スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

阿蘇くじゅう国立公園

ファイル 2550-1.jpgファイル 2550-2.jpgファイル 2550-3.jpgファイル 2550-4.jpgファイル 2550-5.jpg

昨日のFBに続き、ほかの国立公園紹介シリーズです!
(昨日のhttps://www.facebook.com/kujukushima.visitorcenter/posts/1431907323588730

一昨日まで、阿蘇くじゅう国立公園に行ってきました。きっかけは、7月に長者原ビジターセンターを視察した際に、タデ原湿原を案内して頂き、ぜひもう一度行ってみたいと思っていました。
くじゅう坊ガツル・タデ原湿原は、ラムサール条約という、水鳥の生息地としての湿地を保護するための国際条約に登録されているので、多種多様な生き物や植物を見ることができます。加えて国立公園ということで、景観もとてもよかったです。

到着してからは、まず長者原ビジターセンターに行きました。スタッフの方とついつい長話をしてしまいましたが、館内でとてもわかりやすい地図を販売していたり、スタッフの方が写真パネルを使って丁寧に道案内をしてくれるので、登山に出掛ける際は立ち寄ることをお勧めします!もちろん、自然情報もたくさん展示してあり、手作り感あふれる展示物もとてもわかりやすくて面白いです。

ビジターセンターを出るとすぐにタデ原湿原に出ます。今は黄金のススキがキラキラしていました。そこから雨ヶ池コースに向かうと、たくさんの木に囲まれた林道に出ます。ふかふかの落ち葉や紅葉がとても綺麗でした。坊ガツル湿原も黄金のススキがたくさん生えていてとても気持ちよく、何名かここでキャンプをしているようでした。とてもうらやましかったですが、この時期は氷点下になるようです!

その日は法華院温泉に泊まり、気持ちよい温泉を満喫しました。食事もとても美味しかったので、その昔山小屋でバイトをしていたこともあるひらめはびっくりしました。

翌日は北千里ヶ浜や久住山を眺めながら、牧ノ戸峠に抜けました。そこから自然歩道を通って長者原に戻りました。牧ノ戸峠に行く途中で、幼稚園の年長さんの登山隊が元気に「久住山にのぼるんだよ~」と言っていたのがとても印象的でした!

健脚の人なら一日でいけるコースでしたが、のんびり2日かけて自然観察したり人と話したりする、楽しい山歩きになりました。


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.