スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

九十九島が教科書に載りました

ファイル 2515-1.jpgファイル 2515-2.jpg

啓林館の教科書に九十九島の砂岩のことが掲載されました。

もう1年ほど前に、教科書の出版社から砂岩の写真がほしいとの話があったので、送っていたところ、先日その教科書が届きました。

中学校理科用の教科書「未来へひろがるサイエンス1」で、248ページの一部に九十九島の砂岩の写真が掲載されました。

(出版社の了解のうえで写真を載せています)

精霊トンボ

ファイル 2514-2.jpg

世間ではお盆休みに入っている所も多いかと思いますが、九十九島ビジターセンターは年中無休でご利用頂けますので、是非遊びに来て下さいね。「夏休みわくわく探検シート」のクイズに挑戦したり、新しいパズルやすごろくなど楽しく遊ぶこともできますよ♪

ところで、最近トンボを良く見かけるようになったと思いませんか?体が薄いオレンジ色をしたトンボが特に多くなっているかと思いますが、名前をウスバキトンボといいます。先週、将冠岳に登ってきたのですが、山頂付近でとてもたくさんのウスバキトンボを見るとができました。

ウスバキトンボはお盆の時期に多く発生するので、ご先祖様に見立てて「精霊トンボ」と呼ばれ、とても大切にされる事もあります。

もう一説によりますと、天国よりももう少し近くから来ているとも言われます。ウスバキトンボは九州以北では冬を越す事ができないので、主に台湾や東南アジアで冬を越した個体が、春から世代を重ね数を増やしながら日本へ北上してきます。そしてお盆の時期に日本の本土で大発生します。さらには北海道やロシアまで行きつく個体もいるとか。

このウスバキトンボ、全世界の熱帯、温帯の地域に生息する、「最も珍しくないトンボ」なんていうことも言われます。それほど数の多いトンボなのですが、実は生活史があまり知られていません。日本を北上して増えたトンボも、ほとんどが南下するでもなく越冬できずに死に絶えてしまうので、なぜ北上するのかが分かっていません。

もしかしたら、地球温暖化を見据えて本州や北海道、あわよくば中国やロシアなどで冬を越して大発生する日を夢見ているのかもしれませんね。生物の進化も、そういった一見無駄にも見える挑戦の繰り返しによりなされるのかもしれません。

ウスバキトンボが越冬地を広げた場合、生態系がどのように変化するのか、見てみたいような見たくないような、複雑な気持ちになるひらめでした。

快晴の調査びよりです(^O^)/

ファイル 2513-1.jpgファイル 2513-2.jpgファイル 2513-3.jpgファイル 2513-4.jpg

ということで、今日は黒島の近くの無人島へ、カラスバトの調査へ行ってきました。
全長40cmくらいの、少し大きめで全身が光沢のある黒い羽根でおおわれている野鳥です。
暖かい地方の海岸や常緑広葉樹林にいる留鳥なのだそうですが、あまり数が多くないそうで、
初めてのカラスバトにわくわくしながら行ったのですが、
今日は、いいお天気なのに、風が強く、海岸に近付けず上陸できませんでした…(-_-;)

船の上で1時間ほど、カラスバトが姿を表してくれるのを待ちました。
まだ見たことが無いので、カラスの姿にいちいち反応してしまい、
「あれは、カラス。」と指摘されることが何度か続き(^_^;)

調査中1度だけ、1羽カラスバトだろうと思われる個体を確認することができました。
茂みから茂みへ移る少しの間の飛び立ちで姿を確認し判断するのがとても難しく、
少しもどかしい感じでしたが、ぜひ次回は姿を写真に撮りたいと
次の楽しみができた だいずでした。

①今日の九十九島は快晴です♪
②快晴ですが、波が高いんです…飛び立つのを船の上で待っています。波が高く、船酔いしそうなのをぐっとこらえました(~_~;)。
③イソヒヨドリやヒヨドリ、キセキレイも確認できました。
 揺れる船内で、当てずっぽうで写したものに、奇跡的にキセキレイが写っていました(^O^)/ どこにいるかわかります?
④帰りがけ、海の上を1羽のカラスが必死にはばたき海を渡っている姿に遭遇。船を追い越すくらいの速さで飛んでいきました。

山の日企画 古老とめぐる九十九島のヤマ

ファイル 2512-1.jpgファイル 2512-2.jpgファイル 2512-3.jpgファイル 2512-4.jpgファイル 2512-5.jpg

8月11日は山の日、ビジターセンターでは山にかけて「ヤマの跡」を見に行くことにしました。
「ヤマ」とはすなわち炭鉱のことです。

明治の初めのころ、すぐ近くの島にも小規模な炭鉱があり採掘されていました。
地域の古老であるEさんに案内してもらって、瀬渡し船に乗って島にある坑道の入り口だった穴を見に行くプログラムです。

・ボートに乗り込んでいざ出発。

・穴の深さを調べるために、水がたまった穴に重りを付けたひもを垂らしてみましたが、準備していた4mの長さでは足りないくらい深い穴もありました。

・石炭採掘の穴の隣には炭焼きの窯跡もあり、古老に詳しく解説してもらいました。

・干潟の近くで集合写真

・近くでは葉っぱの化石も見つけました。

気持良い風が吹いていて、楽しい快適な観察会でした(伝馬屋)。

ビジターセンター最終日!

ファイル 2511-1.jpgファイル 2511-2.jpg

みなさん!こんにちは!
研修生のZORAです。
ビジターセンターの研修

最終日は、私の後ろ姿から始まります!
(写真1枚目)

何やら座って作業していますが、これは
『漂着物洗い』をしているところです!
(写真2枚目)

『漂着物』とは、海岸などに流れ着いた物のことです。
今回の漂着物は、流木やビーチサンダル、貝殻、
シュノーケル、浮き などなど...
いろんな種類がありました。
これらのものは、工作教室で使います!お楽しみに!

今日は他にも、『パズルづくり』やいろいろな制作物をしたりと、かなり忙しい
一日になりました...
その分、達成感もあって充実したものになりました。

この3日間で、九十九島の自然を身を持って感じました。
ビジターセンターの方々に感謝します。
ありがとうございました。

まだ研修は続くので、最後まで頑張ります!

釣り日和???

ファイル 2510-1.jpgファイル 2510-2.jpgファイル 2510-3.jpgファイル 2510-4.jpgファイル 2510-5.jpg

みなさん!こんにちは!
研修生のZORAです!
ビジターセンターでの研修2日目。
九十九島は今日も天気に恵まれ、快晴です。

午前中は、事務作業。
午後からは....釣りをしに行きました!(写真1枚目)

...というのは、冗談です!
これは、『水質調査』をしているところなんですよ~。
写真のしたの方に、何やら『丸くて白い』ものが見えると
思います。(写真2枚目)

そして、その正体がこちら!(写真3枚目)
この道具を使って、『透明度』を測っています!

方法は簡単です!
道具を海に沈めて、白い円盤が見えなくなった所の
深さを記録するだけ!
その『見えなくなった深さ=透明度』になります。

その他にも、『塩分濃度』や『DO(溶存酸素量:海に溶けて
残っている酸素の量)』、『水温』も計測します!
これは、水温を確認しているとこです!(写真4枚目)

それでは最後に、写真を一枚!(写真5枚目)
今日は風が強く、波が激しく砕けてました。
九十九島周辺ではめったに見ることがないそうです。

原因は、台風が近づいていることみたいです。
みなさんも気をつけましょうね!

それでは、さようなら~

いきなりの調査!

ファイル 2509-1.jpgファイル 2509-2.jpgファイル 2509-3.jpgファイル 2509-4.jpgファイル 2509-5.jpg

みなさん、こんにちは!
大阪の専門学校からきました。
研修生のZORAです!

今日から、ビジターセンターの方で
研修をさせていただいてます。

さて、初日の今日は天気も良く朝一番から
『九十九島の会』の皆さんと『カノコユリ』の
調査に行ってきました!初日から調査に行けるなんて
とても運が良かったです!
海きららの館長さんもご一緒でした!(写真1枚目)

船の上からカノコユリを探して、
見つけたら島に上陸して写真に記録しました!
(写真2・3枚目)
写真を撮ることに夢中になりすぎて、
気づけば枚数がとんでもないことに...
その中でもお気に入りを一枚!(写真4枚目)

調査の途中には、『タコクラゲ』や『アンドンクラゲ』
そして、『ミサゴ』という鳥を見つけました。(写真5枚目)
巣が近くにあったらしく私たちを偵察していたみたいです。

たくさんの動植物を見ることができ、充実した調査でした!
ぜひ、皆さんも夏休みの間に、ビジターセンターに
訪れてみてはいかがでしょうか?

今日は、カニづくし!!

ファイル 2508-1.jpgファイル 2508-2.jpgファイル 2508-3.jpgファイル 2508-4.jpg

と言っても、今日の夕飯の話ではありません(^^;)
ちょうど雨上がりで、しかも潮がひいた時間帯だったので、
うみかぜ広場の遊歩道でも、鹿子前の砂浜でも、
いろいろなカニに出会え、ラッキーでした♪

一口にカニと言っても、いろいろな場所に棲んでいる種類がいて、
大きさや色、形もいろいろで、それぞれに名前がついていることを知り、
面白いなぁとおもいます。
ビジターセンター周辺のうみかぜ広場や鹿子前の砂浜を少し歩いただけでも
数種類のカニを見つけることができました(^◇^)

明日から夏休みが始まりますが(^_^;)、
自由研究のネタにいかがでしょう?
カニの魅力にとりつかれてしまうかもしれませんよ^m^

ただ、お出かけになる際は、日焼け防止グッズと帽子、飲み物、虫よけスプレーは必須です!!
今日は、虫よけスプレーを忘れて、3か所ほど蚊に刺されてしまった だいずでした。

①②アカテガニは、うみかぜ広場の遊歩道にいましたよ。
③コメツキガニがいました。どこにいるか、わかります?
④ハクセンシオマネキもいました。たくさんいて、興奮しちゃいました(^v^)

ウミガメの産卵場所

ファイル 2507-1.jpgファイル 2507-2.jpgファイル 2507-3.jpg

夏はウミガメが産卵する季節です。

このあたりではアカウミガメが砂浜に産卵に上がってくるのですが、産卵に適した砂浜がめっきり減ってきたようで、ウミガメが産卵に来たという報告はごくわずかです。

今年は2件ほどウミガメ産卵の吉報がありました。

ひとつは平戸の海岸で、昨日見に行ってきました。

海水浴場と漁港に囲まれたきわめて狭い砂浜でした。

囲いや看板がいくつもあり、平戸市や近くの方が大切にされているようでした。

また海岸のごみ掃除もされていましたが、隣の海水浴場にはたくさんの家族連れがいて、沖にはジェットスキーが出ていました。。

もう一つは宇久島で、アカウミガメの産卵が確認されたそうです。

もちろんウミガメが前足で砂を掻いて進んだ痕跡であるキャタピラーも残っていたそうです。

ウミガメが産卵するための大切な海岸です。大切に守りたい自然ですね(伝馬屋)。

「あっぱよ~!宇久展」はじめました(^O^)/

ファイル 2506-1.jpgファイル 2506-2.jpgファイル 2506-3.jpgファイル 2506-4.jpg

いよいよ今日から、西海国立公園の一部である佐世保市宇久島がテーマの
「あっぱよ~!宇久展」が開催いたしました(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
前日までバタバタと準備が続きましたが、
なんとか今日から展示を始めることができました\(^O^)/

宇久島の名所から歴史や自然に関することなどなどを展示し、
興味を持っていただくきっかけになればなぁと思っております。
夏休みに宇久島への旅行を計画中の方は、必見です!!

同時に、宇久島の名所の数々を掲示した写真展も行っていますよ~♪

この3連休は、ビジターセンターで宇久島の魅力にたっぷり浸ってください!!

お待ちしておりま~す(^u^)(だいず)

①展示コーナーの様子
②③こんな、お楽しみコーナーも^m^
④写真展も開催中 
 名所の風景だけでなく、宇久島でみられる植物や野鳥の写真もありますよ。だいずおススメ写真は、宇久の方に提供していただいた、オオワシの写真です。ぜひ見に来てください(*^_^*)

ページ移動


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 E-mailはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.