スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク

記事一覧

春の香りはお漬物!?

ファイル 2638-1.jpgファイル 2638-2.jpgファイル 2638-3.jpg

今朝、出勤中に「漬物の匂いがする…もしや…」と思って辺りを探してみると、ヒサカキが開花しているのを発見!
毎年この漬物の香りがしてくると、春が来るんだな~という気になります^^
それにしても、こんなに離れたところから香ってくるなんて
ヒサカキの香りが強いのか、私の鼻がいいのか…笑

五島のカツオドリ

ファイル 2637-1.jpgファイル 2637-2.jpgファイル 2637-3.jpgファイル 2637-4.jpgファイル 2637-5.jpg

昨日まで、五島に行っていました。
五島展の事後処理に行ったついでに、最近発見された無人島のカツオドリの生息地を見てきました。

福江港から高速ボートで15分ほど走ると海面からそそり立った大小の岩がありますが、その一部が白く見えます。
すべてカツオドリの糞だそうです。

探してみるといました。
30羽くらいが崖に止まっています。
見ていると時々飛び出して空中を旋回します。
カメラで狙いましたが早くでやかなか映せません。

地元の人の話では朝方には400羽ほど見られるそうです。
そういえばこの日に行ったのは昼間でした。

この近くに風量発電の計画もあるとか。
バードストライクでカツオドリが衝突するのではないかととても心配しています。

相浦工業団地の土木工事で露出した地層

ファイル 2636-1.jpg

松浦鉄道の棚方駅のちかく(ユートクホームセンターの道向かい)で、相浦工業団の工事が進んでいます。
土木工事で山の部分が大きく削られているため、地層がはっきり見えるようになりました。
この付近は相浦層群の鹿子前層でしょうか。
近くで確認していませんが、肌色の地層が砂岩で、灰色の地層が泥岩なのかもしれません。
何層もの地層がほぼ水平に重なっているのがはっきり見ることができるので、工事が終わらないうちにぜひ見に行ってください。
現場は道路の近くなので、くれぐれも安全には気を付けてくださいね。

トビカズラの花芽

ファイル 2632-1.jpgファイル 2632-2.jpgファイル 2632-3.jpg

長尾半島は冬真っ盛り
パーゴラのトビカズラには花芽がしっかりついていました。
今年も4月頃に咲くのが楽しみです。

確実に春は近付いているようです。

パーゴラの下ではハマジンチョウの紫の花がたくさん咲いているので、まだしばらくは楽しめそうです。

やっと…!

ファイル 2630-1.jpgファイル 2630-2.jpgファイル 2630-3.jpgファイル 2630-4.jpg

昨日の午前中うみかぜ広場で野鳥調査を行いました
天気も良いし、今日はいろいろ見られる気がする…!

期待通り…いや期待以上に、ポカポカ陽気に誘われてたくさんの野鳥に出会うことができました^^♪

写真①②
お初で出会ったビンズイとルリビタキ♀

写真③
お久しぶりのウグイス

写真④
今年鳴き声だけで姿を確認できていなかったシロハラ
やっと確認できましたが、残念ながらピンボケ(笑)

カワウの編隊飛行

ファイル 2628-1.jpgファイル 2628-2.jpg

先週、野鳥の調査に出かけた際に、長南風島の付近で上空を編隊を組んで飛ぶカワウの群れに遭遇しました。
100羽以上の群れが続けて2つ飛んでいました。
ねぐらから餌場へ出勤しているのでしょうか。
この時期に見られる朝と夕方の九十九島の光景です。

あと5分だけ…

ファイル 2627-1.jpgファイル 2627-2.jpgファイル 2627-3.jpgファイル 2627-4.jpg

ビジターセンターの対岸にある長尾半島では、この時期カモたちを観察することができます。

向かって左の入り江のカモたちは既に元気に活動中!
右側の入り江のカモたちは…まだまだおねむのご様子でした^^;

やっぱり冬の朝は起きるのがつらいですよね~笑

写真は
①ビジターセンター側から見える長尾半島の入江
②向かって左の入り江にいる早起きさんたち
③右の入江の方は…眠
④(あと5分だけ寝かせて…)←5分じゃすまないパターン

養蜂

ファイル 2626-1.jpgファイル 2626-2.jpg

来月予定ている将冠岳のゴミ清掃の下見に行ってきました。
ごみは予想していたより多そうです。

途中、展望のいい場所で、椅子に座って何やらしている人がいました。広場の近くをよく見ると、小さな木製の箱がたくさん並んでいます。

聞いてみると養蜂をしているそうです。
まだ寒いので箱の中にいるが、もう少しして日が当たり始めると外に出ていくそうです。
今はまだ花が少なく、梅の花が咲くまではしばらく蜜はないようです。
春になるのが楽しみですね。

かしまえ自然ライブ情報掲示板

ファイル 2622-1.jpgファイル 2622-2.jpg

ビジターセンターの壁面に「かしまえ自然ライブ情報掲示板」が設置されて、長尾半島とうみかぜ広場に咲く花などのタイムリーな情報を提供しています。

春から秋にかけては更新すべき情報に事欠かないのですが、冬はさすがに花の情報が少なくて、ヤブツバキやハマジンチョウの花のほかに、樹木の実や場合によっては冬芽も紹介したいと思っています。

今回ははじけたトベラの実や、黒いネズミモチの実なども紹介しています。
長尾半島とうみかぜ広場にもぜひ来てください。

12月の長尾半島

ファイル 2620-1.jpgファイル 2620-2.jpgファイル 2620-3.jpgファイル 2620-4.jpgファイル 2620-5.jpg

久しぶりに長尾半島を歩いてきました。

そろそろ、ハマジンチョウが咲いていることだと思って行ったのですが、予想どおり薄紫色の花がたくさん咲いていて、今がちょうど見ごろのようです。

アオモジの葉が黄色に色づいています。

ヤブツバキの赤い花もいくつか見られました。

ネズミモチの黒い実が大きいのがたくさん実っていて、飛ばしやすいサイズでした。

トベラの実もはじけてねばねばの赤い種が露出しています。
まだ冬の始まりですが、これからも長尾半島では色とりどりの花や実が見られると思います。

ページ移動


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.