スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

鳥の巣なぞなぞの答え発表!

ファイル 2474-1.jpgファイル 2474-2.jpg

今日は、5月12日のブログの答え合わせをしたいと思います!
http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/cgi-bin/blog/diary.cgi?no=2467
皆さんわかりましたか~?

第一問
鳥の巣には間違いないのですが、いつみても親鳥も雛も卵も見当たりません。

答えは、シジュウカラ(始終空)です!カラス(空巣)でも正解!
ちなみに、シジュウカラはこのあたりでもよく見られ、木の穴の中に巣を作り、獣の毛や苔等を材料にふかふかの巣を作るみたいですよ。
カラスは皆さんよく見かけますよね。巣は内側に細くて柔らかい材料を使い、外側に行くにつれて硬い小枝を使います。
2種類とも巣に卵を産んで、ちゃんと親鳥が温めますよ~!

第二問
巣が布で作られています。たまに新聞紙も使います。

答えは、キジ(生地・記事)でした~!
キジは佐世保周辺で見ることができます。草むらの中に枯れ草を使って巣を作ります。雌が抱卵し、滅多なことでは動きません。雄に比べて雌は地味なので、よっぽど隠れるのに自信があるのでしょうか?

第三問
親鳥が雛にミミズばかり運んでいます。

答えは、ミミズク(ミミズ食う)です!
フクロウの仲間で、コミミズクという種類が長崎県にも飛来します。肉食なのでミミズも食べるかも知れませんが、主に昆虫やネズミなどの小動物を餌にしています。冬鳥なので、繁殖期は北に旅立ってしまうので、巣や雛に餌を運ぶ姿を日本で見ることはありません。

第四問
巣が陶器やガラスなどの硬くてすべすべの物で作られています。
答えは、ツル(つるっ)でした!

ツルの仲間は、このあたりではナベヅル、マナヅルが北帰行をするときに見られますね。このツルたちも冬鳥なので日本で巣を見ることはできません。日本では、北海道に生息するタンチョウが留鳥として国内で営巣します。枯枝や葉っぱを材料にするそうです。

第五問
いつも巣材が足りず、まん丸の巣を作ることができません。
答えは、カケス(欠け巣)でした~。カケスは佐世保市内でも見られる、羽根に青い模様のついたきれいな鳥ですよ。主に木の枝を巣材とするので、巣材に困ることはないはずですが・・・。

難問というよりもかなりこじつけでしたが・・・(笑)
また何かでなぞなぞを思いついたら、ブログで紹介しますね!

元ノ島のイノシシ

ファイル 2473-1.jpgファイル 2473-2.jpg

前から元ノ島ではイノシシが目撃されていました。
先日、島の炭鉱の坑道入り口あとを見に行った際に、ぬた場と泥がついたけもの道を見つけました。
暗かったのでピンボケしていますが、まぎれもないイノシシの痕跡です。
近くの島でイノシシが徘徊している姿を想像するだけで楽しいですね。(伝馬屋)

身近な自然と仲良くなろう!

ファイル 2472-1.jpgファイル 2472-2.jpgファイル 2472-3.jpgファイル 2472-4.jpg

晴天続きで、今日も気持のよい青空(^O^)/
午前中に近隣の大学の学生さんと『うみかぜガイドウォーク』に出かけました。
葉っぱの形をよく見て、何種類の木が生えているかを数えたり、
葉っぱの匂いを嗅いでみたり、
耳を澄ましてこの時期ならではの音を聞いたり、
触って実をはじけさせたり・・・
みんな子どものように結構はまって楽しんでくれたようです。

参加したのは、将来、保育者を目指す学生さんばかり。
植物や虫の名前を知らなくても、自然と仲良くなることはできるってことを感じてくれたかなぁと思います。
子どもたちへ自然の不思議さ、面白さを伝えてくれるといいなぁと願うにまめでした。

長尾半島の昆虫

ファイル 2471-1.jpgファイル 2471-2.jpgファイル 2471-3.jpgファイル 2471-4.jpgファイル 2471-5.jpg

今日は天気が良かったので、長尾半島に行ってきました。
かなり暖かくなったので、あちこちで昆虫の姿を見ることができました。

一番おもしろかったのが、ムラサキシジミの幼虫でした。アラカシの葉っぱが丸められていいたので、良く見てみるとアリが入っていました(写真①)。葉っぱを広げてみると、中にはイモムシとアリ。そのうちの1匹がひらめの指に向かって襲いかかってきました!(写真②)
実は、ムラサキシジミの幼虫から出る分泌物を摂取してしまったアリは、幼虫を守るようコントロールされてしまうんです。餌を探すことも、巣に戻ることもなくなり、ただ幼虫を守るだけ…。ちょっと恐ろしいですね!

柿の木では、マルハナバチが下を向いている花に逆さになって上手につかまり、蜜を集めていました(写真③)。花が下に咲き、花弁の先がくるんって反り返っているのにはちゃんと理由があるんですよ。花が蜜を作るのは、花粉を運んでくれるハチなどの生き物を集めるためですが、同じ種類の花に運んでくれないとせっかくの花粉や蜜が無駄になってしまいます。そこで、柿の木などの釣鐘状の花をつける植物は、器用で学習能力が高いハチをターゲットにしました。ほかにも蜜を好むハエやアブなどの生き物がいるのですが、彼らは手あたり次第に花の蜜を集めます。それに対して、ハチは学習能力が高くて効率よく蜜を集めようとするため、たくさんの蜜を準備しておけば、この種類の花にたくさんの蜜があると理解し同じ種類の花を探します。ではハチを集めてハエやアブを追い払うにはどうするかというと、ハエやアブはハチほど器用でないため、逆さになった花には上手に飛びつくことができません。ハチなら上手に飛びつけるので、蜜と花粉の準備ができたら花の先をくるんと丸めて、ハチがつかまりやすくしてあげるんです。

同じ下向きに咲くネジキの花も、奇麗に白く色付いていました(写真④)。もうすぐこの花も先をくるんとさせて、おいしい蜜と引き換えにハチに花粉を運んでもらうようになると思います。

桜の木には、ヤツメカミキリがいました(写真⑤)。初めて見ましたが、緑色でとてもきれいでした~。

大島での調査

ファイル 2470-1.jpgファイル 2470-2.jpgファイル 2470-3.jpgファイル 2470-4.jpg

今年も昨年に続いて哺乳類の調査を行います。

それで先日は鹿町の大島に行ってきました。

昨年はこの島でタヌキ、アナグマ、テン、シカ、ネズミなどが確認できました。
今年はこれらの動物を再確認し、モニタリングしたいと考えています。哺乳類については新しいデータがとれ次第、報告したいとおもいます。

ところで、大島には長崎県が整備した遊歩道や桟橋、展望台などがあります。
カヤックでのツーリングには最適な場所なので、ちょっとだけ紹介したいと思います。

写真は整備された桟橋、歩道です大島の3つの入り江にはハマジンチョウという南の植物が生育していて、これはもっとも北に自生している北限となっています。
これらについては九十九島の会により毎年調査が行われています。

残念なことに、すぐ近くの海岸には放置された漁船が見えました。ここは国立公園でもあるので、何とかしたいと思った伝馬屋でした。

なんか見つけちゃった♪(^m^)

ファイル 2469-1.jpgファイル 2469-2.jpgファイル 2469-3.jpg

最近、「晴れた日に室内にいるのはもったいない」というビジターセンターの体質がうつりつつある だいずです。

先日の休み、晴れてるし、潮も引いてるみたいだし、とちょこっと海岸へ行ってきました。
この時期に見られるというある生き物に会いたいなぁと思い、行ってみたところ
代わりに、なんだろうか??というものを見つけちゃいました(^◇^)
引いた砂浜から、手のひらサイズくらいの透明のマヨネーズ容器のような形のものがぽつぽつとあるんです!!
浅瀬では、それが波と一緒に漂っています。
なんだろう??
なにかの卵かな??

後日調べてみると、ゴカイの仲間でタマシキゴカイという生き物の卵塊だそうです。
あんなふうに、隠れる場所が何もない所に卵を産んで大丈夫なのでしょうか??
という疑問も浮かびましたが、きっとタマシキゴカイにとっては、ベストな場所なんでしょうね。

結局、お目当ての生き物には出会えませんでしたが、何かに会えてしまう、春の海岸のとりこになりそうです(*^_^*)

①こんな感じで、ポツポツと卵塊がありました。
②波にゆられて、ゆーらゆーらしてました。
③閉じたイソギンチャク、今日も見つけました♪
光にあたって、ビー玉みたいです。

晴れたーーーーー!!

ファイル 2468-1.jpgファイル 2468-2.jpgファイル 2468-3.jpgファイル 2468-4.jpgファイル 2468-5.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
ここ数日、ずっと天気予報とにらめっこしていた ちゃだ です
だって今日は九十九島ビジターセンターの人気イベント
『カヤックで長尾半島』の日だったんですもの!
昨日の激しい雷雨にドキドキしていましたが、
参加者の方たちの日頃の行いがとても良かったおかげで、今日はとってもいいお天気に恵まれました^^

快晴の空の下、九十九島の海の上を走るように進むカヤックはとても気持ちいい~♪
長尾半島では、今回は葉っぱに注目していろいろな植物や昆虫を観察してきました
行く前にパールシーのデッキから長尾半島を見た時は
「なんだ、こんなに近くか~」と思われた参加者の方も、
帰ってきてみると、けっこう漕いだと満足気(*^^*)

皆さま、今日はゆっくり休んでくださいね~(^▽^)/

写真は
①青空がとっても気持ち良かった~^^
②みんなでお弁当タイム♪
③くるくる丸まった葉っぱの中にはいったい何が…!?
④この葉っぱを探せ!
⑤カヤックに乗ってみんなでパチリ☆
 ご参加ありがとうございました~^^

鳥の巣なぞなぞ

ファイル 2467-1.jpgファイル 2467-2.jpg

九十九島ビジターセンターでは、5月10日~16日の愛鳥週間にちなんで、「この巣誰の巣?展」を実施しています。愛鳥週間には、野鳥が活発になるこの季節に野鳥のことや野鳥の住む環境を知り、親しみ、守ることの大切さを知っていただきたいという思いが込められています。

「この巣誰の巣?展」では、展示してある鳥の巣が誰の巣かを当てるクイズがあって、期間中にビジターセンターに来れば鳥の巣博士になれること間違いなし!?いやいや、鳥の巣というのはとても奥が深くて、様々な素材や形の巣があってとってもおもしろいんですよ!

だいずさんが頑張ってこの展示を作ったのですが、ひらめもちょこっとお手伝いさせていただきました。そんな鳥の巣の神秘な世界を調べながら、ちょっと良からぬことを考えちゃいました・・・。

ということで、突然ですが「第一回鳥の巣なぞなぞ大会」を行います!!

では、ヒントを手掛かりにどの鳥の巣かを当ててみてください。
当然ですが、なぞなぞなので実際の鳥と鳥の巣とは全く関係がございません(笑)
それぞれの巣に一種類ですよ~。

では第一問!
鳥の巣には間違いないのですが、いつみても親鳥も雛も卵も見当たりません。

続けて第二問!
巣が布で作られています。たまに新聞紙も使います。

では第三問!
親鳥が雛にミミズばかり運んでいます。

わかるかな~第四問!
巣が陶器やガラスなどの硬くてすべすべの物で作られています。

これが最後、第五問!
いつも巣材が足りず、まん丸の巣を作ることができません。

答えがわかった方は、ブログやfacebookのコメント欄に「1ハト2スズメ3カラス4アオサギ5ミサゴ」というように答えを書き込んでください。わからなかったら、どんどんシェアしてわかる人を探してみてください!

答えは、そのうちブログとfacebookで発表します。

トベラでみっけ!

ファイル 2466-1.jpgファイル 2466-2.jpgファイル 2466-3.jpgファイル 2466-4.jpg

昨日は小雨の中、牧島(まきのしま)へ行ってきました。
観察会の下見と昆虫調査のためです。
砂浜には流れ藻が打ち上げられ、磯には海藻が生え、トベラやシャリンバイの花が咲く、初夏の島ならではの景色が広がっていました。
島の自然はおもしろい!
のですが…

実は、ビジターセンターの前でもトベラやシャリンバイが今、花盛りなんです(^O^)/
トベラは雌雄異株で、花はよく似ているため、遠目にはどちらが雄花か雌花か分かりませんが、
近づいてよーく見ると違いが分かります。
ぜひ、見てみてください!

それから、トベラの花にはミツバチが蜜と花粉を集めにきていました。
花から花へと忙しそうに飛び回っています。
働きバチは上手に花粉をだんごにしますね。
感心します(@_@;)
どうやってくっつけてるのかスローモーションで見てみたいものです。
葉の上にイモムシも発見!
しかし、名前が分からず・・・困っているにまめでした。

①雄花は花粉がいっぱい
②雌花はめしべの子房がふくらんでいます
③働き者の女子ミツバチ
④このイモムシのお名前は?

牧島の海岸の植物

ファイル 2465-1.jpgファイル 2465-2.jpgファイル 2465-3.jpgファイル 2465-4.jpgファイル 2465-5.jpg

牧島のフウヅキダニという入江にはよく行きます。

ここは100m弱の範囲に磯、砂浜、林、そしてアマモ場など、多様な環境があり、それに伴って多様な生物が見られます。

今日はボランティアさんの研修の下見に、牧島に行ってきました。

シャリンバイの白い花が咲いていて、近くの枝ではクモがけんかしています。

海岸の磯にはクロヘリアメフラシやオレンジ色のマンジュウボヤ、岩を覆った海藻ウミトラノオなど、様々な生き物が観察できました

島に行くたびに面白いものが見られるので、これからの季節が楽しみな伝馬屋です。


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.