スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

蛇焼山と深月港

ファイル 1451-1.jpgファイル 1451-2.jpg

いつも九十九島を南から眺めることが多い伝馬屋ですが、この前の休みの日に、北からの九十九島景観を見に行きました。
場所は田平の蛇焼山というところで、平戸の知人から教えてもらいました。
名前からして怖そうな地名ですが、ごく普通の低い山です。
山の頂まで登りたいと思いましたが、ついに登山口がみつからずに、道路からの撮影で我慢しました。
樹木に覆われて、思っていたほどの景観は見られませんでしたが、北のほうから北九十九島を眺めることができました。

この付近の地層は野島層群といわれる砂岩を中心とした地層で、その中でも深月層というのだそうです。
北のほうは、南九十九島よりはだいぶ新しい地層です。それでも1000万年以上も昔の話です。

その深月という名前がどこにあるのか、前から気になっていたのですが、地図を見ていて蛇焼山の近くにあるのがわかり、さっそくここにも行ってみました。
漁船とともにプレジャーボーとが多く停泊していた港は、高潮の影響か、地面すれすれまで潮位が上がっていました。
地層を象徴する場所に行けて満足な伝馬屋でした。


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.