スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

蝶の木の葉隠れの術

ファイル 2433-1.jpgファイル 2433-2.jpgファイル 2433-3.jpg

今日はあいにくのお天気なので、昨日の長尾半島の出来事の続きを書きます。
写真①に蝶が写っているのが見えますか? 写真②に〇印をつけたのですが・・・それでも見えない人もいるかもですね。写真③が拡大したものです。真ん中辺りに三角形の落ち葉のように見えるのが、「クロコノマチョウ」という蝶です。かろうじて左端に目が見えるかと思います。こんなに地味な翅をしていますが、蛾ではなく蝶なんですよ。ここまで落ち葉に似せるって、すごいですよね!

長尾半島で4~5匹程確認したので、探してみてください。とはいえ、飛んでいないと見つけるのはほぼ不可能です。探すコツは、日陰の落ち葉がたくさんあるところが好きなので、そういった場所を歩きまわってみてください。近づけば、パッと飛び立つはずです。飛んでも近くに着地することが多いので、着地した場所にゆっくり近づいて観察してみてください。動きが早すぎたり近づきすぎるとまた逃げてしまうので、さらにゆっくりと近づいて、昆虫との駆け引きを楽しんでください。

今後、九十九島でどんな昆虫に出逢えるか楽しみな、昆虫好きのひらめでした。

長尾半島は花盛り!

ファイル 2432-1.jpgファイル 2432-2.jpgファイル 2432-3.jpgファイル 2432-4.jpgファイル 2432-5.jpg

今日は天気が良くなったので、長尾半島に行ってきました。
たくさんの花が咲き始めていましたよ!以前ブログにも書いた、ザイフリボクもうみかぜ広場でも咲き始めています。うみかぜ広場のハクサンボクはもう一息といったところでしょうか。写真は全て長尾半島のものです。
写真①ソメイヨシノ
写真②ザイフリボク
写真③ハクサンボク
写真④アケビ
写真⑤ムベ

・・・と偉そうに(?)花の名前を書いていますが、植物にあまり詳しくない新人のひらめは、またもや親切なまめ先輩に教えてもらいました( ̄∇ ̄)b

ほかにも、ハマジンチョウやアオモジなど、たくさんのきれいな花が咲いていたので、ぜひ足を運んでみてください。

今日の九十九島周辺は、幻想的な雰囲気です。

ファイル 2431-1.jpgファイル 2431-2.jpgファイル 2431-3.jpgファイル 2431-4.jpgファイル 2431-5.jpg

今日は、朝から雨が降り、お昼からは晴れるのかなぁと期待していたら、
なんと霧で真っ白になってしまいました(◎o◎)
写真は、ちょうどお昼前ころの様子です。

パールシーリゾートのデッキからいつも見えている向こう側の長尾半島が、
真っ白で全然見えないんです!!
いつもうみかぜ広場の展望所から見える元の島も、牧の島もどこに行ったのかというくらい、深い霧です。
でも、こんな日のお散歩もいつもと違う景色が見られて、楽しいかもしれませんよ。

①向こう岸の長尾半島。いつもと全く違う景色です。こんな様子もいいですね。
②うみかぜ広場のヤマザクラも咲きました(*^_^*)
雨にぬれた花もいいですね。ただ、ようやく咲いた花が散ってしまわないか、ちょっと心配です。。
③うみかぜ広場近くの砂浜横の広場も幻想的な雰囲気になっていました。
④シジュウカラ見つけちゃいました(*^^)v
霧が関係あるのか、シジュウカラに加えコゲラなど、何羽もの小鳥が行ったり来たりしているのを見つけました。
こんな日に出会えるなんて、ラッキーでした♪
⑤霧の中の遊覧船も、いつもと違う様子を見せてくれました。

いつもと違う景色を楽しんでしまった はな改めだいずでした。
新年度になり、大豆のようにいろいろな物に変化できるように成長したいと思ってまーす^m^

ヒラタブンブク

ファイル 2430-1.jpg

九十九島の海岸にはおもしろい生き物がたくさんいます。

細かい砂の干潟にはヒラタブンブクという棘皮動物が生息しています。

この生き物、砂浜に棲むウニの仲間で、長いとげをもっていて、砂に潜ったり、砂の上を意外と早いスピードで器用に動きます。

干潟でヒラタブンブクを見つけたらしばらく観察してみてください。
殻が薄くて壊れやすいので、要注意です。

これから干潟でも生き物の活動が活発になる季節です。

潮もよく引くので、干潮時をみはからって干潟に出かけてみませんか。

伝馬屋はこれから大潮の日は忙しくなります。

もう少し待って!

ファイル 2429-1.jpgファイル 2429-2.jpgファイル 2429-3.jpgファイル 2429-4.jpg

朝から一日、春の雨が降っています。
寒くもなく、のどかな空気感。
傘もささずに、歩くと気持ちいいですね。

さて、展示しているカマキリの卵は、昨年の11月に飼っていたオオカマキリが生んだもの。
出てくるの、まだかなぁ~
中がどうなっているのか見てみたい(@_@;)

ということで、切ってみました!
カッターの刃を入れると、まるで発泡スチロールを切っているみたいな感触。
空気の層は思ったより厚くて、中心部に4ミリぐらいの卵の塊りを見つけました。
まだまだ全然、生まれてくるような感じではなく、乾燥していてカチカチでした。
切り開いてしまいましたが、このままでも、無事に生まれてきてくれるでしょうか?
しばらく経過観察してみたいと思います。(にまめ)

①これがオオカマキリの母さん
②切ってみま~す
③包んでいる層は気泡だらけ
④卵みっけ(^O^)/

さなぎの展示

ファイル 2428-1.jpgファイル 2428-2.jpgファイル 2428-3.jpg

こんにちは。またもやひらめです。
これから天気が下り坂みたいで、すこし残念ですね。

でも大丈夫!雨でもビジターセンターで楽しむことができますよ!
現在、カウンターの横ではチョウとガの蛹(写真①)やカマキリの卵鞘(写真②)を展示しています。

チョウとガの蛹は、よく「死んでいるの?」なんて聞かれますが、ちゃんと生きているんですよ。幼虫が成長してさなぎという形態になり、堅い殻の中で大きな翅のついた成虫になるために変身中なんです。

カマキリの卵鞘の中には何百というカマキリの卵が入っていて、卵鞘により雨や寒さや衝撃から守られています。春になると体長1cmにも満たないチビカマキリたちが一斉に出てきます。

ちなみに、チョウやガの幼虫は親とは似ても似つかない姿をしていますが、蛹という形態を経て成虫になります。そういった成長の過程を「完全変態」と言います。セミなども蛹にはなりませんが、ずっと土の中で成長した幼虫が木に登り、蛹にはならず最後の脱皮をすることで成虫になります。夏になるとよく木にひっついている抜け殻は、その名残です(写真③)。

それに対して、バッタやカマキリなどは、卵から孵ったときにはすでに親のミニチュア盤みたいな姿をしており、脱皮を繰り返すことにより大きくなり、姿を大きく変えることなく成虫になります。そういった成長の過程を「不完全変態」と言います。

これから夏にかけて、いろんな昆虫を見が出てきますが、幼虫やさなぎに注目してみると、また面白い発見があるかもしれませんよ!

お花見日和な一日☆

ファイル 2427-1.jpgファイル 2427-2.jpgファイル 2427-3.jpgファイル 2427-4.jpgファイル 2427-5.jpg

皆さん、こんにちは!
大阪の専門学校から来ました、コテコテの大阪人いくちゃんです(^O^)☆
うどんで白ごはん食べます~というと大概の人に驚かれます(^_^;)
まぁ、そんなことは置いておいて…(笑)

現在私はインターンシップで、今日はビジターセンターで学ばせて頂きました!

ビジターセンターは九十九島の良いところがギュッと詰まった施設です。ぜひ、海きららに遊びに来た際はビジターセンターにもお立ち寄りください\(^o^)/

午前中は海きららのすぐ目の前にある『長尾半島』に行ってきました。写真1枚目は長尾半島から見た 海きらら と遊覧船「みらい」です(^○^)
ボランティアガイドさんによる解説付きで長尾半島を散策…
まさに、山の自然と海の自然がいっぺんに満喫できるところでした!

今日はとてもいい天気。ついついお花見がしたくなりました(^^♪
長尾半島のサクラはまだ5割程度…今週末あたりが満開になりそうでした!とっても綺麗でしたよ☆
そして、長尾半島では…なんと!!!国内で4カ所だけしか見ることができない植物『トビカズラ』が見れるんです!!
展望台がいくつかあり、そこから見る九十九島は神秘的でした。
またいつか絶対に来たい!そう思った私でした(笑)

午後からは遊覧船「みらい」に乗せて頂き、野鳥調査に行ってきました。いつもは船に乗るとクジラを探している私ですが、今日は『ミサゴ』という大きな鳥を探しました!

皆さんは遊覧船に乗ったことはありますか?私は今日初めて乗ったのですが、感想は「ジュラシックパークみたい…」。(笑)
野鳥を探しつつも、普通に楽しんでしまいました(笑)
(写真4枚目)
もちろん、ミサゴもしっかり発見しましたよ!お腹が白くてカッコいい鳥でした!!

今日一日で、九十九島の素晴らしさを身を持って学びました。
九十九島に行ったことがない人も、ある人もぜひ一度!九十九島へ遊びに来てください\(^o^)/
私は実習が明日までで、大阪に帰っちゃうのですがまた絶対に来ようと思います!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
最後にトビをパチリ☆とっても優雅に飛んでいました!

はじめてのおつかい

ファイル 2426-1.jpgファイル 2426-2.jpgファイル 2426-3.jpgファイル 2426-4.jpg

連日の投稿失礼しますm(_ _)m新人のひらめです。
今日は「うみかぜ広場のザイフリボクの開花状況を確認せよ」との指令をいただいたので、うみかぜ広場まで散策に行ってきました。ついでに季節の花さがしマップも更新せよとのことでしたので、軽く今の季節に咲く花の下調べもしてから行きました。
写真①は、ハクサンボクという木で、アジサイのようだという解説が頭にあったので、まだつぼみでしたがすぐに「これだ!」とわかりました。
ザイフリボクもまだ残念ながらつぼみ(写真②)でしたが、近々白くてきれいな花を咲かしてくれると思います。咲いたらまたブログで紹介しますね。
やばい!つぼみばかりだ!と思い一生懸命花を探したら、きれいな白い花を見つけました(写真③)。花の写真を撮り、ドヤ顔で「野イチゴの花が咲いてましたよ~!」とにまめ先輩に報告したら、半分あきれ顔で「野イチゴにもいろんな種類があるんだよ。葉っぱと茎がないと分からないね。」と、植物の種類の同定の方法をやさしく丁寧に教えていただきました。近々もう一度見に行って、種類を確定してから季節の花さがしマップに載せますね。今日もまた一つ詳しくなったひらめでした。
最後に、先日ブログで紹介したヤマザクラが近くできれいに咲いていたので、写真を撮ってみました(写真④)。

長尾半島のトビカズラ

ファイル 2425-1.jpgファイル 2425-2.jpgファイル 2425-3.jpgファイル 2425-4.jpg

昨日の投稿で、新人すぎて自己紹介を忘れてしまっていました!(汗)4月1日からビジターセンターで働いている「ひらめ」です。九十九島の自然を気軽に学んでいただけるよう、楽しい情報発信を心がけていきますので、よろしくお願いいたします。
今日はトビカズラの様子を見るために、長尾半島に行ってきました。トビカズラのツルの一番太い部分の直径を測ったり(写真①)、花芽の成長状態(写真②)を見たり、ツタの張り具合を見たりしました。最近気温の上がらない日が続いているので、開花はまだ少し先かな?と思います。しかし、春は着実に近づいているようで、大きなバッタ(写真③)を発見することが出来ました。そしてなんとセミも!?というのは少し気が早いようで、昨年羽化したニイニイゼミの抜け殻(写真④)でした(笑)

桜の季節

ファイル 2424-1.jpgファイル 2424-2.jpg

今日から新年度ですね!
これから入学する人や就職する人など、新天地での生活が始まる人もいっぱいいると思います。そんな季節にピッタリの花、桜がきれいに咲いています。
桜は桜でも、九十九島に咲く桜はヤマザクラという種類で、学校や公園に植えてあるソメイヨシノとは少し違う種類です。花が散ってから葉が出てくるソメイヨシノに対し、ヤマザクラは花と葉を同時に見ることができます。
僕も今日からビジターセンター勤務となり、最初の仕事できれいなヤマザクラを見ることができて、心機一転頑張るぞ!という気持になりました。


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 E-mailはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.