ユーティリティ

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

子育て奮闘中!

先日こちらのブログで紹介した九十九島のハンター「ミサゴ」
ただいま子育て奮闘中です!

20210524154749.JPG

こちらの巣では3羽ヒナを確認することができました。
親鳥にエサをおねだりしているところのようです。

20210524154807.JPG

こちらの巣のヒナは、もう既に親とあまり変わらない大きさですね!
(向かって右の2羽がヒナです)
時々羽を動かして飛ぶ練習をしているような様子も見られます。
巣立ちまでもう少しでしょうか。

頑張れ!ミサゴファミリー!!

九十九島のハンター「ミサゴ」

 

南九十九島では、お魚ハンターのミサゴがいます!

数日前に海上に出た時は、3羽のミサゴが魚を持って飛んでいました!(^^)!

タイのような魚やサバのような魚などを持っていました。

結構大きな魚を持っています( ゚Д゚)

20210512141321.JPG20210512141322.JPG

魚を見つけるとホバリングし、狙いを定めて海に飛び込んでいく姿はとてもかっこいいです!

九十九島の海上だけでなく、相浦川など身近な川でも狩りをしている姿を観察することが出来ます。

皆さんも身近にそのような場があれば観察してみてはいかがでしょうか?

20210512141323.JPG

 

 

 

梅雨の晴れ間の自然観察

1枚目                      2枚目

20200617163024.JPG 20200617163025.JPG

3枚目                      4枚目

20200617163026.JPG 20200617163027.JPG

1枚目と2枚目は長尾半島で撮りました。ウミアメンボ、動きがすばしっこくてなかなか上手に撮れませんでした。ホオジロのオスです。まるでポーズをとっているかのようでした。3枚目と4枚目はうみかぜ広場で撮りました。クチナシの花、歌のメロディーが頭に浮かんできます。ラミーカミキリムシ、子供の頃ヤブマオの葉にたくさんいたのを思い出します。よくよく見るとパンダの顔のように見えませんか?梅雨の晴れ間の自然観察でした。

ヤマガラの幼鳥とハクセキレイ

1枚目

20200613151616.JPG

2枚目

20200613151615.JPG

1枚目は9日にお店の窓ガラスに衝突して倒れてしまって、それからしばらくして起き上がって飛びたっていったヤマガラの幼鳥です。全国的に留鳥として分布しますが、暖地の常緑広葉樹林に最も多く分布します。堅い木の実を両足ではさみ、嘴で割って食べます。木の実を樹皮のすき間に貯えることもします。無事親鳥のもとへ戻っていったことでしょう。2枚目は本日VCの屋根を訪ねてきたハクセキレイです。尾をフリフリさせる仕草がとても愛嬌がありますね。

雨上がりのうみかぜ広場

こんにちは!ぐっちーです!

朝は雨が降っていましたが、11時ごろからやんだのでうみかぜ広場に行ってきました。

気温も少し高く、じめじめとしていたので、まるで夏を先取りしたかのような天気でした!

 

東屋で黒く蠢くものを見つけました!!

20200516150156.JPG

1メートルはある大きな個体でした!

体は黒かったですが、薄く縞模様が見えたので、シマヘビの黒色型の個体だと思われます。

暖かくなり、ヘビなどの爬虫類も活発に活動を始めていますね。

 

20200516150157.JPG

芝生ではとても小さな花のニワゼキショウが咲いています!

薄紫色をした花がたくさん咲いていますよ!

 

20200516150159.JPG20200516150158.jpg

今日はスズメがたくさんいました!

20羽ほどいましたが、よく見てみると、、、、、

 

巣立ちしたヒナでした!

大人のスズメよりも褐色味を帯びていて、くちばしのふちが黄色いのが巣立ちしたヒナの特徴です!

ふわふわとしていて、あどけない様子はとても可愛らしかったです!

野鳥も種類によっては巣立ちした鳥もいるようです!

 

昆虫、爬虫類、野鳥といろいろな生き物が活発に動きだしました!

いろいろな生き物を観察してみましょう!!!!

 

越冬終了まじか?

20200310160817.JPG

20200310160818.JPG

10月中旬に日本に飛来し、冬の間私たちのそばにいるスズメほどの大きさのジョウビタキのオスです。オスの特徴は、頭が白髪頭みたいで、喉が黒色、翼に白斑があり、お腹がオレンジ色をしています。公園や庭先の杭の上や、フェンスの上にとまりよく鳴きます。4月になると中国やロシアに帰っていきます。もうすぐうみかぜ広場のジョウビタキたちも飛び立っていくのではないでしょうか。

ポカポカ陽気に包まれて

こんにちは!ぐっちーです!

暖かい日も多く、様々な植物たちの蕾を見ることが出来るようになりました!

うみかぜ広場では、鳥たちの声もたくさん聴くことが出来ます!

 

20200302150819.JPG

イカルは特に美しい鳴き声を響かせてくれています!!

数も多く、イカルがいる日はイカルの大合唱を楽しむことが出来ます(*^^*)

中々姿を見せてくれないので、声を頼りに探すのも楽しいです!!

 

うみかぜ広場を海の方に降りてみると...

20200302150818.JPG

カルガモの夫婦?がまったりとくつろいでいます!

最近はいつもカルガモを見ることができ、うみかぜ広場の海岸を気に入ってくれたのかもしれませんね(>_<)

最後にこの子!!!

20200302150817.JPG

シジュウカラです(#^.^#)

たまたまご飯中に出会ってしまい、幼虫を食べているのを目撃できました!!

 

春が近づき、様々な花や虫、鳥と出会うのが楽しみです!!

 

巣作り中~

九十九島の水質調査に行ってきました!

移動中、鳥が海上で何か拾って飛び立つ姿が見えたので、なんだろうな~と思い写真を

撮ってみたんですが、ミサゴが木の枝を運んでいるところだったようです!

20200301154458.jpg

 

巣作り用の枝だったかもしれないですね~♪

巣の上にいるミサゴも観察できました!

20200301154459.jpg

 

ミサゴは春を迎える準備の真っ最中な様子。

いい光景を見れて、よかったです♪

アカハラとイカル

20200224113320.JPG20200224113321.JPG 

うみかぜ広場でスタッフが撮った2羽の野鳥を紹介します。1羽目はアカハラのメスです。胸から腹へのレンガ色から名前が付いたと言われています。顔に黒味がなく、不明瞭な眉斑があります。2羽目はイカルです。黄色い大きな嘴と黒い頭。頑丈な嘴で堅い種子を簡単に割ってしまいます。天気が良い日には、ぜひうみかぜ広場へ出かけてみてください。耳を澄ますといろいろな野鳥のさえずりを聞くことができますよ。

かわいらしい野鳥たち

こんにちは!ぐっちーです!

数日雨続きで、晴れた今日も冷たい風が吹いています🥶

 

今日見ることが出来た野鳥たちです!

20200205151944.JPG

ハシブトガラスです!

街中でもよく見ますが、太いくちばしと出っ張ったおでこが特徴的です。

よく見るとつぶらな瞳をしています(*‘∀‘)

 

20200205151945.JPG20200205151946.JPG

ジョウビタキのオスです!

オスはお腹のオレンジ色と白銀の頭が特徴です!

「どうだっ!」と言わんばかりに頭を見せてくれます!!

 

20200205151947.JPG

次はメジロです!

今年はたくさんのメジロを見ることが出来ます!!

ハゼノキの実が食べたくて、びよ~んと伸びてます(*^^*)

 

ツルの北帰行が始まりました!!

佐世保の上空も通ることがあるので、もしかしたら見ることができるかもしれませんよ!(^^)!

 

 

ヒヨドリ

20200129150534.JPG 

20200129150535.JPG

久しぶりにうみかぜ広場へ行ってきました。小雨模様の天気で野鳥はあまりいませんでしたが、ヒヨドリがいました。体は灰褐色、ボサボサ頭、そしてピーヨ、ピーヨと甲高い鳴き声。留鳥となっていますが、暖地に移動するものも多くいるらしいです。暖冬で、梅雨のような天気が続いていますね。健康管理には十分留意しましょう。外出した時には手洗い・うがいの励行に努めましょう。

カンムリウミスズメ

20200119142941.JPG

20200119142942.JPG

20200119142943.JPG

先日、野鳥調査に行ってきました。カンムリウミスズメを数か所で見ることができました。一生のうち、ほとんどを海の上で過ごし、陸上に上がるのは繁殖期のわずかな期間だけです。ヒナは孵化すると1、2日のうちに海へ向かいます。国指定天然記念物、環境省レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類です。九十九島には本当に希少な生き物がたくさんいますね。この素晴らしい自然環境を壊さないようにしなければいけないと改めて思いました。

うみかぜ広場の野鳥たち

20200105153158.JPG20200105153159.JPG

今日はポカポカ陽気のなか、うみかぜ広場の巡回に行ってきました。今年の正月は天気にとても恵まれました。ハクセキレイが歓迎してくれました。春夏は北日本に、秋冬は積雪のない地域に多く見られるそうです。帰ろうとしていると2羽のメジロがハマボウの木に飛んできました。常緑広葉樹林を好むそうです。しばらくすると8羽に増えていました。この天気に誘われて散歩される方がたくさんおられましたが、近くを通られても逃げることなくせわしなく飛び回っていました。まるで2枚目の写真は私にポーズをとっているかのようですね。今年は素晴らしいことが目白押しになりますように!

今年もあと3日

20191228132549.JPG20191228132550.JPG

今年も残すところあと3日となりました。今朝、ちょっとうみかぜ広場の巡回に行ってきました。ふと目をやるとポーズをとっているようなイソヒヨドリのメスがいました。全体が灰褐色で、背は腹より黒っぽく、鱗様の模様がたくさんあります。2枚目の写真はナワシログミです。苗代を作る時期(5~6月)に実が熟すことからこの名前が付いたと言われています。渋みがあって、あまり美味しいとは言えませんが、子供の頃よく食べていました。初夢に、「一富士、二鷹、三茄子」のどれかをみれるとよいですね。

スナメリ調査

20191220151853.JPG

今日、水族の方々と大村湾へスナメリの調査に同行しました。3時間ぐらい粘りましたが、姿を見ることはできませんでした。スナメリは、ネズミイルカ科の小型イルカ。体長は160~170cm、体重は50~60kg、明るい灰色で、頭部が丸く、背びれとくちばしがないのが特徴だそうです。次回は必ずシャッターチャンスがあることを願っています。西海橋の近くで魚鷹の異名をもつミサゴがいました。本日はこの一枚で勘弁してください。

久しぶりのシロハラ!

こんにちは!ぐっちーです!

 

うみかぜ広場前のデッキにシロハラがいました!!

今年はなぜか、うみかぜ広場でシロハラをあまり見ることが出来ていません!

20191219161953.JPG20191219162055.JPG

シロハラのメスのようです(*^-^*)

 

走り出す瞬間も撮れました(*‘∀‘)

20191219161954.JPG

このあと、林の方へ入っていき、ガサガサと音を立てながら餌を探していたようです(>_<)

 

12月なのにあまり寒くない日もあれば、急に冷え込む日もあるようです!!

体調管理に気を付けましょう!(^^)!

 

 

相浦川探鳥会に参加して

20191210154844.JPG     20191210154845.JPG

20191210154846.JPG     20191210154847.JPG

20191210154848.JPG     20191210154849.JPG

先日九十九島の会と野鳥の会の皆様と相浦探鳥会へ行ってきました。全部で33種の鳥たちを見ることができました。とても感動しました。比較的よく撮れている写真を載せてみました。東京の方では川がきれいになって魚たちが戻ってきているそうです。相浦川もこれからもきれいなままで、いろいろな種類の鳥たちを見ることができればなと思います。

ヒヨドリ大合唱!

こんにちは!ぐっちーです!

お昼になるとポカポカ陽気で、とても11月終わりとは思えませんね(*^_^*)

 

ハクセキレイが首をかしげて歩いていました( *´艸`)20191130152445.JPG

とてもかわいいですね(#^.^#)

 

ヒヨドリの大合唱がどこに行っても聞こえるようになりました!

20191130152446.jpg20191130152447.JPG

鳴き声も大きいので、見つけやすいのですが、なかなか開けた場所へ出てこず、、、

黒い写真ばかりとれてしまいます(:_;)

きれいな灰色の姿を写真に撮りたいのですが、、、、

 

明日から12月になり、気温がだんだんと下がると思います。

皆さんも防寒をして、体調を崩さないようにしましょう!!(#^.^#)

 

 

ジョウビタキのメス

20191125150310.JPG20191125150311.JPG

今朝ビジターセンターの前の道路と横の木にジョウビタキのメスがいました。秋から冬に日本にやってくる渡り鳥です。メスはオスと比べてやや地味で、全体的にやや灰色を帯びた薄い茶色をしています。オスとメスの共通している特徴は、翼の中ほどにある細長い白い斑点です。この白斑があることから、これを着ものの紋に見立てて「紋付き鳥」と呼ぶ地方もあるそうです。

帰り花とシジュウカラ

20191119160002.JPG    20191119160003.JPG

今月の12日、九十九島の会の方々と一緒に観察会へ行ってきました。ヤマザクラの花が咲いていました。これは不時現象といわれるものです。11月頃の小春日和に桜・梅などの草木が本来の季節とは異なって咲かせる花で、帰り花と呼ばれています。

20191119160004.JPG  20191119160005.JPG

今日、冷たい風が吹いていましたが野鳥に出会えることを期待して、うみかぜ広場へ行ってきました。あきらめかけていた時、白いほお、胸から腹に大きなネクタイ模様、オスのシジュウカラが飛んできました。帰りには私の右肩に姿は見えませんでしたが、落とし物をしていく不届きな鳥がいました。洗わなければ・・・。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2