スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

山陰海岸国立公園 鳥取砂丘

ファイル 2616-1.jpgファイル 2616-2.jpgファイル 2616-3.jpgファイル 2616-4.jpgファイル 2616-5.jpg

先日、鳥取県へ旅行に行ってきました。長崎県に西海国立公園、雲仙天草国立公園と二つの国立公園があるように、鳥取県にも山陰海岸国立公園と大山隠岐国立公園の二つの国立公園があります。山陰海岸国立公園は、海岸線が美しいリアス海岸が特徴なので、九十九島とも共通点がありますね。

その魅力ある山陰海岸国立公園の中でも、いちばん有名な鳥取砂丘に行ってきました。砂丘の入り口には、新しく出来たばかりの鳥取砂丘ビジターセンターがあり、砂丘の成り立ちやそこに住む生き物、人とのかかわりなどをとても詳しく知ることができます。個人的には、先に砂丘に行き復習でビジターセンターに行くのが分かりやすかったです。ただ、とてもわかりやすい地図が配られているので、行く前にも立ち寄る事をお勧めします。

鳥取砂丘は砂ばかりだと思っていましたが、中にはオアシスがあり、小川が流れていたり、苔やキノコが生えている場所や草木が生えている所など、多様な景観が広がっています。個人的には、砂の中から湧水が湧き、砂の表面を湿らせる程度で、その1m先あたりで砂にしみ込んでしまう様子がとても不思議でした。確かに砂も多いのですが、粒の大きさが違ったり、礫が混じっていたり質感が違ったり、そのためか様々な風紋を楽しむことができます。

どうしても一般向けの観光地というイメージが強い鳥取砂丘ですが、純粋に国立公園としての自然の魅力も十分に楽しめる場所です。今回は時間がなく砂丘だけでしたが、道中に魅力的な海岸線が広がっていたので、また時間を作って遊びに来たいと思います。

写真はこちら↓
https://www.facebook.com/kujukushima.visitorcenter/posts/1907535166025941

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.