スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

捕鯨の歴史・島の館で九十九島サロン

ファイル 2245-1.jpgファイル 2245-2.jpg

今年3回目の九十九島サロンは、昨日、平戸市生月町博物館「島の館」で開催しました。

「島の館」の学芸員、中園成生氏に「西海の捕鯨」というテーマで話をしていただきました。

今回、初めてビジターセンター以外の場所で開催したのですが、残念ながら平戸市内のイベントと重なったりしたため、参加者は少なめでした。

しかし、話はとても興味ふかく、西海における捕鯨の歴史、方法、経済的な評価など、捕鯨を体系的に理解できたような気がしました。
鯨の供養塔を作ったり、鯨に位牌があったり、また鯨の過去帳があり戒名まで付けて供養していた歴史が紹介されました。
数百人を雇用する大規模な「鯨組」は、大した産業がない江戸時代には、鉱山に匹敵する大きい企業だったという話を聞くと、もっと詳しく知りたくなってきました。

1時間半ほどの講演の後、熱心な質問があり、「断片的だった知識がつながった」との意見もあり、来年もシリーズでやってほしいなどの感想もいただきました。

これからも、捕鯨も含めて、このような歴史や文化的なテーマで九十九島サロンをやりたいと思った伝馬屋でした。


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.