ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

新着エントリー

相浦川探鳥会に参加して
2019/12/10 15:49
しあわせ
2019/12/05 15:12
ヒヨドリ大合唱!
2019/11/30 15:25
ジョウビタキのメス
2019/11/25 15:03
帰り花とシジュウカラ
2019/11/19 16:00

新着コメント

Re:春のおとずれ
2019/09/17 from 権限がありません
Re:春のおとずれ
2019/09/17 from 権限がありません
Re:春のおとずれ
2019/06/07 from 権限がありません
Re:春のおとずれ
2019/06/07 from 権限がありません
Re:ここはどこ…?
2019/05/14 from 権限がありません

相浦川探鳥会に参加して

  • 2019/12/10 15:49
  • カテゴリー:ブログ

20191210154844.JPG     20191210154845.JPG

20191210154846.JPG     20191210154847.JPG

20191210154848.JPG     20191210154849.JPG

先日九十九島の会と野鳥の会の皆様と相浦探鳥会へ行ってきました。全部で33種の鳥たちを見ることができました。とても感動しました。比較的よく撮れている写真を載せてみました。東京の方では川がきれいになって魚たちが戻ってきているそうです。相浦川もこれからもきれいなままで、いろいろな種類の鳥たちを見ることができればなと思います。

しあわせ

  • 2019/12/05 15:12
  • カテゴリー:ブログ

こんにちは!12月になって一層寒さが増しましたね...

私は、インターンシップでお邪魔している高校生です!

 

今日はスタッフの皆さんに同行させていただいて、船に乗りました。

「今日は、ブログ書いてもらうからたくさん写真撮ってね」と言われて戸惑いながら撮ったのがこちら

20191205151159.JPG

カモメです。

 

 

そんなこんなして遠くの空を見ると、

20191205151202.JPG

天使のはしご 

少し見ずらいかもしれませんが、綺麗です

天使のはしごは、幸せを運んでくれるらしいです

 

 

天使のはしごから目線を下げると、鳥たちが水面に群がっています

何事でしょう...

20191205151200.JPG

獲物を狙っているのでしょうか。迫力があります

 

また遠くには、ん?島が浮いてる?

20191205151158.JPG

これは浮島現象と呼ばれるもの。とても幻想的ですね。

初めて生で見て結構感動しました...

 

 

今日無事に楽しく一日を過ごせたのも、生きるための競争を間近で見れたのもきっと神様が天使のはしごを使って幸せをお裾分けしてくださったからですね。

 

 

P.S

私の大好きなふるさとです。20191205151201.JPG

黒島

 

 

ヒヨドリ大合唱!

  • 2019/11/30 15:25
  • カテゴリー:ブログ

こんにちは!ぐっちーです!

お昼になるとポカポカ陽気で、とても11月終わりとは思えませんね(*^_^*)

 

ハクセキレイが首をかしげて歩いていました( *´艸`)20191130152445.JPG

とてもかわいいですね(#^.^#)

 

ヒヨドリの大合唱がどこに行っても聞こえるようになりました!

20191130152446.jpg20191130152447.JPG

鳴き声も大きいので、見つけやすいのですが、なかなか開けた場所へ出てこず、、、

黒い写真ばかりとれてしまいます(:_;)

きれいな灰色の姿を写真に撮りたいのですが、、、、

 

明日から12月になり、気温がだんだんと下がると思います。

皆さんも防寒をして、体調を崩さないようにしましょう!!(#^.^#)

 

 

ジョウビタキのメス

  • 2019/11/25 15:03
  • カテゴリー:ブログ

20191125150310.JPG20191125150311.JPG

今朝ビジターセンターの前の道路と横の木にジョウビタキのメスがいました。秋から冬に日本にやってくる渡り鳥です。メスはオスと比べてやや地味で、全体的にやや灰色を帯びた薄い茶色をしています。オスとメスの共通している特徴は、翼の中ほどにある細長い白い斑点です。この白斑があることから、これを着ものの紋に見立てて「紋付き鳥」と呼ぶ地方もあるそうです。

帰り花とシジュウカラ

  • 2019/11/19 16:00
  • カテゴリー:ブログ

20191119160002.JPG    20191119160003.JPG

今月の12日、九十九島の会の方々と一緒に観察会へ行ってきました。ヤマザクラの花が咲いていました。これは不時現象といわれるものです。11月頃の小春日和に桜・梅などの草木が本来の季節とは異なって咲かせる花で、帰り花と呼ばれています。

20191119160004.JPG  20191119160005.JPG

今日、冷たい風が吹いていましたが野鳥に出会えることを期待して、うみかぜ広場へ行ってきました。あきらめかけていた時、白いほお、胸から腹に大きなネクタイ模様、オスのシジュウカラが飛んできました。帰りには私の右肩に姿は見えませんでしたが、落とし物をしていく不届きな鳥がいました。洗わなければ・・・。

ホルトノキ

  • 2019/11/15 16:09
  • カテゴリー:ブログ

20191115160933.JPG

鹿子前に住んでおられる方にいただきました。ホルトノキの実です。西日本および沖縄に自生する常緑樹で、寺社に植えることが多いようです。ホルトノキは「ポルトガルの木」の意味で、元来はオリーブを指していましたが、平賀源内がこの木をオリーブと間違え「ポルトガルの木」と呼んだことからこの名前が付いたそうです。葉や木全体の様子はオリーブの木とは全く異なります。葉は互生し枝先に集まります。今ビジターセンターのカウンターに置いています。ぜひ見に来られてください。

少し寒くなりましたね!

  • 2019/11/14 11:24
  • カテゴリー:ブログ

こんにちは!

今日から少し気温が下がり、冬に近づいているのかなという雰囲気になりました!

植物も季節を勘違いして、狂い咲きした植物やようやく紅葉し始める植物も少なくないようです!

 

地域の利用者の方がカマキリの卵とホルトノキを持ってきてくださいました(*^_^*)

20191114112402.JPG20191114112403.JPG

カマキリの卵はどこにあるのか探してみてください(^^)

 

ホルトノキは7~8月に花を咲かせ、11月~2月に黒紫色に熟すようです!

名前の由来は「ポルトガルの木」が訛ったようで、元々はオリーブのことをポルトガルの木と呼んでいたそうです!

ですが、江戸中期の平賀源内という人物が、紀州でホルトノキとオリーブを勘違いしたことから、ホルトノキと呼ばれるようになったそうです!

20191114112404.JPG

これはホルトノキですが、確かにオリーブと勘違いしてしまいそうです!

 

この時期、たくさんのカマキリを見ることができます!

同時に卵もたくさん植え付けられています!

よく観察してみると身近な植物にもついているかもしれないので、皆さんも探してみてはいかがでしょうか?

 

もう冬がそこまで!!

  • 2019/11/11 15:15

20191111150547.JPG     20191111151411.JPG20191111150548.JPG     20191111151412.JPG20191111151413.JPG   20191111151414.JPG

昨日、スタッフがうみかぜ広場へ野鳥調査に行ってきました。身近なところに、ハクセキレイ、コゲラ、メジロ、シジュウカラ、シロハラ、そしてジョウビタキがいました。ちょっと耳をすませばいろいろな鳥たちの鳴き声が聞こえてきます。シロハラやジョウビタキは冬鳥として渡来します。もう冬がすぐそこまで来ているのでしょう。鳥たちや植物等で季節を知ることができます。晴れた日には散歩を兼ねてうみかぜ広場へ遊びに来てみませんか。

海鳥がたくさん見れるようになりました!!

  • 2019/11/03 16:04
  • カテゴリー:ブログ

こんにちは!ぐっちーです!!

気温も下がり、少し肌寒くなってきましたね!

 海では鳥がたくさん見れるようになりました!

20191103160404.JPG

セグロカモメです(*^-^*)

船の近くに近づいてきてくれて、逃げる様子がなく、ゆっくり写真を撮ることができました!

一番見ることができるようになったのはカルガモとマガモです!20191103160405.JPG

海の上からはこんな風にたくさん飛んでいる姿を見ることができました(*'ω'*)

 

皆さんも遊覧船などを利用された際には、九十九島の島々だけでなく、空に飛んでいる鳥たちも観察されてみてはいかがでしょうか??

 

 

豊かな自然の九十九島

  • 2019/10/30 15:08
  • カテゴリー:ブログ

20191030150738.JPG   20191030150739.JPG20191030150740.JPG   20191030150741.JPG20191030150742.JPG   20191030150743.JPG

 最近やっと海鳥や野鳥の写真を撮ることに少しだけ慣れてきました。1枚目の写真(下の中央)はクロサギです。2枚目はセグロカモメです。3枚目は姿をよく見かけるようになってきたミサゴです。4枚目はイソヒヨドリのオスです。5枚目は冬によくみられる渡り鳥であるジョウビタキのオスです。九十九島には50種を超える野鳥たちが生息しています。豊かな自然が守られている証拠だと思います。次回は、入り江に羽を休める鳥たちを撮ることにチャレンジしたいと思います。6枚目の写真はドロアワモチです。これは貝の仲間で、絶滅危惧Ⅱ類の生き物です。3度目の正直でやっと見つけることができました。とっても感動しました。

泥にしか見えないけど実は…⁉

  • 2019/10/25 15:52
  • カテゴリー:ブログ

 

  こんにちは!職場体験学習で実習に来たカナヘビです。

今日は、明日行われる『古老とめぐる九十九島のヤマ』というイベントの下見に無人島へ同行させてもらいました!

 上陸してすぐ僕の目に入ったものは...

 

20191025155212.JPG

無数の小さな砂だんご!Σ(゚Д゚)

 これはコメツキガニというカニが砂泥から有機物を食べたあとだそうです。さらに進んでいくと、スタッフの皆さんが何か見つけたようです。スマホやカメラを取り出して嬉しそうに写真を撮りだしました。なにを撮っているのか僕には全くわかりません。地面を指さされてやっと気付きました。

 

20191025155213.JPG

 ドロアワモチという貝の仲間だそうです。何とこの生き物、絶滅危惧種!!だから皆さん喜んでたんですね。今回ドロアワモチを見れてとてもラッキーでした。「自慢していい」と言われましたが、この価値がわかる人はいるのやら・・・。

エナガ

  • 2019/10/23 15:45
  • カテゴリー:ブログ

こんにちは!ぐっちーです!

 

ビジターセンターの前に小鳥が遊びに来てくれました!

20191023154501.JPG

小さくて、かわいらしいエナガです(*^-^*)

鳴き声もかわいらしく「チュルル、チュ」と高い声で鳴きます!

群れで行動をしているので、1羽見つければたくさんのエナガに出会うことができます!

20191023154502.JPG

外に出ると、たくさんの野鳥たちの鳴き声を聞くことができるようになりました!

皆さんも外へ足を運んでいただき、様々な鳥のおしゃべりを聞いてみてはいかがでしょうか?(#^.^#)

 

2羽の野鳥

  • 2019/10/21 16:19
  • カテゴリー:ブログ

20191021161848.JPG20191021161849.JPG

今日野鳥調査にうみかぜ広場へ行ってきました。1枚目:グランドデッキのところへやってくると大きな羽ばたきが聞こえてきました。頭上をアオサギがイルカプールの方へ飛んでいきました。2枚目:ムクロジの木に羽を休めていたヒヨドリです。ボサボサの頭の毛がモヒカンみたいに見えます。「ヒーヨ、ヒーヨ」という鳴き声が名前の由来だそうです。結構大きな鳴き声ですね。もっと、姿かたちや色、そして鳴き声といったそれぞれの野鳥の特徴を覚えて野鳥調査ができるようになりたいと思います。

フタトガリアオイガ

  • 2019/10/19 13:45
  • カテゴリー:ブログ

こんにちは!

ようやく秋の香りがしてきました!

紅葉も見ることができるようになり、キンモクセイの香りも漂ってきます!

 

カウンターに新たな仲間が入りました!!!

20191019134552.JPG

フタトガリアオイガといいます(*^_^*)

細かい毛が生えているので、毒をもつ毛虫かなと思いましたが、無毒のようです!

アオイガと名前がつくだけあって、アオイ科の植物を食べるようです!

緑、黄色、黒、朱色と派手な幼虫です!

ちなみにお尻が朱色で

20191019134554.JPG

顔が緑色です!

20191019134553.JPG

 

秋になりドングリなどのたくさんの木の実を見ることができるようになりました!

ぜひ、皆さんも秋の散歩にでかけて、秋の植物や昆虫を観察してみてはいかがでしょうか??

 

九十九島のカニさん≧[゚∇゚]≦

  • 2019/10/16 15:47
  • カテゴリー:ブログ

こんにちは!

最近は風が強く肌寒くなってきました。皆様、体調の方はいかがでしょうか?

こんな風が強い中でも、うみかぜ広場近くの砂浜で元気に暮らしているカニさん達をご紹介したいと思います。

20191016154649.JPG

上の画像はコメツキガニです。ちょうど砂の中の有機物や栄養を食べて砂浜を綺麗にしてくれてますね。

周りの小さい団子のような物は、カニが栄養を食べた後の砂達です。

この団子がある所は、もしかしたら近くにコメツキガニがいるかも・・・?ぜひ探してみてください!

20191016154648.JPG

こちらはハクセンシオマネキです。オスに限り、片方のハサミだけが大きく白いのが特徴です。

このハサミは求愛の時やナワバリ主張をする時に、「おいで」と招くように降ります。また、大きな白いハサミが白扇(はくせん)の様に見えることから、その名前を付けられたそうです。

名前の由来を知ると「ハクセンシオマネキ」、可愛らしいですね!

 

 

以上、2匹のカニさんをご紹介いたしました。皆様、九十九島の砂浜に遊びに来た時は是非この子たちを探してみてください(*0u0)ノシ

『最西端・化石ウォーク』の下見に行ってきました

  • 2019/10/15 16:44
  • カテゴリー:ブログ

20191015164402.JPG20191015164403.JPG20191015164404.JPG

今月27日実施予定の10月の観察会『最西端・化石ウォーク』の下見に行ってきました。日本本土最西端の地小佐々魚見崎海岸で、貝化石、足跡化石、水痕化石、植物化石など様々な化石が見られます。身近な場所でこれらの化石を観察できるなんてとても驚きです。講師の澤恵二氏の説明を聞きながらこの海岸を歩いて、大昔に思いを巡らせてみましょう。

秋の長尾半島

  • 2019/10/12 17:26
  • カテゴリー:ブログ

こんにちは!ぐっちーです!

台風19号の影響で佐世保にも強風が吹いています。

外出の際は十分に気を付けましょう。

 

長尾半島では、クサギの実を見ることができます!!

20191012172502.JPG

とてもきれいな色をしていますよね!!

苞の部分は赤色で、実は紺色をしていて、とても目立ちます(*^_^*)

20191012172503.JPG

トベラの実もたくさんなっていました!

トベラの実は中を割ってみると種があるのですが、真っ赤な種でネバネバとしているのが特徴です!

このネバネバで鳥にくっついて、運ばれるそうです!!

 

秋になり、植物たちの様子が変わりました!

皆さんもぜひ秋を探しに出かけてみてはいかがでしょうか??

 

イソヒヨドリ

  • 2019/10/08 17:16
  • カテゴリー:ブログ

こんにちは!

ビジターセンタースタッフのぐっちーです!

風が冷たく、ようやく肌寒くなってきました(;'∀')

イソヒヨドリのメスを見ることが出来ました!

20191008171626.JPG

遠くを見つめています(*‘ω‘ *)

この後、ご飯を見つけて食べていましたが、、、、

20191008171627.JPG

ルンルンで帰っていきました(#^.^#)

かわいいですね(*'ω'*)

20191008171628.JPG

秋になり、いろいろな雲が見れるようになりました!!

皆さんもぜひうみかぜ広場へ足を運ばれてみてください!!

 

 

研修生は生き物に愛される説

  • 2019/10/07 15:53
  • カテゴリー:ブログ

20191007155240.JPG20191007155241.JPG20191007155242.JPG

こんにちは!東京から来ました研修生のヨッシーです。

ブログは初めてなのですが九十九島の魅力を研修生目線で皆様にお伝えしていきたいと思います。

5日にガイドウォークの下見に行きましたら、、、なんと私を出迎えてくれたのは二ホンミツバチでした(笑)

そんな熱烈な歓迎を受けて将冠岳を登りますと絶好の天気!佐世保市が一望でき、疲れも吹っ飛びました!

そして三枚目の写真は水質・環境モニタリング調査にてもっさんが決めた今日のベストショット!

アオサギは果たして何を見ているのでしょうか、、、

そんな素晴らしい自然を体験できるビジターセンターに、是非お立ち寄りください~(^^)/

ゲジゲジとカマキリの卵

  • 2019/10/02 17:17

20191002171710.JPG20191002171711.JPG

グランドデッキのところにゲジゲジがいました。このゲジゲジは益虫で、ゴキブリなどを捕食します。害虫の天敵で、人には無害で、毒もありません。

ビジターセンターの館内にカマキリの卵がありました。赤ちゃんは孵化した後でした。いつの間に卵を産み付けて、孵化したのか、そして、その赤ちゃんたちはどこへ行ってしまったのか分かりませんが、きっとどこかで立派に大きくなってくれていることを願います。

ページ移動