スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

鳥の糞の中の種子

ファイル 2564-1.jpgファイル 2564-2.jpgファイル 2564-3.jpgファイル 2564-4.jpgファイル 2564-5.jpg

先日、長尾半島を歩いていると、柵の上にたくさんの黒っぽい糞が落ちていました。黒や暗い紫色の糞はテンのものだとばかり思い込んでいたので(無知ですみません…)、最近テンが増えたのかな?と思っていました。色んな種子が入っていて、面白かったのでいくつか観察していました。(写真①②)でもよく見ると、赤い実が入っていました(写真③)。その時はハクサンボクの実だと思い、細い枝になるハクサンボクの実をテンが食べられるわけがない!と思い、調べてみると、その糞は鳥(ヒヨドリ?)の糞のようでした。

さらに調べてみると、ハクサンボクの赤い実(写真④)は果実で中に種が入っていて、おいしい実の部分を鳥が食べて中の種がそのまま糞として排出されることで、種子散布が行われるそうです。そうなると、あの赤い実は何だったんだろう?と思い、さらに調べてみました。

他に赤い実と言えばトベラの種子写真⑤しか思い浮かばなかったのですが、トベラと言えばあのべたべたした種子が鳥にひっついて散布されると思っていました。調べてみると、赤い実は植物にとって「おいしい実があるよ♪鳥さん食べて~(ついでに中の種を運んで~)」のアピールらしいのですが(ハクサンボクがまさにそれ)、赤い種に大した栄養もなくそのまま出てくるトベラも赤色でだまして食べてもらっているようです。

無知がゆえに、なのですが、ちょっとした気付きで色んな疑問や勘違いが解決されて、ちょっと楽しかったひらめでした。ドングリなんかもなかなか面白いので、しっかり勉強してまた紹介出来ればと思います。

カンムリウミスズメを見ました

ファイル 2563-1.jpgファイル 2563-2.jpgファイル 2563-3.jpg

今日は昨日に続いて九十九島海域に出かけました。
水質調査と環境モニタリング調査のためです。
寒いので着こんでボートに乗り込みましたが、走り出すとやはり寒い。
でも途中でカンムリウミスズメの集団に出くわし、今年初めての写真を撮ることができました。
総勢8羽の集団はグループとしては大きいほうです。
波がなかったので写真を撮るにはもってこいの天候でした。

帰りには別の場所で、ミサゴが木の枝を運んでいるのに出くわしました。
もしかしたら巣材として木の枝を運んでいたのかもしれません。
繁殖の季節が近づいているようです。

羽根つきイベントやってます♪

ファイル 2562-1.jpgファイル 2562-2.jpg

あけまして おめでとうございます!!
ビジターセンターでは、2,3日の2日間
お正月イベント「九十九島羽根つき」を開催中です!!

なんと、羽子板も羽もビジターセンターの手作りなんです(^o^)丿
羽には昔から材料で使われていたムクロジの種を使用しています。
いい跳ね具合なんですよ(*^_^*)

今日は、羽根つきの取材にもきていただきました。
明日は10時から12時の2時間行います。
申し込み不要で参加費無料です♪

お正月らしい遊びをビジターセンターでいかがですか?
お待ちしておりま~す(だいず)

西海のめぐみ 平戸瀬戸市場

ファイル 2561-1.jpgファイル 2561-2.jpgファイル 2561-3.jpg

平戸の入口の田平に平戸瀬戸市場という平戸の物産直売所があります。
ここでは、いつも新鮮な多くの種類の魚が安く売られています。
昨日、正月用に魚を買いに行ったのですが、シマセトダイやスズキが鮮魚で売られていました。
マダイやブリは当然買いましたが、初めてシマセトダイを刺身でいただきました。刺身は初めてでしたが、おいしい魚でした。
佐世保にもこのように、新鮮な地魚を安く売っている店があればいいと思いました。

志々伎山と佐志岳

ファイル 2560-1.jpgファイル 2560-2.jpgファイル 2560-3.jpgファイル 2560-4.jpgファイル 2560-5.jpg

先日、プライベートで平戸の志々伎山に登ってきました。今年はビジターセンターのイベントで登っているのですが、ひらめはお留守番だったので初挑戦になります。
滑りやすい山だと聞いていたので、危ないようであれば引き返そうと思っていました。仕事で礫岩に登った時は、怖くて登れなかったので…。

駐車場からはしばらく階段があり、そこからは岩場だったり、土の斜面を横切ったりするちょっと危ない道が続いたのですが、丈夫そうなロープが張ってありました。次回礫岩やイベントなどで志々伎山に登るために、できるだけロープを緩く持ち、落ちそうになる時だけ使うようにしていました。1時間ちょっと歩いて休憩を入れて、そこからすぐに頂上についてしまいました。険しいですが、体力的には楽に登れる山のようです。

頂上でお昼ご飯を食べる予定だったのですが、直前で休憩をとってしまったので、すぐ下山して近くの佐志岳にも登ることができました。登山口まで車で行けるのですが、うちの車にはちと険しかったようで、何箇所か傷がついてしまいました…。でも、佐志岳は草原の山で、とても歩きやすく、1時間程度で山頂まで行けてしまいました。この日は12月にしてはとても温かく、歩いていれば半そでで十分な気温でした。途中、冬眠中のバッタが起きて飛び出してくるぐらいでした。

天気が良く、眺めもよく、とても楽しい山歩きでした。次は安満岳に登ろうかな~。(安満岳トレッキングのイベントの日もお留守番でした…。)

野鳥の季節です(*^_^*)

ファイル 2559-1.jpgファイル 2559-2.jpgファイル 2559-3.jpgファイル 2559-4.jpg

今日は、12月23日。
今年もあと1週間とちょっと(@_@;)
カレンダーを見て驚いた だいずです。。

久しぶりにうみかぜ広場に行ってきました。
野鳥、いましたよ~♪
鳴き声はたくさん聞こえるのですが、
姿を確認できたのは5種類ほどでした。
1年ぶりに、シロハラやジョウビタキにも出会えました(^o^)丿

昨年の冬うみかぜ広場にいた野鳥に、
今年も会えるとホッとします(*^_^*)
野鳥観察の楽しさを知ってから、
冬が来るのも楽しみになり、ちょっと得した気分です♪
これから、野鳥観察シーズン到来ですね。
今年の冬は、野鳥観察いかがですか?

①メジロはトベラの種子に夢中です(^_^;)
②ヒヨドリもいました
③シロハラ!!今年もきてますよ♪
④ジョウビタキのオスも!! 今度はメスにも会いたいなぁ

九十九島サロン 開催しました!

ファイル 2558-1.jpgファイル 2558-2.jpgファイル 2558-3.jpg

昨日、今年度5回目の九十九島サロン「どうする!海洋プラスチックごみ 長崎県の海岸漂着ごみ」を開催しました。
講師がこれまで行ってこられた海岸清掃活動の紹介や
それに伴う課題、見えてきた漂着ごみの問題について丁寧に解説をしていただきました。

全国各地の海岸の現状についても、講師の経験をもとに写真を交えてお話をしていただき、
参加者の皆さんも、講師のお話に真剣に耳を傾けていらっしゃいました。
また、この写真の中にある漂着ごみたちは、遠くの海岸の問題ではなく、
私たちがどこかに置き忘れたものが流れ着いた物の一つかもしれないという話があり、
私たち自身とも深くかかわっている問題だということを改めて考えさせられた時間でした。
漂着ごみに関心の高い方にもたくさんご参加いただき、活発な意見交換の時間もあり、
とても有意義なサロンとなりました。
海岸の現状を、もっとたくさんの人に知ってほしいと思った だいずでした。

ビジターセンター1Fでは、「なんじゃこりゃ!?漂着物展」を開催中です!
漂着物に興味がわいた方は、ぜひ見に来てください(^o^)丿

①海岸の現状について
②プラスチック製品は劣化してどんどん小さくなっていきますが、
自然に還ることはなく… 厄介な問題です。。
③私たちの身近な製品の中にも入っているマイクロプラスチック

クチナシと碁盤の足とゴバンノアシ

ファイル 2557-1.jpgファイル 2557-2.jpg

先日、クチナシという植物の実を見つけた時に、面白いお話を聞かせていただきました。「囲碁の対局中は口出し無用」という意味で、碁盤の足はクチナシの実の形を模して作られているそうです。言われてみれば似てますかね?

もう一種類碁盤の足に関係する植物として、その名の通り「ゴバンノアシ」という植物があります。ゴバンノアシの種子が碁盤の足の形に似ていることからその名前がついたそうです。

クチナシの実を模した碁盤の足、碁盤の足に似ているゴバンノアシ

では、ゴバンノアシの種子とクチナシの実は似ているのでしょうか!?
ゴバンノアシは、12月16日から九十九島ビジターセンターで開催される「なんじゃこりゃ!?漂着物展」で展示する予定なので、クチナシの実に似ているかどうか確認しに来てください!

大島のハマジンチョウ

ファイル 2556-1.jpgファイル 2556-2.jpgファイル 2556-3.jpgファイル 2556-4.jpgファイル 2556-5.jpg

昨日に引き続き、ハマジンチョウのお話です。実は昨日知らぬ間に同時にブログを書いていて、ほんのちょっとの差で伝馬屋さんに先にアップされてしまいました(笑)

昨日は、じゃなくて、一昨日は地元のボランティア団体の皆さんと共に、北九十九島の大島にハマジンチョウの観察に行ってきました。

ハマジンチョウは、環境省レッドリストの絶滅危惧II類に、長崎県では準絶滅危惧種に指定され、長崎県の五島市や熊本県、鹿児島県など5か所で天然記念物に指定されている珍しい植物です。さらに、分布密度が長崎県で一番高く、さらにさらに、そんな珍しい植物の自生地の最北限が、なんとこの九十九島の大島なんです!

そんな貴重な大島のハマジンチョウなのですが、日当たりが悪くなってしまうなどのハマジンチョウにとっての環境の悪化で、弱ってきてしまっています。そのため、生育状況の確認や、自生地近くの海岸の清掃や枝払いなどで環境の整備を行ってきました。

大島まで行ってハマジンチョウを見るのはなかなか大変ですが、ビジターセンターの近くの長尾半島にもハマジンチョウが植えてあります。(昨日のブログに書いていますが・・・。)今ならきれいな花を咲かせているので、ご興味のある方はぜひ見に行ってください。

ちなみに、ハマジンチョウの花は鳥媒花と言って、蜜を吸いに来る鳥が花粉を媒介します。おもにメジロという鳥が媒介するのですが、「メジロってどんな鳥?」と思われる方は、ビジターセンターで開催されている「九十九島の鳥さん展」で勉強してください。上手くいけば、長尾半島できれいなハマジンチョウの花の蜜を吸うかわいいメジロが見られるかも知れませんよ!

ハマジンチョウの花とコメツキガニ

ファイル 2555-1.jpgファイル 2555-2.jpg

今日は午後から長尾半島に行ってきました。

この時期はさすがに来る人も少ないのですが、今日はハマジンチョウの花が満開でした。

うす紫の上品な花がパールシーをバックにたくさん咲いていました。

さらに驚いたことには、干潮の砂浜ではコメツキガニの砂だんごがたくさん見られました。

12月初旬で、最高気温13℃の日でも活動しているのですね。

コメツキガニのパワーに驚いた伝馬屋でした。


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.