スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

愛宕山から見える九十九島

ファイル 2392-1.jpgファイル 2392-2.jpgファイル 2392-3.jpg

以前ブログで伝馬屋さんがお勧めしていた
長尾半島からも見える『愛宕山』に登ってきました。
最後まで歩道が整備された歩きやすいところで、
片道30分くらいで行けるのですが、
頂上まで結構段差のある階段が続く道で、今日は早速ふくらはぎが痛いです(;一_一)

この日は、毎年2月に開催されている愛宕祭りが行われており、
お祭にもたくさんの人がいらっしゃいましたし、
山を登る人たちも、たくさんいらっしゃいましたよ(*^_^*)

去年も我が家のオチビさんたちと登ったのですが、
今年は大きいチビさんにはおいていかれ、
小さいチビさんには、励まされ、
子どもたちの成長を感じるとともに、
自分の衰えも感じてしまいました…
筋肉痛が治ったら、筋トレを始めようと思った はなでした。

①長尾半島から見える愛宕山です。
②③頂上からみえる九十九島です。ちょっとうす曇りなのが残念でした。。また、天気のいい日にリベンジしたいと思います!!
頂上で、後ろにいた中学生くらいの女の子達が「おばあちゃん家からバイキンマンみたいな形の島(おそらく九十九島のオジカ瀬かな?)が見えるよ」と話しているのが聞こえて、九十九島が話題になっていてちょっと嬉しくなりました(*^_^*)

おぼらだぁに!徳之島

ファイル 2373-1.jpgファイル 2373-2.jpgファイル 2373-3.jpgファイル 2373-4.jpgファイル 2373-5.jpg

先週、1泊2日で鹿児島県の徳之島へ行ってきました。
弾丸ツアーです!!
もう間もなく奄美群島国立公園(仮称)となるところで、その後は沖縄のやんばる地域や西表島とともに世界自然遺産を目指しています。
島では子どもたちが、自分たちの住んでいる集落について調べて、伝える「島っ子ガイド」の授業を始める小学校もあります。
今回、私は阿権小学校のわれんきゃガイドに参加しました。
3~6年生10名の児童たちと学校の周辺を1時間かけてまわりました。
歴史ある神社や石積みの塀、ケンムン(子どもと遊ぶのが好きな妖怪)のすむ300年ガジュマルなど、子どもたちは自分の体験をもとに話をしてくれました。
最後には畑で育てたジャガイモとお手紙の心のこもったプレゼントがあり、とてもうれしかったです。

夜はエコツアーガイドの方の案内でアマミノクロウサギを探しに出かけました。
2時間近くまわりましたが、残念ながら見ることはできませんでした。
でも、生息する環境に行けただけでも得した気分です。
なんせ、ハブが出るんですから…(@_@;)
怖くて一人で山には入れませんっ!

今度はもっとゆっくり行って、潟に下りて、生き物を調査してみたいにまめでした。

①②島っ子ガイド
③お礼の手紙とジャガイモ
④看板のアマミノクロウサギ
⑤ハブ、入ってませんでした~餌はネズミです

市内小学校で九十九島の学習発表会がありました(^◇^)

ファイル 2369-1.jpgファイル 2369-2.jpgファイル 2369-3.jpgファイル 2369-4.jpgファイル 2369-5.jpg

今日は市内A小学校で九十九島の学習発表会がありました。
A小学校の3年生は、1年間、西海国立公園九十九島の学習をしており、今日はその学習の成果を発表してくれました。

模造紙に海水温の変化や国別のゴミの排出量をグラフにしたり、劇や紙芝居で九十九島の自然の大切さを表現してくれたり、それはそれは素晴らしい発表会でしたよ!
ドロアワモチ、ハクセンシオマネキ、カブトガニ、ハヤブサ、マハボウ、カノコユリなどなど、絶滅危惧種のこともたくさん調べてくれていました。

みんな一生懸命調べ、練習したことを発表してくれて、パッキーも嬉しかったです。

「九十九島はかせになろう!」
その名の通り、児童の皆さんは立派な九十九島博士になっていました(*^_^*)

みんなのふるさとにこんなに素晴らしいところがあるということ、そしてその現状はどうなっていて、これからどうしていかなければならないのか、そんなことを知ってもらえたことが何よりも嬉しいです!

大人になっても自分のふるさとを自慢できる、そんな西海国立公園 九十九島にしていきましょう\(^o^)/
(パッキー)

写真①・②ゴミや環境問題について、テレビモニターを使いながら説明してくれました。
写真③④⑤模造紙に描いたグラフや絵を使っての解説、とてもよく調べてあって、むしろパッキーが勉強になりました(^_^;)

劇や紙芝居などの良い写真もありましたが、顔が出てしまうので残念ながらブログに載せられませんでした(T_T)

九十九島に〇〇がやってきた!

ファイル 2358-1.jpgファイル 2358-2.jpgファイル 2358-3.jpgファイル 2358-4.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
昨日は風が強くて、吹き飛ばされそうになった ちゃだ です
…ほんとですよ!

さて、今日はビジターセンターには一風変わったお客様がチラホラ
『九州沖縄クラウンサミット in NAGASAKI』のイベントで、
九十九島にクラウンたちがやってきてくれました^^

脚長クラウンさんは、自分の目線と同じ高さに展示してあったウミアメンボのヌイグルミに興味津々
スタッフが解説すると、それを通りがかりの他のお客様へクラウンさんが解説…となんだかおもしろいことに…(*≧艸≦*)
お客様の方はウミアメンボよりも、クラウンさんの長~~い脚の中身が気になっていたようです(笑)

いろんなクラウンさんたちに出会えて、嬉しい ちゃだ でした(*^-゚)/

明日の13:00からは、九十九島サロン『九十九島の水産業』開催予定です!
ご来場お待ちしてま~す(^○^)♪
詳しくはコチラ↓
http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/cgi-bin/event/index.cgi?mode=view&no=73

写真は
①イベント前にご挨拶に来てくれたクラウンさん
②伝馬屋さんも一緒にハイチーズ☆
③脚長クラウンさんと、ウミアメンボのポーズ(笑)
④前回のサロンの様子
 なんと前回講師のHさんもウミアメンボのポーズ…!?

年始に詣でた国立公園

ファイル 2354-1.jpgファイル 2354-2.jpgファイル 2354-3.jpgファイル 2354-4.jpgファイル 2354-5.jpg

年が明けて、はじめてのブログ、にまめです。
新年、第一弾に紹介する国立公園は「霧島錦江湾国立公園」。
北風ぴゅーぴゅー吹く中でリフトに乗り、霧島連山を見に行きました。
雪のないリフトは初めて…
高さはないものの、結構揺れてちょっとコワイ(@_@;)
リフトの頂上には坂本龍馬とおりょうさんの顔だしパネルがありました!
高千穂峰は龍馬とおりょうさんが新婚旅行をしたといわれる山で…
この頃は、山におりょうさんの顔が浮き出て見えるという噂があり…
よーーーく見ると、伏し目がちな女性の顔が見えてきました(゜o゜)
なんだか、とても嬉しくなりました。
これから、新婚旅行の予定がある皆さん、近くに荘厳な霧島神宮もあり、ここは穴場です。
一見の価値あり!おススメです!

救急法救急員の講習を受けましたが・・・

ファイル 2336-1.jpgファイル 2336-2.jpg

クリスマスも終わり、今年もあと5日。スッキリしない天気が続いていますね(>_<)
昨日、SMAPの番組を見ながら、小学生の娘に「お父さんは昔SMAPにいたんだよ」と教えていたパッキーです。

先日、大塔の佐世保血液センターで「日赤救急法救急員」の講習を受け、止血の方法や三角巾の使い方、搬送の方法などを学びました。三角巾の使い方については、その後ビジターセンターでも復習し、万が一の事故に備えスタッフ間でも共有しました。
はなさんがその時の様子をブログにも書いていましたね。

その講習がこんなにも早く活かされてしまうとは・・・
実は22日の冬休み前の最後の登校日、小3の娘が跳び箱で腕をひねりました。
「なんか痛い」と言いながら23日にバスケの練習に行き、24日に病院に連れて行ったところ、骨折していました・・・(*_*)
ギブスを巻かれ、三角巾で吊るされました。
とんだクリスマスイブになりました。

利き腕ではない左手ですが、何かと不便な様子です。
しかし、着替えたあとやお風呂上がりには講習で学んだ知識を生かし、三角巾で腕を吊るしてあげています。
パッキーの良い練習相手になってしまった小3の娘です(^_^;)

ビジターセンターのイベントでは、安全管理に万全を期していますが、いつ何時事故が起こるとも限りません。
私たちも万が一の事故に備え、その対処方法についての知識と技術を習得しておくことが大切だと改めて認識したパッキーでした。

半年ぶりに小値賀に行ってきました!

ファイル 2330-1.jpgファイル 2330-2.jpgファイル 2330-3.jpgファイル 2330-4.jpgファイル 2330-5.jpg

先週で「みぢかなおぢか展」が終了し、17日(土)から新たな企画展「歩いてめぐる西海国立公園」が始まっています。
おぢか展の後片付けも終わり、借用物の返却のため、19日ににまめさんと半年ぶりに小値賀に行ってきました。
しかし、あろうことか私パッキーはカメラを忘れてしまい、にまめさんの撮影した写真をお借りしてブログを書いています・・・

日帰りでしたので小値賀での滞在時間はわずか3時間ほどでしたが、小値賀町歴史民俗資料館や晋弘舎活版印刷所をまわり、無事にお借りした貴重な資料・展示物を返却できました。

小値賀ではたくさんの出会いがあり、そのお人柄はとてもあたたかく、アットホームな雰囲気で優しさに満ちていました。
小値賀島や野崎島をはじめとする17の島々にはそれぞれ素晴らしい自然と歴史、文化があり、訪れた人々を魅了します。

パッキーも小値賀をたくさんの人に知ってもらいたいと思い、まずは家族を連れていきたいと思います。

皆さんもぜひ一度訪れてみてください(^o^)/

写真① 博多~五島を結ぶ野母商船の「太古」はでっかいフェリーでした。
写真② 「なるしお」で小値賀を出港する際には、小値賀アイランドツーリズムのMさんがお見送りをしてくれました。
写真③ 野崎島のこの斜面のどこかに「沖の神島神社」と「王位石(おえいし)」があるはずですが・・・
写真④ 野崎島南端の舟森集落跡。中央に白い十字架が見えます。
写真⑤ 野崎島中央部の野首集落跡。赤レンガの「旧野首教会」が見えますか?

阿蘇の研修

ファイル 2299-1.jpgファイル 2299-2.jpgファイル 2299-3.jpgファイル 2299-4.jpg

阿蘇で九州のビジターセンターの関係者が集まって意見交換会と研修がありました。

20名ほどが各県から参加して、広報の仕方や共通のスタンプラリーができないか、などをワークショップ形式で意見を交換しました。

その後、震災の話を聞いたり、長陽村の震災の現場を案内してもらいまだまだ復興には時間がかかることを実感しました。

視察した南阿蘇ビジターセンターには、私たちがほしいと思っていたエントランス前の大きなテーブルが置いてあり、ここで工作教室ができそうで、うらやましいです。

紙芝居もしっかりしたケース入りでとてもよくできていました。

野草園の地図を書いてあるボードに最新の情報を写真で紹介できるようになっていました。

行く先々に学ぶべきところがたくさんあって、とても有意義な研修でした。

誰のしわざ!?!?

ファイル 2266-1.jpgファイル 2266-2.jpgファイル 2266-3.jpgファイル 2266-4.jpg

今日から11月突入!!
今年も残すところあと2カ月…
書きながら、特に何もないのですが妙に焦ってしまう はなです(ーー;)

最近、パールシーリゾート周辺でボコボコと掘られたような跡が…
どうも、イノシシらしいと噂になっていたところ、ビジタースタッフが昨日の帰宅時に、
リゾート内でガサゴソという音とともに現れたイノシシに遭遇したそうです!!(@_@;)
やっぱり、イノシシでした。。

どのような状況になっているのか、周辺をちょっと歩いただけで、
次々に掘り跡を発見。
写真を撮っていると、お散歩中の方に「いろんな所がボコボコしているけどどうしたの?」と何度も尋ねられました。
みなさん、気になるくらい、あちこちが荒れてしまっていました(^_^;)
ボコボコした場所には、ドングリがたくさん落ちていました。みんなご飯を探しているんでしょうね。

明け方や日没後に目撃情報があると聞きました。
近くにお住まいの方は、お気をつけください<(_ _)>

①②ボコボコの場所があちこちに見られます。
③ボコボコしたあたりには、ドングリがたくさん落ちていましたよ~。
④ツワブキが咲き始めました。パールシーのデッキでも少~しずつ見られ始めています。

はじめてのヨット!

ファイル 2247-1.jpgファイル 2247-2.jpgファイル 2247-3.jpgファイル 2247-4.jpgファイル 2247-5.jpg

昨日は休みで、パールシーのヨットマンMさんと天馬屋さんの3人でヨットセイリングを楽しみました(^O^)/
ボートからいつも見ているオジカ瀬もなんだか違って見えます。
そして、何といっても九十九島の範囲を説明するときに、いつも出てくる高後崎。
九十九島の南端である高後崎は、地図上でおなじみですが、見るのは初めて!
白い灯台もしっかり見え、感激しました。
佐世保湾を通り抜け、横瀬の舟番所へ。
穏やかそうに見えた海ですが、帰りは風も出てきて、思いっきり帆に風を受け進みました。
40度まで傾き(@_@;)
それでも、ヨットはひっくり返らないそう…
途中、操船もさせてもらい、初ヨットを満喫したにまめでした。

①オジカ瀬に広がる秋空
②これが高後崎!
③白い灯台も見えました
④この傾きは序の口…です
⑤横瀬浦で買った卵は、この通り…袋黄色くなってます
 なんで、卵を買ったのか?(>_<)

ページ移動


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 E-mailはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.