スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

ドキドキ・ワクワク!!

ファイル 2423-1.jpgファイル 2423-2.jpgファイル 2423-3.jpgファイル 2423-4.jpg

皆さん、こんにちは。

3月19日から2週間『海きらら』で、
研修させて頂いてるえりんぎです\(^o^)/
大阪の専門学校に通う1年生です!

イルカ課・クラゲ、魚類・施設管理課と
たくさんの部署で研修させて頂きました。

イルカ課では、プログラム前のアナウンスや、
イルカにタッチをして、トレーニングにも入らせて頂きました。

クラゲ、魚類では、飼育員さんのアシスタントや餌の準備、
お魚やウミガメに餌をあげました。

そして、最終日の今日はビジターセンターで研修を行いました。

午後に1時間程ガイドをしてもらいながら、
「うみかぜ広場」に行きました!
何気なく見ていた植物でしたが、ガイドして頂きたくさん知ることができました。とても面白かったです!

ビジターセンターは、
お子様からご年配の方まで幅広く楽しめる場所になっています!
九十九島に住んでいる生き物たちの映像を流していたり、
九十九島で見られる野鳥やお花の写真を展示しています。
なんと…
展示しているお写真、スタッフさんが撮影したそうです!!
九十九島のことを少しでも知りたいと思ってる方!
ご家族、お友達などを誘って是非遊びに来てみて下さい\(^o^)/

2週間研修させて頂きましたが、
1日1日が本当に早くてあっという間に2週間が経ってしまいました。
学校では学べない事をたくさん学ぶことができました!
本当に寂しいのですが、今日大阪に向けて出発します(T_T)
大阪に帰ったらまた勉強など頑張って行きます!

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

長尾半島はおもしろい♪

ファイル 2422-1.jpgファイル 2422-2.jpgファイル 2422-3.jpgファイル 2422-4.jpg

先日、お休みの日に長尾半島へちょっとお散歩へ。
ちょうど潮が引いている時間帯で、小さな干潟のようになっている場所で、
磯観察ができました(*^_^*)
砂から、なにやらストローのようなものが何本も出ていて、
どんな生き物が隠れているのかと、少し掘ってみたのですが
正体を現してはくれませんでした。
ゴカイの仲間のようです。
実は、二つの口はつながっていたようで、
砂の中がどんな様子だったのか、興味が深まります。
潮が引いている時間帯に行くと、長尾半島の違う魅力に出会えることに気づきました。

長尾半島のコビトさんも見つけちゃいましたよ^m^

あと2日で今年度も終わりになりますが、来年度は実となり進化をしていきたいと思っている はなでした。

①②砂の中を見てみたい
③長尾半島にコビトがいた^m^
④トビカズラのつぼみも成長中です

西海国立公園 九十九島は素晴らしい!

ファイル 2421-1.jpgファイル 2421-2.jpgファイル 2421-3.jpgファイル 2421-4.jpgファイル 2421-5.jpg

ヤマザクラも開花し、とうとう春がやってきたと思いきや、今日はちょっと肌寒いですね。

年度末になり、忙しい時期になりました。
出会いと別れの季節ですが、残念なことに諸事情により今日が最後のブログとなってしまったパッキーです(T_T)

ということで、昨日は小3の娘と森きらら、海きらら、遊覧船、愛宕山巡りをしてきました。

森きららではペンギンやサル、先日から展示が始まったチーターに娘は大興奮!(^^)!

船越展望台を経由して、海きららでは開催中の「水の忍者展」を食い入るように見ていました。ピンクの「墨吐蛸蔵」が9人しか見つけられなかったらしく、あと1人を探しにまた来るそうです(*^_^*)

もう何度も乗っている遊覧船では、お昼ごはん代わりのフライドポテトを食べながら、「あれは横島」「あれは鞍掛島」と生意気に教えてくれました(^_^;)

そして愛宕山にどうしても登りたいというので、夕方から愛宕山登山。何度も登っている山ですが、途中から膝が痛くなる情けなさ・・・(T_T)
ぐいぐい登っていく娘に鼓舞されながら、なんとか259mの頂上に到着し、愛宕勝軍地蔵菩薩を参拝。
夕暮れ時、紫色に染まりつつある九十九島に一礼して山頂を後にしました。

たった2年間でしたがとても楽しい経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

やっぱり、九十九島は素晴らしいですね!
(^^)/~~~

写真① 森きららでヤギにエサやり
写真② チーターの凛々しい姿
写真③ 海きららでのイルカのプログラムでは水を浴びてしまいました
写真④ 遊覧船パールクイーンから高島、黒島、オジカ瀬を望む
写真⑤ 愛宕山山頂から黒島方面の景色

今年も見送れました^^

ファイル 2420-1.jpgファイル 2420-2.jpgファイル 2420-3.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
先日のお休みを利用して、姪っ子と鳥の巣島まで歩いて行ってきた ちゃだ です
風が強かったですが、コメツキガニやヒトデなどの生き物も観察することができ、楽しい時間を過ごすことができました♪
(ちなみに姪っ子のお気に入りはフクロノリだったようです…笑)

さて、海での観察はこれからがお楽しみですが、
空の楽しみは残りわずかとなってきました

ツルの北帰行

なかなかタイミングが合わず、今年は見送れないかな~と思っていたのですが
先日やっと見送ることができました^^
しかもビジターセンター上空通過のバッチリコース!!
ブレブレですが動画の撮影もできたので、よかったらご覧ください♪
https://www.facebook.com/kujukushima.visitorcenter

本日はナベヅル604羽、マナヅル1羽が出水を飛び立っているようです^^
マナヅルは最後の1羽だったようで、ナベヅルも残り僅か…

またビジターセンターに別れの挨拶をしに来てくれないかな~と思う ちゃだ でした(*^-゚)/

写真①②③
ビジターセンターの上空でフォーメーションを変えながら飛んで行くツルたち

タラの芽の季節

ファイル 2419-1.jpgファイル 2419-2.jpg

この時期になると、何かそわそわしてくる伝馬屋です。

すでに庭にあったフキノトウは何度も採取しててんぷらで食べましたが、ツワブキ、フキ、そしてタラの芽と山菜が楽しめる季節だからです。

タラノキのある場所は、ある程度わかっているので、近いうちにタラの芽のてんぷらを楽しみたいと思っています。

生育状況は早いものでは、写真のような状態で、もう十分食べられそうです。

いつ取ろうかな。

長尾半島は花ざかり

ファイル 2418-1.jpgファイル 2418-2.jpgファイル 2418-3.jpgファイル 2418-4.jpgファイル 2418-5.jpg

朝から自転車こいで長尾半島へ行ってきました。
このところ毎日のように通っています。
クロキの花の取材だったのですが、いま長尾半島ではいろいろな樹木の花も咲いているので、それも合わせて取材していただきました。
公園に入ってすぐのところにはタイミンタチバナの小さな花。
歩き始めて見上げるとタブノキのこぼれんばかりのつぼみや可憐なクロキの花。
アオモジのレモン色の花はさわやかで、ヤブツバキはつやつやの若葉の奥に真っ赤な花が鮮やかです。
じっくり観察すると半島の先端まで花のバトンは続いていました。
24日に開花を確認したヤマザクラも、この二日でかなり花が開いているようで、すぐに咲き進んでしまいそうです。
毎日来ても変化を楽しめる長尾半島。
どうぞ、散歩にお出かけください。(にまめ)

①見るとなんだか元気になれるタブノキ(*^_^*)
②長いおしべいっぱいクロキ
③枝にみっちりついた花はよく目立ちます
④若葉もつややかヤブツバキ
⑤ヤマザクラもちらっと見えます

弓張岳~将冠岳 春のトレッキングが開催されました!

ファイル 2417-1.jpgファイル 2417-2.jpgファイル 2417-3.jpgファイル 2417-4.jpgファイル 2417-5.jpg

今日は朝からどんより曇り空・・・
でも伝馬屋天気予報の通り、雨も降ることなく今年度最後のイベント、「弓張岳~将冠岳 春のトレッキング」を無事に開催することができました(^o^)

定員いっぱいの参加者20名で弓張岳の駐車場を出発し、登ったり下ったり、寒くなったり暑くなったりしながら将冠岳まで歩きました。

ガイドのSさんのお話は非常に面白く、参加者一同「へぇ~」と頷きながら歩いていました。タチツボスミレなどの可愛いお花にもたくさん出会いました。

急こう配をハァハァ言いながら頂上までたどり着くと、そこには九十九島や遠く平戸まで見渡せる素晴らしい景色が広がっていました。
ちょうど天気も晴れてきて暖かい中でのお昼ごはん\(^o^)/
最高でした!

参加者の方々のアンケートによる満足度も非常に高く、主催者としてはそれが何より嬉しかったです(*^_^*)

来年度も九十九島ビジターセンターではたくさんのイベントを計画しています。
詳しくはビジターセンターのホームページ、かゆりちゃんだより等でご確認ください。
http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/event/index.html

枇榔島のカンムリウミスズメ

ファイル 2416-1.jpgファイル 2416-2.jpgファイル 2416-3.jpgファイル 2416-4.jpgファイル 2416-5.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
先日、宮崎県の無人島で人生初の野宿を経験してきた ちゃだ です
あまり眠れませんでした…^^;

なぜ野宿をすることになったのかというと、
カンムリウミスズメの世界最大の繁殖地「枇榔島」での上陸調査へ同行させていただけることになったからです^^!

夕方、枇榔島へ上陸
まずは日が沈む前に、営巣状況の調査開始!

カンムリウミスズメは、岩場の隙間に巣を作って、ニワトリの卵より少し小さめの卵を2つ産むそうです
岩の隙間を覗いていくと…いました!
浅い巣穴だったので、すぐ近くにカンムリウミスズメを見ることができました♡
卵が産まれている巣穴もあったのですが、こちらは深いところにあったため、写真は撮れず…^^;
岩場の上には捕食されたカンムリウミスズメの卵もありました

日が暮れてからは、捕獲して測定とバンディングの調査開始!
陸上でのカンムリウミスズメは動きが遅く、道具も使わず手で簡単に捕獲されていました^^;
海でのあの素早い泳ぎっぷりからは想像できない…!
捕獲したカンムリウミスズメは体重などを計測し、足環を付けてリリース
今回は30羽のカンムリウミスズメにバンテディングを行うことができました

可愛いカンムリウミスズメを間近で観察することができ、
ホクホクの ちゃだ でした(*^-゚)/

写真は
①カンムリウミスズメの世界最大の繁殖地 枇榔島
②営巣している岩場
③カンムリウミスズメの巣
 このような岩の隙間を利用します
④巣の中のカンムリウミスズメ
⑤捕食されたカンムリウミスズメの卵

ビジターセンターでの一日研修

ファイル 2415-1.jpgファイル 2415-2.jpgファイル 2415-3.jpgファイル 2415-4.jpgファイル 2415-5.jpg

みなさん、こんにちは!
香港から来た、実習生のドリスです。(^^)
今日は九十九島ビジターセンターで1日実習をさせていただきました。

本日は朝から九十九島の事やビジターセンターの仕事内容など聞きました。
ビジターセンターでは、海の生き物だけでなく九十九島にいる陸の生き物まで紹介されています!

午後はビジターセンターの方と長尾半島へ行きました。いっぱいの自然に囲まれて植物を観察したりと九十九島の魅力を感じる、もっと九十九島の歴史や自然の事を知りたいです!展望台から見た風景本当に素晴らしです!
貴重な体験をたくさんさせて頂きました、ここへ実習に来て良かったなと感じています。(^v^)
1日限りではありましたが、ビジターセンターの方々、
大変お世話になりました。ありがとうございました!

世界が注目 カンムリウミスズメ

ファイル 2414-1.jpgファイル 2414-2.jpgファイル 2414-3.jpgファイル 2414-4.jpg

18日から20日まで、宮崎県門川町で「カンムリウミスズメシンポジウム2017inかどがわ」があり、ビジターセンターから2名が参加してきました。

アメリカやカナダ、韓国の研究者が集い、最先端の研究情報が報告されて、ますますカンムリウミスズメに対する興味がわいてきた伝馬屋でした。

門川町は人口12000人ほどの街ですが、このシンポジウムには町長初め町議会の方、教育委員会の方など行政挙げて取り組まれているのがよくわかります。

子どもたちも自分たちで調べたことをポスターにして展示してあり、またカンムリウミスズメのゆるきゃらも登場しています。
これはカドッピーとガワッピーと名付けられているそうです。一緒に写っているのは参加した「ヨシッピー」です。

会場には100名を超える人が、専門家の話を熱心に聞き入っていました。

シンポジウム終了後は夜のスポットライトサーベイのデモンストレーションがあり、これには伝馬屋が参加し、九十九島でもこのような調査ができたらいいなと考えている伝馬屋でした。


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 E-mailはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.