スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

よかばい、九十九島

ファイル 2606-1.jpgファイル 2606-2.jpgファイル 2606-3.jpg

高知から研修で参りました、ジャガイモです。
実は佐世保市民でした。と言っても九十九島に関しては素人も同然なのですが…

危惧されていた台風の進路が二つとも逸れてカンカン照りのいい天気の中、ビジターセンターで実習を行いました。

午前中はうみかぜ広場にていろいろ教えて頂きました。
「佐世保」の由来となったと言われるシャシャンボや2年目に黄色の小さな花を咲かせるハマサジなどの植物だけでなく、二枚貝の化石やカニやゴカイの生痕と考えられるサンドパイプなどの地質に関することまでたくさん教えて頂きました。
…が、とにかく写真の才能がありませんでした。伝わりづらくて申し訳ないです…。

午後からは小学生に九十九島について教えました。
ビジターセンター内でのクイズでは、「これ何?」と小学生に訊かれるも、「お兄ちゃんもわからん。」となって一緒に探すことが多々ありました。いやいやさすがに五島のことは知らんよ…うどんくらいしか。

他にもムクロジの界面活性剤の力を見せつけられたり、ヘクソカズラとクサギの臭いを嗅いで何とも言えない気持ちになったりと、退屈することのない1日でした。

佐世保を出て4年ほど経っていましたが、相変わらず九十九島は綺麗です。ぜひ皆さんもお越しになって、ヘクソカズラの臭いをかいでください。きっと悶絶します。

九十九島の素晴らしさを伝えたよ。

ファイル 2605-1.jpgファイル 2605-2.jpg

こんにちは!水族館実習中のブンです。

今日はビジターセンターで実習でした。
台風が来ているのに、雨は降らず風もそこまで強くない、おかしな天気でした。「 雨が降らなくてよか 」と、三重県出身の僕が言うのはおかしいですが、張り切ってやりました。

題名に書いてあるように、小学生に九十九島の素晴らしさを伝えました。写真は、ビジターセンターのスタッフが、小学生に九十九島の生き物や植物などを教えている様子です。
小学生は元気いっぱいで、九十九島のことを楽しそうに聞いてました。カブトガニの剥製を出したとき、子どもたちだけでなく僕も興奮しました。
僕も九十九島のことをあまり知しらないので、小学生とともに一緒に学んでいました。
小学生の子たちが生き物に関心があるのは、うれしいことだと思ったし、生き物のことを教えるのは楽しかったです。

将冠岳

ファイル 2604-1.jpgファイル 2604-2.jpgファイル 2604-3.jpg

将冠岳は佐世保市街や九十九島を見下ろす位置にあります。

途中の高筈という集落には「股のぞき」という展望ポイントがあり、九十九島がよく見えます。ここには「高筈の静けき里は 九十九の島山よろい 幸ぞ満ちみつ」の歌が記されていて、視界が良いと平戸や上五島まで遠望できます。

相浦川をへだてて愛宕山というきれいな山があり、相浦富士とも称されていて、将冠岳から望むことができます。どちらの山も溶岩台地が削られた残丘です。その証拠に山の頂付近には、溶岩が固まってできた大きな玄武岩がたくさんあります。

小さな卵

ファイル 2603-1.jpgファイル 2603-2.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
お久しぶりの ちゃだ です

先日、いつもおもしろいものを持ってきてくれる地元の長老さんから小さな卵をいただきました!
家の庭にいたトカゲの卵だそうです

いただいてから1週間
残念ながらa、bの卵は色が変わって凹んでダメになってしまいました…
c~eの卵は持ち込まれた時には少し凹んでいましたが、湿った場所に置いておくとだんだん大きくなり、凹みもなくなりました!
来た時よりも少し丸くなってきたかな…?

生まれるまで1ヵ月ちょっとかかるようです
卵から出てくる瞬間に立ち会ってみたい!!
このまま無事に大きくなりますように…(○ `人´ ○)祈

まいどおおきに!

ファイル 2602-1.jpgファイル 2602-2.jpgファイル 2602-3.jpgファイル 2602-4.jpg

まいど!
 …と、こってこての大阪弁を使いましたが、実は京都府出身の研修生イッカクです!

 今日が初めてのビジターセンター研修で、一体何すんのやろ…と思っていましたが、本日はなんと船に乗って島に冒険へ!!海賊王に、俺はなる!…という訳ではなく、8/11の「山の日」に行われるイベントの下見に同行させて頂きました。

山の日とは、2016年から新しく制定された祝日で「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことが趣旨とされています。
ということは、暑いけど、山で元気に楽しもや!ということですかね、知らんけど。…はっ!!つい関西人の癖が出てしまいましたが、今回のイベントでは楽しめること間違いなしですよ!だって、あんな生物やこんな光景が見られるんですから…

 って、写真無いんかい!と思ったそこのあなた!
私はあえて撮ってません。そう、思い出は皆様自身で作るものだから…(嘘です生物採集に夢中で撮り忘れました)

 冗談はさておき、私は今回の研修で様々な部署を回り、多くの方にお世話になりました。ビジターセンターの方は勿論、海きららの皆さんはとても優しい方ばかりです。新たなことも学べ、こんな人と働きたい!と思える出会いもありました。

 皆さんも、素晴らしい出会いや出来事が溢れる海きらら、そして九十九島ビジターセンターに、ようおいでやす。
それではこの辺りで実は使い慣れない京都弁でお別れの挨拶を…
ほな、ごめんやす。

あ~、それは食べれませんね。

ファイル 2601-1.jpgファイル 2601-2.jpgファイル 2601-3.jpgファイル 2601-4.jpgファイル 2601-5.jpg

こんにちは、研修生のちゃむです。

今日は、午前中は主に南九十九島に点在する島々のことを勉強し、午後は「うみかぜ広場」へ生物調査に行ってきました。

皆さんはもうご存知かもしれませんが、九十九島の島々って意外と、伝説とか言い伝えとか多いんですよね~

財宝が眠る金重島、尾が二つある蛇の言い伝えが残る元ノ島、
「馬鹿」の語源が生まれたかもしれない牧島などなど・・・
島の数だけ物語があって、素直に驚きました。

そして、午後からは「うみかぜ広場」へ生物調査に繰り出したのですが、なんとプロのネイチャーガイドの方とマンツーマンでした!
贅沢ですよね・・・!「これ嗅いでみて」と差し出されたクサギの葉のにおいに気が遠くなりつつも、この贅沢さを噛みしめました。

ビジターセンターでの研修は今日が最後でしたが、私は今日ほど「これ、食べれますか?」と口にした日はないと思います。
クサギの葉のにおいとともに一生忘れません。
ありがとうございました!

最西端の地付近の地層

ファイル 2600-1.jpgファイル 2600-2.jpg

九州本土最西端の地が佐世保市の小佐々町にあります。

車から降りで堤防を超えると、海岸は薄い茶色がかった色の砂岩でおおわれているのですが、堤防のすぐ近くに少し白っぽく見える大きな岩の塊があります。
この岩の塊は小島崎凝灰角礫岩といわれ、テフラや火山砕屑物とされる火山灰や岩の塊でできています。
とても固いので波にも壊されず、岬の先端などに残っていることが多いそうです。
現地に出掛けた際にはぜひ見てください。

また、最西端の近くには長崎県の天然記念物に指定されている「小佐々野島の淡水貝化石含有層」があります。
この海岸では貝の化石などが見られます。
写真は対岸から見た野島の風景ですが、同じ地層が対岸にもあり、その間の瀬戸は実は断層があり、地殻変動の際の摩擦によって弱くなったところが削られて瀬戸になったそうです。

カノコユリ 船の名前も カノコユリ

ファイル 2599-1.jpgファイル 2599-2.jpgファイル 2599-3.jpg

初めまして、このビジターセンターで研修させていただいている、ちゃむです。

本日は佐世保市花である「カノコユリ」の調査に同行させてもらいました。
午前9時、海きららを背に出航すると、すぐさま心地よい潮風が。「歌手のPVでこういうのあるよなあ・・・」とぼんやり思いつつ、危うく突風で飛びかけた帽子をかぶり直しました。

そして、船に揺られることわずか数分。いくつかのポイントを通過して丈ヶ島に上陸。遠目でしか見ることがなかったカノコユリとついに初対面です。目を凝らさないと分からない薄桃色に紅斑点の花弁。背景にある海の青と相まって、柔らかな色彩が目に飛び込んできました。
やはり、図鑑と実物とでは天と地の差ですね・・・。

帰りの船で周りの方々の感想を聞きながら、余韻に浸る私はすっかり安○奈美恵になりきり、決して長くはない自分の前髪をかき上げたり、儚げな瞳で遠くを見つめるなどしました。

皆さんも、雄大な自然に触れ、さらには○室奈美恵になりきることのできる九十九島へぜひお越しください。

九十九島、最っ高!!~衝撃の事実~

ファイル 2598-1.jpgファイル 2598-2.jpgファイル 2598-3.jpgファイル 2598-4.jpgファイル 2598-5.jpg

今日は憧れの無人島に行き、いつか、TV番組、黄金伝説の「無人島0円生活」をしたい!!と強く思ったそんちゃんです。

今日は、衝撃の事実が連発したので皆様にご報告します!!テレビドラマ、半沢直樹のテーマを頭の中で流しながらご覧ください、、、(゜-゜)

①無人島は砂の島だった!!(写真左上)
九十九島は、地殻変動で砂が盛り上ってできたそうです!!島の岩を触ってみると、ぺりッと先っぽが折れてしまいました、、(T_T)さすが砂!!とっても芸術的でした!!

②ジャコウアゲハかと思ったら、アゲハモドキ(ガ)だった!!
昨日、綺麗な蝶々だな~と思ってキャプション作成していたら、今日、まさかの“ガ”だと告げられました。ショック!!しかし、似すぎです!!キャプションを作り直していると、愛着が湧いてきました。長生きしてね(^^)/

③センター長の趣味は、、、う○こ コレクション!!!!
研究室に、茶色い物体が!!スタッフの方に「センター長の命より大事なものだから気を付けてね~!イノシシのう○こ!!」と衝撃の一言を告げられました。う○この標本を作るそうです!!
実に興味深いです!!

半沢直樹のテーマ、ストーップ!!ここから頭の中で流していただきたい曲は、葉加瀬太郎のエトピリカです!!

そろそろ私の研修が終わりを迎えようとしています。
家族のように温かいスタッフや地域の方々、美しい自然、魅力的な生き物たちに囲まれ、楽し2日間でした!!国立公園のことや干潟のこと、まだまだ知りたいことがたくさんあります!!これからも色んなことを吸収しまくって、夢に向かって突っ走ります!!

長ーいブログを最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!!!さようなら~!!(*^。^*)

九十九島、最っ高!!~野鳥調査inうみかぜ広場~

ファイル 2597-1.jpgファイル 2597-2.jpgファイル 2597-3.jpg

イェーイ!!(*^。^*)
こんなテンションでウキウキしながら野鳥調査に行ってきました、大阪から研修に来たそんちゃんです!!

調査しながら、スタッフの方に九十九島の自然についてガイドしていただき、へーへーボタンがほしくなるほど“へぇ~”を連呼しました!!その中で、Today's My Best “へぇ~”をご紹介します!!!!

それは、、、、、島の数です!!
九十九島という名前だから、99個の島があるんでしょ~?って思っていたのですが、ななななんと、208個もの島が存在していたのです!!お腹の底から“へええ~!!”が出ました!!

島の条件は、①満潮の時に水面から出ていること
      ②陸の植物が生えていること

ということは、1番左上の写真の中央にちょこんとある陸は、、、、、?島ですね~!!へぇ~~~~!!

こんな感じで大自然を楽しみました!!

また、地域の方に会えば声をかけてくださったり、遊覧船のお客様は手を振ってくださったりと、人の温かさも感じて、ここが大好きになりました!!

※今日の活動目的は、野鳥調査なので、調査中に見つけたアオサギの写真を載せておきます!!真剣に水族館の魚たちを狙っています、、、。魚たちの無事を祈ります!!!!

明日は、無人島に行くと聞いて、今からウキウキが止まりませんっ!!

それでは、また明日~ヽ(^。^)ノ


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.