スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

九十九島の自然

ファイル 2612-1.jpg

こんにちは!らいりーです。
福岡からの研修でお世話になりました。

初めてのビジターセンターでは10月の下旬にあるイベントの下見に付き添わせて頂きました。
下見中に見つけた植物について紹介します!
まず見つけた『クサギ』については、葉を少しもんで匂ってみると少し独特な匂いがしました^^;
実はきれいな青色で、ガクはピンク色をしていました。この目立つ色には理由があり、鳥につついてもらうことによって種が落ちるそうです!
とてもきれいな花なのでみなさんも見つけてみてください!
また、『ムクロジ』の実は昔の人は石鹸として使っていたそうです。実がたくさん落ちていたので水の中に入れて振るとすごく泡立ち、昔の方の知恵はすごいなと感じました。
黒くなって傷が付いているほど泡立つのでやってみてください!

とても天気がよく知らなかった新しい知識を得ることができました。
ぜひ皆さんも九十九島のイベント参加してみてください!

ビジターセンターのお手伝い

ファイル 2611-1.jpgファイル 2611-2.jpg

 みなさん、こんにちは!
福岡の学校から来ました、クラゲです!3日間、ビジターセンターで研修をし、今日は研修最終日です。
この3日間、ビジターセンターで様々なお手伝いをさせていただきました。子どもパークレンジャーの観察日記の作成や、缶バッチづくりなどをしました。普段、何気なく手に取っていたものが実は、たくさん時間をかけて大事に作ってくださっていると分かる貴重な体験をさせていただきました。

また、スタッフさんとの会話では最近、世界遺産に登録された安満岳のキリシタンの話や野鳥の話などを聞かせてもらったりととても楽しかったです。
みなさんも是非、ビジターセンターに来て、いろいろな話を聞いてみてはいかがでしょうか?きっと楽しい時間を過ごせますよ!

以上、クラゲでした!
閲覧ありがとうございました!

秋の気配

ファイル 2610-1.jpgファイル 2610-2.jpgファイル 2610-3.jpgファイル 2610-4.jpgファイル 2610-5.jpg

平戸の山には秋の花が咲いていました。

草原の山の斜面にはダンギクの青い花が咲いていました。この植物は昔、日本列島が大陸と陸続きだった頃の名残だと言われています。

道端には、シソの仲間のキセワタの花が咲いていました。

道のわきにはオレンジ色のキノコ、タマゴタケがいくつもありました。ひとつ持ち帰って、サラダと一緒にいただきました。

真っ白でつぶつぶのあるシロオニタケ。こちらは毒があるといわれているキノコです。

あちこちで秋の気配が感じられ、これからは草花や木の実やきのこなど、楽しい季節になります。
秋の平戸の山歩きはいかがですか?

園地のマツバラン

ファイル 2609-1.jpg

パール・シーリゾートは西海国立公園に立地しているのですが、水族館や駐車場、売店などがある集団施設地区になっていて、国立公園の中ではある程度開発されている地区でもあります。

そんな水族館の社員駐車場の近くに、「マツバランが数株生育しているよ」、というスタッフの話を聞いて、昨日確認しに行きました。

ありました。
西海国立公園の指定植物であり、佐世保市のレッドデータブックにも記載されている絶滅が危惧されている植物です。

ランと書かれていますが、シダ植物で根も葉もない茎だけの植物なのだそうです。

人通りの多い道沿いの斜面に生育しているので、これからも注意して観察したいと思います。

ちなみに、マツバランは長尾半島にも生育しています。

こんにちは~♪赤ちゃん❤

ファイル 2608-1.jpgファイル 2608-2.jpgファイル 2608-3.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
午前・午後と調査続きで暑さでちょっとバテ気味の ちゃだ です
でも、朝夕はだいぶ涼しくなってきましたね~

さて、今日は朝からテンション↑↑↑な出来事が…
なんと!
先日ブログでお伝えしていたトカゲの赤ちゃんが
今朝出勤したら生まれていたんです!!

か~~わ~~い~~い~~~~~(*>∇<*)❤❤

スタッフ一同もうメロメロ❤

8月10日のブログで6個から4個になったと書いていましたが、
その後17日にまた2個だめになってしまっていました…

残り2個…なんとか無事に生まれてほしいと祈りが通じたのか
d、fの卵2個から元気な赤ちゃんが生まれてくれました^^

これからもすくすく元気に育ってくれたらいいな~
上手に育てるコツなどアドバイスあればぜひお願いします!!

卵から出てくる瞬間に立ち会えなかったことが
ちょっぴり(いや、かなり)残念な ちゃだ でした(*^-゚)/♪

写真は
①可愛い2匹❤
②大きさこのくらい
③エサ探し中…小さなダンゴムシGET

樹脂包埋標本 作製中

ファイル 2607-1.jpgファイル 2607-2.jpgファイル 2607-3.jpgファイル 2607-4.jpg

夏休みも終わりが見えてきて、ちょっとホッとしている だいずです\(^o^)/!

夏休みの終わりに、大人の自由研究、樹脂包埋標本をやってみました♪
3つの過程があるのですが、今回は、前回土台を作った部分に、標本にするものを載せて固める作業です。

今回、標本にするのは、3種類のウミアメンボです。
まず、前回作製した土台に薬剤を少量おいて、その上にウミアメンボを載せるのですが、
今回、自分が細かな作業がとても苦手なことに気づきました。
いろんな面でガサツな所が目立ち、
「あぁ~(>_<)」と声を出すことが何度も…

少量載せるだけでいい薬剤が、必要以上に載ってしまい、それがダラァっと流れる…とか、
小さな昆虫をピンセットでつまんで、薬剤の上に載せようとしたときに、裏返しになってしまい、慌ててやり直す…などなど
どうも、大雑把な私には向いていない作業ばかりで、
仕上がりがとても不安です。。

それなりに、うまく載せられたものもありますので、
最後の工程が終わりましたら、出来上がりを報告したいと思います。

①一番初めに行ったもの 液がダラァっと流れてしまいました(>_<)
②昆虫が裏返って、慌ててやり直し
③最後4回目、だいぶ手際よくできました(^^)v
④息を止めて載せています(^_^;)

よかばい、九十九島

ファイル 2606-1.jpgファイル 2606-2.jpgファイル 2606-3.jpg

高知から研修で参りました、ジャガイモです。
実は佐世保市民でした。と言っても九十九島に関しては素人も同然なのですが…

危惧されていた台風の進路が二つとも逸れてカンカン照りのいい天気の中、ビジターセンターで実習を行いました。

午前中はうみかぜ広場にていろいろ教えて頂きました。
「佐世保」の由来となったと言われるシャシャンボや2年目に黄色の小さな花を咲かせるハマサジなどの植物だけでなく、二枚貝の化石やカニやゴカイの生痕と考えられるサンドパイプなどの地質に関することまでたくさん教えて頂きました。
…が、とにかく写真の才能がありませんでした。伝わりづらくて申し訳ないです…。

午後からは小学生に九十九島について教えました。
ビジターセンター内でのクイズでは、「これ何?」と小学生に訊かれるも、「お兄ちゃんもわからん。」となって一緒に探すことが多々ありました。いやいやさすがに五島のことは知らんよ…うどんくらいしか。

他にもムクロジの界面活性剤の力を見せつけられたり、ヘクソカズラとクサギの臭いを嗅いで何とも言えない気持ちになったりと、退屈することのない1日でした。

佐世保を出て4年ほど経っていましたが、相変わらず九十九島は綺麗です。ぜひ皆さんもお越しになって、ヘクソカズラの臭いをかいでください。きっと悶絶します。

九十九島の素晴らしさを伝えたよ。

ファイル 2605-1.jpgファイル 2605-2.jpg

こんにちは!水族館実習中のブンです。

今日はビジターセンターで実習でした。
台風が来ているのに、雨は降らず風もそこまで強くない、おかしな天気でした。「 雨が降らなくてよか 」と、三重県出身の僕が言うのはおかしいですが、張り切ってやりました。

題名に書いてあるように、小学生に九十九島の素晴らしさを伝えました。写真は、ビジターセンターのスタッフが、小学生に九十九島の生き物や植物などを教えている様子です。
小学生は元気いっぱいで、九十九島のことを楽しそうに聞いてました。カブトガニの剥製を出したとき、子どもたちだけでなく僕も興奮しました。
僕も九十九島のことをあまり知しらないので、小学生とともに一緒に学んでいました。
小学生の子たちが生き物に関心があるのは、うれしいことだと思ったし、生き物のことを教えるのは楽しかったです。

将冠岳

ファイル 2604-1.jpgファイル 2604-2.jpgファイル 2604-3.jpg

将冠岳は佐世保市街や九十九島を見下ろす位置にあります。

途中の高筈という集落には「股のぞき」という展望ポイントがあり、九十九島がよく見えます。ここには「高筈の静けき里は 九十九の島山よろい 幸ぞ満ちみつ」の歌が記されていて、視界が良いと平戸や上五島まで遠望できます。

相浦川をへだてて愛宕山というきれいな山があり、相浦富士とも称されていて、将冠岳から望むことができます。どちらの山も溶岩台地が削られた残丘です。その証拠に山の頂付近には、溶岩が固まってできた大きな玄武岩がたくさんあります。

小さな卵

ファイル 2603-1.jpgファイル 2603-2.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
お久しぶりの ちゃだ です

先日、いつもおもしろいものを持ってきてくれる地元の長老さんから小さな卵をいただきました!
家の庭にいたトカゲの卵だそうです

いただいてから1週間
残念ながらa、bの卵は色が変わって凹んでダメになってしまいました…
c~eの卵は持ち込まれた時には少し凹んでいましたが、湿った場所に置いておくとだんだん大きくなり、凹みもなくなりました!
来た時よりも少し丸くなってきたかな…?

生まれるまで1ヵ月ちょっとかかるようです
卵から出てくる瞬間に立ち会ってみたい!!
このまま無事に大きくなりますように…(○ `人´ ○)祈

ページ移動


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.