り、雨も降ることなく今年度最後のイベント、「弓張岳~将冠岳 春のトレッキング」を無事に開催することができました(^o^)

定員いっぱいの参加者20名で弓張岳の駐車場を出発し、登ったり下ったり、寒くなったり暑くなったりしながら将冠岳まで歩きました。

今日ガイドを務めて頂いたのは、環境省アクティブレンジャーのSさんで、目からウロコのSさんのお話に参加者一同「へぇ~」と頷きながら歩いていました。タチツボスミレなどの可愛いお花にもたくさん出会いました。

急こう配をハァハァ言いながら頂上までたどり着くと、そこには九十九島や遠く平戸まで見渡せる素晴らしい景色が広がっていました。
ちょうど天気も晴れてきて暖かい中でのお昼ごはん\(^o^)/
最高でした!

参加者の方々のアンケートによる満足度も非常に高く、主催者としてはそれが何より嬉しかったです(*^_^*)

来年度も九十九島ビジターセンターではたくさんのイベントを計画しています。
詳しくはビジターセンターのホームページ、かゆりちゃんだより等でご確認ください。
http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/event/index.html

枇榔島のカンムリウミスズメ

ファイル 2416-1.jpgファイル 2416-2.jpgファイル 2416-3.jpgファイル 2416-4.jpgファイル 2416-5.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
先日、宮崎県の無人島で人生初の野宿を経験してきた ちゃだ です
あまり眠れませんでした…^^;

なぜ野宿をすることになったのかというと、
カンムリウミスズメの世界最大の繁殖地「枇榔島」での上陸調査へ同行させていただけることになったからです^^!

夕方、枇榔島へ上陸
まずは日が沈む前に、営巣状況の調査開始!

カンムリウミスズメは、岩場の隙間に巣を作って、ニワトリの卵より少し小さめの卵を2つ産むそうです
岩の隙間を覗いていくと…いました!
浅い巣穴だったので、すぐ近くにカンムリウミスズメを見ることができました♡
卵が産まれている巣穴もあったのですが、こちらは深いところにあったため、写真は撮れず…^^;
岩場の上には捕食されたカンムリウミスズメの卵もありました

日が暮れてからは、捕獲して測定とバンディングの調査開始!
陸上でのカンムリウミスズメは動きが遅く、道具も使わず手で簡単に捕獲されていました^^;
海でのあの素早い泳ぎっぷりからは想像できない…!
捕獲したカンムリウミスズメは体重などを計測し、足環を付けてリリース
今回は30羽のカンムリウミスズメにバンテディングを行うことができました

可愛いカンムリウミスズメを間近で観察することができ、
ホクホクの ちゃだ でした(*^-゚)/

写真は
①カンムリウミスズメの世界最大の繁殖地 枇榔島
②営巣している岩場
③カンムリウミスズメの巣
 このような岩の隙間を利用します
④巣の中のカンムリウミスズメ
⑤捕食されたカンムリウミスズメの卵

ビジターセンターでの一日研修

ファイル 2415-1.jpgファイル 2415-2.jpgファイル 2415-3.jpgファイル 2415-4.jpgファイル 2415-5.jpg

みなさん、こんにちは!
香港から来た、実習生のドリスです。(^^)
今日は九十九島ビジターセンターで1日実習をさせていただきました。

本日は朝から九十九島の事やビジターセンターの仕事内容など聞きました。
ビジターセンターでは、海の生き物だけでなく九十九島にいる陸の生き物まで紹介されています!

午後はビジターセンターの方と長尾半島へ行きました。いっぱいの自然に囲まれて植物を観察したりと九十九島の魅力を感じる、もっと九十九島の歴史や自然の事を知りたいです!展望台から見た風景本当に素晴らしです!
貴重な体験をたくさんさせて頂きました、ここへ実習に来て良かったなと感じています。(^v^)
1日限りではありましたが、ビジターセンターの方々、
大変お世話になりました。ありがとうございました!

世界が注目 カンムリウミスズメ

ファイル 2414-1.jpgファイル 2414-2.jpgファイル 2414-3.jpgファイル 2414-4.jpg

18日から20日まで、宮崎県門川町で「カンムリウミスズメシンポジウム2017inかどがわ」があり、ビジターセンターから2名が参加してきました。

アメリカやカナダ、韓国の研究者が集い、最先端の研究情報が報告されて、ますますカンムリウミスズメに対する興味がわいてきた伝馬屋でした。

門川町は人口12000人ほどの街ですが、このシンポジウムには町長初め町議会の方、教育委員会の方など行政挙げて取り組まれているのがよくわかります。

子どもたちも自分たちで調べたことをポスターにして展示してあり、またカンムリウミスズメのゆるきゃらも登場しています。
これはカドッピーとガワッピーと名付けられているそうです。一緒に写っているのは参加した「ヨシッピー」です。

会場には100名を超える人が、専門家の話を熱心に聞き入っていました。

シンポジウム終了後は夜のスポットライトサーベイのデモンストレーションがあり、これには伝馬屋が参加し、九十九島でもこのような調査ができたらいいなと考えている伝馬屋でした。

気づいた時には、遅かった…

ファイル 2413-1.jpgファイル 2413-2.jpg

何に気づいたかといいますと、アオサギのクチバシの色が変わっていたことです!!
写真を撮っているときには、今日もアオサギがいつも見る場所にいるなぁと思っただけなのですが、
戻って写真の確認をしているときに、やっと変化に気づいたんです。

写真を撮っているときに気づけていたら、全体が入るように撮ったのに、
撮影した写真は、全部、変化したクチバシの先が半分隠れたものでした…
この色の変化は婚姻色といって、繁殖期にあたるこの時期だけ、
クチバシや脚、目などの色が変わるそうで、
1年の内で、今だけの変化だったのに(;一_一)
いつも見るアオサギかぁではなく、もっと注意深く観察しようと反省した はなでした。。

①2016年11月19日に撮影したもの
②2017年3月18日に撮影
②は全体が写せていませんが(;一_一)、微妙な色の変化、気づいてもらえるでしょうか。

将冠岳に登ってきました(^^)v

ファイル 2412-1.jpgファイル 2412-2.jpgファイル 2412-3.jpgファイル 2412-4.jpgファイル 2412-5.jpg

一昨日は早朝から野鳥調査、帰ってきてすぐにイベントの下見で将冠岳に登り、結構ハードな一日でした。

3月25日に開催される「弓張岳~将冠岳 春のトレッキング」のイベントはおかげさまで定員に達し、今はその準備の真っ最中です。
一昨日はその下見で将冠岳まで登ってきました。

弓張岳や将冠岳は佐世保の中心地にありながら、その一部が西海国立公園に指定されており、常緑照葉樹林が多く残っています。

また、戦国時代にあった佐世保城(現在の城山町付近)の城主 遠藤但馬守を祀った但馬神社や、その娘である白縫姫の「蛇島伝説」も残る山で、どことなく神聖な雰囲気の漂う場所です。

道中にはタチツボスミレなどの可愛い花やヒサカキの香りなども楽しめます。
途中の山道は結構ハードなところもありますが、将冠岳山頂の景色は最高です!!

トレッキングも楽しめる季節になりましたね。佐世保市街からも近く、日帰りで楽しめるコースです(^O^)/
(パッキー)

うみかぜ広場の野鳥たち

ファイル 2411-1.jpgファイル 2411-2.jpgファイル 2411-3.jpgファイル 2411-4.jpgファイル 2411-5.jpg

だいぶ暖かく、すごしやすい気候になってきてうれしい半面、
そろそろ冬の間やってきていた野鳥たちが見られなくなってしまうのかなぁと、
ちょっと寂しさを感じている はなです。

うみかぜ広場の野鳥たちはどうしているか気になり、午前中に行ってきました。
まだまだ、ちゃんといましたよ~♪
今日は、ビジターセンターから歩いてすぐの、遊歩道に入る前の植え込みで
エナガとシジュウカラ、ヤマガラが飛んできたのを確認でき、幸先のいいスタートでした(^v^)
その後うみかぜ広場で、コゲラ、ヒヨドリ、ジョウビタキ♀、シロハラ、ツグミ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ハシブトガラスと、
多くの野鳥に出会うことができ、もうしばらくは野鳥観察も楽しめそうな感じです。
この3連休、野鳥に会いに来られる場合は、人出が少ないちょっと早めの時間帯がよさそうですよ~(^^)/

①植え込みに飛んできたエナガ
②ヤマガラ
③カワラヒワにも会っちゃいましたヽ(^o^)丿
④ヤブツバキに顔をつっこんで、出てきてを繰り返すメジロ
⑤今日は、うみかぜ広場でツグミに会いました

地味な花でもよく見ると

ファイル 2410-1.jpgファイル 2410-2.jpg

昨日、長尾半島に行っててきました。

長尾半島は初めてという3人と一緒に、ゆっくり歩いて行くといろいろなものが見えてきます。

ちょうどクロキの花が公園内のあちこちで咲いており、またモチノキの小さい花も咲いていました。

クロキの花は白くて少し大きいのでわりと目立ちます。黄色いおしべが魅力的。

モチノキの花は薄い黄緑色で小さいくて、よく見ないと分かりません。
でもしっかり観察してみると、雄花では4本のおしべが目立つ魅力的な花です。

何気なく歩くのではなく、じっくり観察すると知らない世界が見えてくるかも知れません(伝馬屋)。

松浦~平戸・生月をまわってきました(^^)v

ファイル 2409-1.jpgファイル 2409-2.jpgファイル 2409-3.jpgファイル 2409-4.jpgファイル 2409-5.jpg

先日、季刊誌が完成したことをお知らせしましたが、ここ数日、配付のために車に乗りっぱなしで、さすがに少し疲労気味・・・
今日が最後の配付で松浦から平戸・生月方面をまわりました。
気が進まないまま配付に出発しましたが、途中の佐々あたりで、昨日中学校の卒業式を終えたばかりの長男から、「高校合格した~」との連絡があり、ちょっとだけ配付が気持ちよくできました。いかんせん、入試の前日に「y切片って何?」と質問してきたくらいの息子なもので・・・(^_^;)

ということで、今日もほぼ終日車に乗りっぱなしだったものですので、道中で撮った写真をご紹介します。
ベタなものばかりですが、今日は天気も良く、眺めも素晴らしかったです。

写真① 松浦~田平に向かう途中、ちらっと見えたコバルトブルーとエメラルドグリーンの海の色が最高でした。正面の島は的山大島です。750年前にはこのへん一帯に元軍の船が来ていたのか~、なんてことを想像しながら車を走らせていました。
写真② ご存じ平戸大橋です。巨大な人工建造物は何度見ても迫力があります。波も穏やかで気持ちのよい景色でした。
写真③ 松浦史料博物館から平戸城方面の風景です。イギリス・ポルトガル・オランダとの貿易で栄えた当時を偲ばせる街並みが残ります。
写真④ 平戸港の入り口にある黒子島。西海国立公園特別保護地区であり、国指定の天然記念物でもあります。
写真⑤ 生月大橋。かつてはこの海をクジラが泳ぎ、生月は捕鯨業が盛んでした。今もクジラが通るのではないかと、ついつい目を凝らして海を見てしまいました。

春らしい日差しも日に日に暖かく感じられるようになりました。お休みの日のドライブにはお勧めのコースですよ(^^♪
(パッキー)

ウグイス…!?

ファイル 2408-1.jpgファイル 2408-2.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
春眠暁を覚えずとよく言いますが、最近眠くてたまらない ちゃだ です( ´ρ`)。o ○

さて、先日の はなさん のブログでもありましたが、今年もウグイスの声がチラホラ聞こえ始めました^^
まだまだへたっぴな鳴き方を聞くと、なんだかほっこり気分になります♪

そのウグイスですが、ウグイスを見たことがある!という方
どのくらいいらっしゃるでしょうか?
けっこう「あるある!」って方多いのでは?

しかし!
それって本当にウグイスですか…?

お花見に行って、桜の木に緑色の鳥が蜜を吸いにきているのを見た!という方

それは写真①のような鳥ではなかったですか?
残念ながらそれはウグイスではありません…^^;
メジロちゃんです!
その名のとおり、目の周りが白いでしょ?

ウグイスは警戒心が強く、藪の中に身を隠して生活しています
主に昆虫を食べているので、花の蜜も吸いにきません

では、ウグイスはどんな鳥かというと…写真②
メジロに比べると、地味~な色
…でも可愛い(*´▽`*)♡

今度じっくり観察してみてくださいね(*^-゚)/♪

写真は
①ヤブツバキの蜜を吸いにきたメジロ
②草むらからひょっこり出てきたウグイス

ページ移動


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 E-mailはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.