スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

平戸で海藻研修

ファイル 2454-1.jpgファイル 2454-2.jpgファイル 2454-3.jpgファイル 2454-4.jpgファイル 2454-5.jpg

昨日は一年のうちで最も潮の引く一日。
海藻を観察できるチャンスです(^O^)/
大きく潮の引いた海岸で海藻の勉強会を行いました。
場所は平戸の南部の海岸で、西海国立公園の特別保護地区である礫岩(つぶていわ)や阿値賀島(あじかじま)を望む最高のロケーションでした。
広大な礫浜に打ち上げられたものや、タイドプールの色とりどりの海藻を観察しました。
見られたのはナント48種類!
海藻がたくさん生えているということは、育つための環境が整っていて、そして、それを食べる動物もたくさんいるということ。
平戸の海の豊かさを感じ、多くの刺激を受けた研修でした。
M先生、お世話になりました。(にまめ)

①絶景をバックにM先生
②はしご状になっているアカモク
③サンゴのなかま
④⑤研修の様子

長尾半島でボランティアガイド研修

ファイル 2442-1.jpgファイル 2442-2.jpgファイル 2442-3.jpgファイル 2442-4.jpgファイル 2442-5.jpg

昨日の天気がウソのように、今日は気持ちのいいお天気になりました♪
午前中は、九十九島ボランティアガイド研修で、長尾半島へトビカズラを見に行ってきました。
トビカズラの研修は毎年行っているのですが、今回は、長尾半島までの道中を
九十九島ボランティアガイドのOさんによる鹿子前周辺の歴史ガイドを受けながら歩きました。
明治のころから、第二次世界大戦後にかけての鹿子前周辺の様子の遷り変わりを、
詳しく教えていただき、とても興味深いガイドでした。
戦後70年ほどたち、その面影はほとんどなくなってしまっていますが、
いつも見慣れた場所が違って見えるようになるのが面白いなぁと思います。
長尾半島の魅力がアップしました(*^_^*)
もっといろんな方に、鹿子前周辺の歴史の話を聞いていただきたいなぁと思った だいずでした。

①戦時中のこの辺り周辺のお話。海軍の工場があったそうです。
②長尾半島 東展望所。ここには、昔家が建っていたそうですよ。
 今では、その面影は全くありません。。
③東展望所では、ハクサンボクがとてもきれいに咲いていました♪
④ヘビがお出迎えしてくれました(^_^;)
⑤トビカズラも咲きだしました。週末は、長尾半島へお散歩はいかがですか?

第11回九十九島の会写真展が開催されました!!

ファイル 2371-1.jpgファイル 2371-2.jpgファイル 2371-3.jpgファイル 2371-4.jpgファイル 2371-5.jpg

朝から雨が降ったり止んだり・・・
スッキリしない天気ですね(>_<)

今日からアルカスSASEBOの交流スクエアでボランティア団体九十九島の会による「第11回九十九島の会写真展」が開催されています。

九十九島の会はご存知の方も多いと思いますが、西海国立公園 九十九島を中心に、長年にわたり調査や清掃活動、保全活動を行っているボランティア団体です。

その会員の方々やパールシーのスタッフが撮影した九十九島の写真を展示し、会の活動とともに九十九島の素晴らしさを市民の方に知ってもらおうと毎年開催している写真展で、今年で11回目になります。

今日は朝からその展示作業の手伝いにパッキーも行ってきました。会の皆さんも、もう手慣れたもので、作業も順調に進み午後からの開催を迎えることができました。

ご覧頂けるとわかると思いますが、九十九島はその季節、その時間、その場所で様々な顔を見せてくれます。
また、九十九島の島々だけでなく、魚や野鳥、岩や花、人間模様まで見て楽しめる写真展になっています(*^^)v

毎年、会の方々の撮影技術も向上しているそうです!
(カメラの性能がUPしているという噂も・・・)

2月12日(日)まで開催しています(2月8日(水)は休館日)。
みなさん、ぜひ足をお運びください\(^o^)/

佐世保市内ガイド研修に行ってきました(^O^)/

ファイル 2295-1.jpgファイル 2295-2.jpgファイル 2295-3.jpgファイル 2295-4.jpgファイル 2295-5.jpg

今朝は、一段と肌寒く感じました。本当に鍋の季節到来ですね。
我が家は、先日寄せ鍋でした^m^

さて、先週の土曜日にボランティアガイド研修で、佐世保市内の観光地を巡る佐世保観光バス「海風」に乗車してきました。
ボランティアガイドの皆さんは、普段は水族館や遊覧船内で九十九島に関するガイドをされているのですが、
佐世保市のことをどのように紹介されているのか、佐世保の観光ガイドを受けてみたいということで、
研修に行ってきました。

この日は展海峰コースに乗車。
米海軍基地前、佐世保重工業、赤レンガ倉庫群、SSK第4ドック前、展海峰、九十九島パールシーリゾートをめぐってきました。
午前中とても良い天気だったのですが、午後から小雨が降り出してしまいました(T_T)
晴れていたら展海峰で夕日が見られる時間帯に設定されたコースで、
夕景も楽しみの一つだったので非常に残念でした。
ですが、小雨の中でも九十九島がとてもクリアに見え、「雨の九十九島もいいね。これからは、雨の日の九十九島もいいよとお客さんに伝えよう。」
という声も聞かれ、九十九島の魅力を再確認することができました。
普段見慣れた景色も、ガイドの解説を通して見るとまた違う風景に見えてきて、
ガイドが果たす役割を改めて認識できた研修だったように思います。(はな)

ムカデはかっぱえせんがお好き

ファイル 2254-1.jpg

昨日はカヤックでごみ掃除をしてきました。

ボランティアとして無人島の海岸に行ったのですが、ゴミがたくさんあって、その中にかっぱえびせんのようなお菓子が散らばっていました。

観察していると、なんと大きなムカデがひたすらかっぱえびせんにむさぼりついているのが見えました。

近づいて写真を撮っても動じずに一心不乱に食べています。

ムカデってかっぱえびせんが好きなのだということを知った伝馬屋でした。

それにしても立派なムカデでしたが、さて、どこから来たのでしょう?

平戸の干潟にカブトガニが

ファイル 2250-1.jpgファイル 2250-2.jpgファイル 2250-3.jpg

10月14日に、平戸の干潟で小学生の児童と干潟の生き物観察を行いました。

これは平戸で活動しているパークボランティアさんの活動を支援するもので、今後につながるプログラムです。

直前に高校生の観察会があって、ちょうど干潟に入る前に出会いました。
子どもたちは見つけることができなかったカブトガニですが、高校生が見つけた計測済みのカブトガニの稚ガニや、とてもレアーなノコギリガザミを借りて子どもたちに見せると、みんな大興奮でした。

初めての干潟のぬかるみを体験した子どもたちは、泥まみれになりながら干潟の感触を楽しんでいたようです。

最後にアクティブレンジャーが、平戸には豊かな自然が残っているという話をすると、子どもたちはしっかりうなづいていました。

とても頼もしく思った伝馬屋でした。

高島に行ってきました\(^o^)/

ファイル 2164-1.jpgファイル 2164-2.jpgファイル 2164-3.jpgファイル 2164-4.jpgファイル 2164-5.jpg

昨日は曇りの天気予報だったはずなのに、ピーカンに晴れましたね。
おかげで真っ黒に日焼けしました(*_*;
というのも、昨日はボランティアの方々と高島の海岸清掃に行ってきたからです。

パッキーにとっては初めての高島。九十九島の中で数少ない有人島の一つで、ちくわの製造で有名ですね。
とても楽しみにしていました(あ、ちくわだけがお目当てではないですよ!)

相浦港からフェリーで高島に着いて、まず番岳に登りました。
途中、縄文~弥生時代の遺跡「宮ノ本遺跡」を経由し、O先生の解説を聞きながらテクテク登りました。
いやはや、暑い・・・、キツイ・・・(T_T)
でも、パッキーより人生の大先輩であるボランティアの方々も登っておられるので、負けるわけにはいきません!
やっとの思いで頂上に着きました\(^o^)/
展望所からは青空と雲の間に浮かぶ南九十九島の島々、西彼杵半島、平戸、遠く五島列島まで望め、とっても美しい景色でした!
ちなみに番岳は戦時中に敵機を確認するための聴音機や砲台などが設置された場所です。

番岳から下りるとお昼ごはん。クーラーの効いた部屋でのお昼ごはんは最高においしかった(*^^)v

午後からいよいよ海岸清掃へ。
最初に漂着物調査をはなさんとしましたが、周囲にはハマオモト、ハマナタマメ、ハマゴウなどが群生して咲いていました。特に真っ青な空に真っ白な花を広げるハマオモトはカッコイイですね(^_^)

ていうか、とにかく暑い・・・。海岸清掃も予定より早めに切り上げました(*_*;
それでも軽トラックいっぱいのゴミが回収されました(^^)v

帰りにはもちろんちくわを忘れずに買って帰りました(*^^)v

中身の濃い一日、パッキーの皮膚の色もなお一層濃くなりました・・・

写真① 番岳から南九十九島を望む。
写真② コオニユリもきれいに咲いていました。
写真③ 海岸のゴミ。冬になるともっと多くなるそうです。
写真④ 集まったゴミの前で記念撮影(*^^)v
写真⑤ ハマオモトの花が満開でした(*^_^*)

上陸して発見!

ファイル 2107-1.jpgファイル 2107-2.jpgファイル 2107-3.jpgファイル 2107-4.jpg

昨日は終日、第2回ボランティアガイド新規研修(全5回)がありました。
午前は「伝え方」、午後は「九十九島上陸自然観察」の豪華二本立てです。
まず、「伝え方」研修では、ゲームをしながら、人に物事について正確に伝えることの難しさを実感し、うまく伝えるためには工夫が大事!(よく考えて!)ということが分かりました。
ゲームをする(=一緒に遊ぶ)うちに、だんだんと気持ちがほぐれ、誰にでもお互いに話しかけやすい和やかな雰囲気になりました(^o^)丿
伝えたい相手が伝えたい人と同じ体験をし、発見することで、きちんと「伝わる」ことも学びました。
匂いや色や感触もそうですよね。

午後からは「九十九島を伝える」ために、実際に上陸し、体験・発見してもらうことに。
木の枝をじっくり見たり、葉っぱを触ったり、岩をめくってみたり…皆さん、すっかり子どもに返っていました(*^_^*)
身体で九十九島を感じてもらえたようです。

暑い中、お疲れ様でした。来週もまた、お会いしましょう!

①まずは自己紹介、「私」を伝えます
②自分が何者か…?尋ねて当てるゲーム
③ドングリの赤ちゃん探し
④さわってみて!

九十九島ボランティアガイド新規研修 はじまりました(^◇^)

ファイル 2100-1.jpgファイル 2100-2.jpgファイル 2100-3.jpgファイル 2100-4.jpgファイル 2100-5.jpg

今年も、九十九島ボランティアガイド新規研修の時期となりました。
新しく九十九島ボランティアガイドとして登録したいと応募していただいた方の新規研修が
昨日より始まりました\(^o^)/

昨日は、午前午後と一日研修があり、ボランティアガイドとしての理念やマナーの研修を受講されました。
応募いただいた理由は皆さん様々ですが、
九十九島が好きだという気持ちは皆さん同じだという感じがして、嬉しくなりました(*^_^*)

この新規研修を通して九十九島の魅力をいろいろ知っていただくことで、
また九十九島のサポーターが増えることを期待している はなです。

①水族館館長のお話に真剣に耳を傾けていらっしゃいます。
②、③リゾート内を案内中。
長尾半島やうみかぜ広場について、少しだけ紹介しました。
④、⑤マナー研修受講中。
ボランティアガイドとしての心構えを学び、鏡を使って笑顔の練習も。

ボランティアガイドさんのやどかり展の内覧会

ファイル 2035-1.jpgファイル 2035-2.jpgファイル 2035-3.jpgファイル 2035-4.jpgファイル 2035-5.jpg

今日は九十九島やパールシーで活動されている九十九島ボランティアガイドさんの交流会と水族館の内覧会がありました。

やどかり展は九十九島水族館「海きらら」が開催する春の特別展で、ヤドカリを紹介する展示です。

九十九島ボランティアガイドさんたちは、水族館のほか遊覧船やビジターセンターでガイドをされているのですが、今日は水族館の特別展を開催前に見てもらいました。

水族館スタッフからヤドカリに関する面白い話題を解説してもらったので、ガイドさんたちのネタがもっともっと広がるものと思います。

みなさん、おたのしみに。(伝馬屋)

・ヤドカリの住み場所の説明
・展示の説明
・透明の殻に入ったヤドカリ
・水槽展示の開設
・はさみを使ってつかむゲーム

ページ移動


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.