スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

快晴の調査びよりです(^O^)/

ファイル 2513-1.jpgファイル 2513-2.jpgファイル 2513-3.jpgファイル 2513-4.jpg

ということで、今日は黒島の近くの無人島へ、カラスバトの調査へ行ってきました。
全長40cmくらいの、少し大きめで全身が光沢のある黒い羽根でおおわれている野鳥です。
暖かい地方の海岸や常緑広葉樹林にいる留鳥なのだそうですが、あまり数が多くないそうで、
初めてのカラスバトにわくわくしながら行ったのですが、
今日は、いいお天気なのに、風が強く、海岸に近付けず上陸できませんでした…(-_-;)

船の上で1時間ほど、カラスバトが姿を表してくれるのを待ちました。
まだ見たことが無いので、カラスの姿にいちいち反応してしまい、
「あれは、カラス。」と指摘されることが何度か続き(^_^;)

調査中1度だけ、1羽カラスバトだろうと思われる個体を確認することができました。
茂みから茂みへ移る少しの間の飛び立ちで姿を確認し判断するのがとても難しく、
少しもどかしい感じでしたが、ぜひ次回は姿を写真に撮りたいと
次の楽しみができた だいずでした。

①今日の九十九島は快晴です♪
②快晴ですが、波が高いんです…飛び立つのを船の上で待っています。波が高く、船酔いしそうなのをぐっとこらえました(~_~;)。
③イソヒヨドリやヒヨドリ、キセキレイも確認できました。
 揺れる船内で、当てずっぽうで写したものに、奇跡的にキセキレイが写っていました(^O^)/ どこにいるかわかります?
④帰りがけ、海の上を1羽のカラスが必死にはばたき海を渡っている姿に遭遇。船を追い越すくらいの速さで飛んでいきました。

九十九島のミサゴ

ファイル 2501-1.jpgファイル 2501-2.jpg

昨日の水質調査で、ミサゴが2羽一緒に飛んでいるのを確認。
九十九島に営巣していたミサゴは、無事に巣立ちを迎えました(*^_^*)
今年度、ミサゴの営巣調査を始めた頃は、
南九十九島の遊覧船が通るコースから見える無人島に
7つの巣を確認していたのですが、
無事に巣立ちを迎えることができたのは、5つの巣のヒナたちでした。
親鳥は、四六時中巣に座り大事にヒナを育てていましたが、
残念ながら途中でダメになってしまった巣もありました。

今回、ミサゴの巣の経過を観察していて、
天候の影響を受けたり、外敵との攻防があったりと、
自然の中で無事に育て上げるのはとても大変なことだと、
改めて実感しました。
そして、最後まで大事にヒナを守り育てるミサゴの姿と自分を照らし合わせて、
少々反省もしました(^_^;)(多少、過保護かな…とも思いましたが。。)

昨日、九十九島を飛んでいたミサゴが、巣立ったヒナか親鳥の方かはわかりませんでしたが、
元気に飛んでいる姿を確認することができてよかったです(*^_^*)
今日の台風は、大丈夫だったかなぁ…
少々気になる だいずでした。

無人島の調査

ファイル 2498-1.jpgファイル 2498-2.jpgファイル 2498-3.jpgファイル 2498-4.jpgファイル 2498-5.jpg

春から初夏にかけて、九十九島は繁殖の季節を迎えます。
先日、調査を行った島ではハマナデシコのかわいい花や、地味ではありますがツルナの花が咲いていました。

砂浜の上のほうには漂着物が一列に並んでいました。この中には植物の種や実含まれています。調査では何がどのくらいあるのかを調べています。

また、砂浜にはタヌキの足跡が見られ、潮が引き始めてからタヌキが海岸まで行ったのが想像されます。餌としてカニか貝を探しに行ったのでしょうか?

砂浜の上のほうにある少し大きめの穴はスナガニのものです。50m余りの砂浜に117の穴が開いていました。
巣穴をいくつか掘ってみると、30cmほどの深さのところにスナガニがいるのを確認できました。

無人島には何がいるのか、いつもわくわくしていて、島に行くのが楽しみな伝馬屋でした。

ついに==!! ミッケ♪(^O^)

ファイル 2497-1.jpgファイル 2497-2.jpgファイル 2497-3.jpg

先日、九十九島に昆虫調査と漂着物調査に行ってきました。

嬉しいことに、その無人島の砂浜で砂茶碗と呼ばれている
ツメタガイの卵塊の実物を見ることができたんです!!

写真で見たときから、一度実物を見てみたかった砂茶碗。
ようやく、砂浜で出会うことができました♪

きれいな形で、これが卵塊なの?という感じです。
触るとすぐに壊れてしまいそうで、遠巻きに見ていたら、
にまめさんが、ひょいっと持ち上げて、渡してくれました。

イメージと違う!!
やわらかくって、つついたら崩れてしまいそうだと思っていたのですが、
薄くて軽くて、しっかりしているんです。
薄焼のせんべいみたい。
思わず、かじりたくなってしまいました(^_^;)
やっぱり、百聞は一見にしかずで、ちゃんと実物を見て知るって大事だなぁと思いました。
この日は、海岸に棲むいろいろな生き物に出会うことができ、
ますます九十九島のファンになった だいずでした。

①やった♪ みっけ!!
②軽ーい! 薄ーい(◎o◎)
③久しぶりに、ハマダンゴムシにも会えちゃいました(*^^)v

夏の気配♪

ファイル 2494-1.jpgファイル 2494-2.jpgファイル 2494-3.jpg

昨日は、佐世保もようやくまとまった雨が降り、やっと梅雨らしくなってきたのかな…と感じる1日でした。
少しは雨も降ってくれないと困りますよね。

一昨日、ビジターセンターの館内に展示しているハマユウにつぼみがついているのを見つけたのですが、
写真を撮るのをすっかり忘れてしまい、
2日たったら、茎がぐーんと伸びていました(^_^;)
1年ぶりにきれいな花を見ることができそうです♪

うみかぜ広場では、ネムノキが花を咲かせ、カノコユリには小さなつぼみがいくつかついていましたよ(^v^)

もうすぐ、暑い夏がやってくるんですね(._.)
嬉しいような、嬉しくないような… 複雑な思いになってしまいましたが、
ハマユウの花が咲くのはとっても楽しみな だいずでした。

①そろそろかなぁ♪
②③うみかぜ広場で、今きれいに咲いています(^O^)/

すくすく成長中(*^_^*)

ファイル 2487-1.jpgファイル 2487-2.jpg

先月も、このブログでお伝えしましたが、
九十九島の無人島に営巣しているミサゴのヒナがすくすくと育っています。
小さいうちは、親が大事に守り、巣から顔を出すこともなかったのですが、
最近は、ときどき巣から顔を出している姿を確認することができるようになってきました。
巣によって、ヒナの成長の度合いも様々ですが、
成長の早い巣では、羽根の様子や大きさが親鳥と同じような格好になってきているようです。
巣立ちの日も、もうすぐかもしれません。

羽ばたきの練習をしている時もあるようなのですが、
まだその様子を確認することはできていません(´_`)
巣立ってしまう前に、羽ばたきの練習も確認しなければ…
と少々焦っている だいずでした。

①今まで、姿を確認できていなかった巣でも、姿をみせるようになってきました♪
②こちらは、どちらも幼鳥のようですが、右側のヒナは随分親鳥に近い姿になってきています。

生月漂着物調査、海岸清掃

ファイル 2486-1.jpgファイル 2486-2.jpgファイル 2486-3.jpgファイル 2486-4.jpg

どうも、こんにちは、二回目の登場のリョーヤです。
今日は九十九島から生月まで移動して漂着物調査を行いました。
僕自身が生まれが兵庫県なので、生月に行くのも初めてでした。
その道中でこんなにも自然に囲まれているんだと実感しました。
そして海岸におりると、あたり一面漂着物が落ちており、調査にはうってつけだと思いました。調査が終わったあとは、落ちている漂着物を分別しながらゴミ袋に入れていく作業だったのですがこれがまた体力のいる活動でした。ペットボトルからプラスチック類まであらゆる種類のものがあったので分別するにも大変でした。そのおかげで少しは海岸がきれいになったと思うので清掃した甲斐があったのではないかなと思います。
今後もこういった環境問題が少しでも解決できるような活動に参加していければと思います!

大島での調査

ファイル 2470-1.jpgファイル 2470-2.jpgファイル 2470-3.jpgファイル 2470-4.jpg

今年も昨年に続いて哺乳類の調査を行います。

それで先日は鹿町の大島に行ってきました。

昨年はこの島でタヌキ、アナグマ、テン、シカ、ネズミなどが確認できました。
今年はこれらの動物を再確認し、モニタリングしたいと考えています。哺乳類については新しいデータがとれ次第、報告したいとおもいます。

ところで、大島には長崎県が整備した遊歩道や桟橋、展望台などがあります。
カヤックでのツーリングには最適な場所なので、ちょっとだけ紹介したいと思います。

写真は整備された桟橋、歩道です大島の3つの入り江にはハマジンチョウという南の植物が生育していて、これはもっとも北に自生している北限となっています。
これらについては九十九島の会により毎年調査が行われています。

残念なことに、すぐ近くの海岸には放置された漁船が見えました。ここは国立公園でもあるので、何とかしたいと思った伝馬屋でした。

漂着物調査と昆虫調査

ファイル 2463-1.jpgファイル 2463-2.jpgファイル 2463-3.jpg

今日は、午後から白浜海水浴場へ漂着物調査と昆虫調査に行ってきました。
黄砂のせいか、俵浦半島から見える九十九島は雨の日のような様子です…

初めて白浜の海水浴場へ漂着物の調査に行ったのですが、
白浜海水浴場の漂着物は小さく砕けているものが多く、
生月の海岸とは様子が大きく違うなぁという印象を受けました。
それと、小さな流木。
マツボックリは、たくさんありましたが、貝殻は一つも見ませんでした。
海岸によって、様子が違うものだなぁと改めて感じました。(だいず)

①海岸には、小さく砕けたものがいっぱいでした。
②昆虫調査もしてきました。
 イソジョウカイモドキというとっても小さな生き物を探しに来たのですが、お目当ての昆虫がいて、にまめさんはウハウハです(^◇^)
 意外とたくさんいて、びっくりしちゃいました。
③生き物なのか、なんですか??というものを見つけちゃいました。イソギンチャクが閉じているところなんだそうです!
 初めて見ました!!
 写真より実物は透明感がありましたよ。ちょっと、おいしそうにも見えました^m^
 

うみかぜ広場 花盛り✿

ファイル 2438-1.jpgファイル 2438-2.jpgファイル 2438-3.jpgファイル 2438-4.jpgファイル 2438-5.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
先日のブログを見た野鳥の会のNさんが、謎のお家(巣)の答えを教えてくれて
スッキリ!な ちゃだ です
http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/cgi-bin/blog/diary.cgi?no=2434
答えはヒヨドリのお家だそうです^^

さて、今うみかぜ広場は花盛り✿
いろんな花が咲き始めてとってもにぎやかになってきましたよ~♪
だいぶ暖かくなってきましたし、春のぽかぽか陽気の中
うみかぜ散歩はいかがですか?(*^^*)

お弁当(もしくはおやつ)と敷物を持って行って、
お散歩した後は芝生の上でまったり~…オススメです❤

写真は
①磯の上展望所のザイフリボクが見ごろです✿
②海岸の日当たりの良い場所で、トベラの開花を確認しました✿
③旧鹿子前海水浴場の砂浜のハマダイコン
 工事で全てなくなったかと思っていましたが、少しだけ無事に残っていました✿ 
④砂浜に降りる階段にあったルリハコベも無事!
 元気に可愛らしい花をたくさん咲かせていました✿
⑤スダジイの花は…もうちょっと待ってね^^

ページ移動


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 E-mailはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.