スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

宇久島PART2

ファイル 2396-1.jpgファイル 2396-2.jpgファイル 2396-3.jpgファイル 2396-4.jpgファイル 2396-5.jpg

穏やかに晴れたひな祭りになりました。
うっかり忘れており、昨日の夜慌てて雛人形を出しましたが、先週あった親戚の結婚式で高2の娘がブーケトスを受け取ってしまい、ちょっと動揺しているパッキーです・・・

さて、昨日の伝馬屋さんのブログにもありましたが、次期企画展(宇久展(仮称))の取材で宇久島に行ってきました。

小値賀島に負けず、宇久島も素晴らしいところです。
自然も然る事ながら、旧石器時代まで遡る歴史、平家盛伝説に始まる宇久氏の五島支配、紋九郎伝説に象徴される捕鯨業、海士(あまんし)が活躍したアワビ漁、かんころもちや焼酎などの特産品などなど・・・

2日間の取材でしたが、イメージが膨らみすぎ、かえって企画展としてまとめるのが大変そうな予感もしています・・・*1

宇久展は7月からの開催予定です。
島の一部が西海国立公園に指定されている宇久の素晴らしさをお伝えできるような、そして少しでも多くの方が島に訪れていただけるような企画展にしたいと思っています(*^^)v

写真①平家盛と藤原久道の像。宇久島には平清盛の異母弟、家盛にまつわる伝説があちらこちらに残っています。
写真②アコウの巨樹。小浜地区にある市の天然記念物で幹回りは最大で16mもあるそうです。パワースポットかも!?
写真③伝平家盛上陸の地。家盛を助けた海士が写真の入り江に家盛の船を隠したので、この入り江は「船隠し」と呼ばれています。またここの岬で火を焚いて暖をとったことから、この岬は「火焚崎」と呼ばれています。
写真④宇久牛の競り市場。ここから日本各地に出荷され、「○○牛」としてブランド化されます。
写真⑤松原遺跡の支石墓。弥生時代の遺跡。支石墓は朝鮮半島~北部九州との交易があったことを示す遺物です。またオオツタノハガイの腕輪も発掘されており、琉球列島とも交流があったとされています。
FBの写真 対馬瀬灯台。島の最北端にある灯台で、忌野清志郎出演のドリンクのCMの舞台となりました。

*1:+_+

秋の気配がちらほらと・・・

ファイル 2186-1.jpgファイル 2186-2.jpgファイル 2186-3.jpgファイル 2186-4.jpgファイル 2186-5.jpg

暑い真夏の天候が続いていますね。雨が一滴も降りません・・・(T_T)
先日の休みの日、昼間あまりにも暑かったので、昼過ぎから東彼杵町にある龍頭泉に行ってきました。涼しい渓谷を歩いたり川魚を捕まえたり、「涼」と「遊」の両方を満喫できました\(^o^)/

さて、今日は突然某テレビ局が「夏休みわくわく探検シート」の取材に来ました。うみかぜ広場コースのクイズにアナウンサーの方が挑戦し、ちょっと苦戦していたようです(^^)

その後パッキーはうみかぜ広場を巡回しました。
クモの巣がたくさんあり、よく観察してみると面白いことにたくさん気がつきます。
夏の花の代表ともいえるハマボウやカノコユリはもう花がありませんでした。
替わってクサギやセンニンソウの白い花が咲いていたり、トベラやイヌビワ、カラフルなノブドウが実をつけていました(イヌビワは花嚢)。

まだまだ暑い日が続いていますが、植物や動物は夏から秋に向けて少しずつ衣替えしているようです。
夏の終わりのうみかぜ広場を観察してみるのも面白いですよ(^^)/

写真① 嫌いな人が多いクモの巣ですが、よく観察してみると面白いことにいっぱい気づきますよ。パッキーはよく小さい落ち葉をクモの巣に引っかけて遊びます。餌が引っかかったと思って急いで駆け寄ったきたクモが落ち葉だったと気づくと、面倒くさそうに落ち葉を巣から外し、元の定位置に戻っていく姿が何とも面白いです(^^)
脱皮殻もたくさん付いていました。
写真② イヌビワの花嚢や
写真③ トベラの実、
写真④ カラフルなノブドウの実もたわわに実のっていました。
写真⑤ センニンソウもいっぱいです(*^_^*)

カノコユリの取材がありました(*^^)v

ファイル 2170-1.jpgファイル 2170-2.jpgファイル 2170-3.jpgファイル 2170-4.jpgファイル 2170-5.jpg

梅雨も明けて、毎日ギラギラとした太陽が照りつけていますね。夏本番!といった感じです(*^_^*)

今日は朝から某テレビ局によるカノコユリの取材がありました。
ボートで島に渡り、満開のカノコユリをいろんな角度からカメラに収めていました。

今日はとても良く晴れていたので、青い空にカノコユリの白とピンクの花の色がよく映えていました(^O^)/
パールクイーンも通りがかり、ベストショットが撮れたそうです(^^)

カメラマンさんによると、最近悲しい事件の報道が多いので、夏ならではの季節の情報をニュースの中に盛り込み、長崎県全体を明るくしたいそうです。

九十九島の自然や季節の植物・動物などが、皆さんの心のオアシス的存在になっていれば、私たちもうれしいです(*^_^*)

カノコユリは佐世保市の「市花」になっていますが、絶滅危惧種に選定されています。
今月いっぱいまでが見ごろと思われ、遊覧船からも見ることができますので、ポケモンの合間にカノコユリで癒されませんか(*^_^*)
(パッキー)

ハマボッスの取材がありました(^_^)

ファイル 2103-1.jpgファイル 2103-2.jpgファイル 2103-3.jpgファイル 2103-4.jpg

だんだん暖かく、いや暑くなってきていますね。
今年、すでに日焼けで腕の皮がむけたパッキーです(^_^;)

今日は九十九島に生育しているハマボッスについて某テレビ局の取材がありました。

ハマボッスは5~6月に1cmくらいの小さな花を咲かせる越年草で、岩場や砂浜に生育します。
お坊さんが法要の時に使う「払子(ほっす)」に花の形が似ていることからその名がついたと言われています。

北海道~沖縄、東南アジア、インド、太平洋などの広い範囲に生育していますが、九十九島では島に渡らないとあまり見ることができませんので、見たことのある人は少ないのではないでしょうか。
カヤックなどで島に渡ると見ることができるかもしれませんね。

テレビ局の方々も、1時間くらいたっぷり映像を撮って帰られました。
九十九島には私たちが普段お目にかかれないような植物がまだまだいっぱい生育しています。
自然の宝庫、九十九島をこれからも大切にしていきたいですね(*^_^*)

写真① 取材の様子。写真が小さくてごめんなさいm(__)m
写真② こんな所に生えています。
写真③ 拡大するとこんな感じです。
写真④ 鳥の巣島で撮影したハマボッス。

九十九島ジオパークは

ファイル 2008-1.jpgファイル 2008-2.jpgファイル 2008-3.jpgファイル 2008-4.jpg

11日の九十九島サロンで鵜飼先生の講演の中で、野島層群などを中心に、九十九島ジオパークはどうだろうかという話が出ました。

昔、中国大陸とくっついていたころの淡水湖で野島層群に含まれる化石があったことからそういう話になったのですが、地層を見たり、化石を見たりしていると、なんだか現実味が感じられてきました。

好きな人たちが盛り上がるだけでも楽しいですね。

鵜飼先生と見に行った無人島の砂岩の造形、鹿子前の海岸で見られるタマキガイやハマグリの仲間の化石、また神崎海岸のワニの足跡などを改めて見ていると、役者はそろってきたようです。

みなさん、この夢を一緒に見ませんか?

センニンソウの取材

ファイル 1826-1.jpgファイル 1826-2.jpgファイル 1826-3.jpg

うみかぜ広場の遊歩道などでセンニンソウが咲いているということをリリースしたところ、さっそくテレビ佐世保さんが取材に来てくれました。

今日は「はなさん」に取材の対応をしてもらいました。
はなさんのデビューです。
うみかぜ広場には、ちゃださんも同行して取材に協力してもらいました。

さすが、ちゃださん、出かけたらただでは帰りません。
木から落ちてきたというガを見つけ、写真を撮っててきてくれました。
写真を調べてみると、モンクロシャチホコという桜の害虫のようです。

幼虫が桜の葉を食い荒らす悪い奴らですが、ネットの情報によると食べておいしいそうです。

毛虫を食べるのはちょっと気が引けますが、幼虫の写真を見ればおいしそうなので、そのうち一度チャレンジしてみようかな、と思った伝馬屋でした。

来月は環境月間です!(^^)!

ファイル 1748-1.jpgファイル 1748-2.jpgファイル 1748-3.jpg

しかし暑い!
肌がジリジリと痛くなるくらいの日差しですね。
昨日、娘の運動会で保護者綱引きに出場させられ、今、体の自由が利かなくなっているパッキーです(T_T)
おまけに昨日もめっちゃ暑かったので疲れまくりました(>_<)
ということで、今日は市内の小学校が代休のようで、パールシーにもたくさんの親子連れで賑わってましたよ(*^^)v
平日の休みって、なんとなく得した気分になりますよね♪

で、本題ですが、来月は環境月間になっています。6月5日は「環境の日」でもあます。
日本の「環境の日」は1972年6月5日にスウェーデンのストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められました。日本の「環境基本法」には「環境の日」が定められていますが、世界でも6月5日は「世界環境デー」になっています。実はこの「世界環境デー」、日本が国連に提案して定められたらしいのです。

今日はその環境月間についてにまめさんがテレビ佐世保の取材を受けました。
環境月間やビジターセンターの役割についてのインタビューを受け、詳しく解説をされていました。
その後、長尾半島に行き、植物の解説や紹介等をされたようです(残念ながら同行することはできませんでした)。

6月5日は、日本が世界に向けて発っした環境を考える日です。
今一度、自分の身の回りから見つめ直し、未来の子どもたちが笑顔で暮らせる環境を残していきたいですね。

6月6日(土)には九十九島deごみゼロデーのイベントが開催されます。4日が申し込み締め切りです。
お子さんと一緒に環境について考える機会として、ご参加いかがですか\(^o^)/

ちなみに我が家はごみ屋敷(T_T)

写真① にまめさんの取材(^_^)
写真② 今年の「環境月間」のポスターです
    生き物との共生を満面の笑顔で(^_^)
写真③ 九十九島deごみゼロデーのブラックボードのご案内です
    お申込み、お待ちしてます!

ちゃださんの取材

ファイル 1746-1.jpgファイル 1746-2.jpg

今日もちゃださんの取材がありました。
この前の続きです。

今回は長尾半島にカヤックで行ったあと、ボートでミサゴの調査を取材されました。ほぼ一日中、密着取材です。
ボートを海上で停泊させてのインタビューで、私にもちゃださんについてのコメントを求められました。

ちゃださんがビジターセンターの調査員として頑張っている姿が、どのような映像になっているのか楽しみです。

みらい初出航!

ファイル 1693-1.jpgファイル 1693-2.jpgファイル 1693-3.jpg

平成27年4月1日、新年度がスタートしました!
出会いの季節ですね。新しい仕事と出会いに胸を躍らせている人も多いのではないでしょうか。

私ももれなくその一人、本日から九十九島パールシーリゾート ビジターセンターでお仕事をさせていただくことになりました「パッキー」です。
右も左もわかりませんが一生懸命頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
でもビジターセンターのみなさん、みんな優しくていい人でよかった~(笑)

ということで、初出勤して朝デスクに座ったら、なんか変な白と黒の5㎝ほどのぬいぐるみが置いてあって、その背中に「ブログ担当!!」と書いてある。「何だこれは!?」と思っていたら、どうやらそのぬいぐるみが置いてある人がその日のブログを書くらしい。すなわち、初出勤でいきなりブログを書かなければいけない、という洗礼を受けることになったのである・・・

今日は朝からNBCのあっぷるの中継で伝馬屋さんが生放送に出演され、美人レポーターの前で顔をほころばせながら九十九島の魅力を伝えていらっしゃいました(笑)

そして今日は九十九島海賊遊覧船「みらい」が初就航しました!霧のため欠航した時間もありましたが、その威風堂々とした姿には思わす見入ってしまいました。船を降りてこられる多くのお客様の笑顔に私も思わず笑顔になってしまいました。
遊覧船としては日本初の電気推進船。日本の未来に向けて、先駆者としての「みらい」の活躍を期待したいと思います。

ということで、バタバタしているうちに一日が終わりました。
また明日からも頑張るぞ~!!

グーグルトレッカーの撮影 2回目

ファイル 1494-1.jpgファイル 1494-2.jpgファイル 1494-3.jpgファイル 1494-4.jpg

8月にグーグルトレッカーで九十九島の撮影をしたのですが、うまく撮れなかった場所が2か所ありました。
グーグルの方から、とてもいい風景なのでぜひ再度チャレンジしてほしいということで、さっそく今日、出かけることになりました。

安全のために誰かにサポートしてもらおうとしても、サポーターがカメラに映るので、結局、一人で出かけました。

昨日、藪の道を草刈しておいたので、快適に歩けました。

海岸にでてからは秋晴れの青空のもと、海岸をひたすら歩きました。

すると、リモコンのバッテリーが残り少ないとの表示。

どこまで映っているのか心配ですが、潮汐の関係で今日までが撮影のリミットです。

グーグルトレッカーを担いでいる自分の影を映したので、想像してみてください。

山道と磯と干潟を歩いてへとへとになった伝馬屋でした。

ページ移動


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.