スタッフブログ
トップへ国立公園紹介九十九島のマナー館内案内イベント情報出前授業フォトギャラリー自然情報スタッフブログアクセスリンク
最新の記事
戻るRSS管理者用

記事一覧

西海国立公園平戸・九十九島地区パークボランティア研修

ファイル 2573-1.jpg

新たに加わるパークボランティアさんの研修がありました。
九十九島や平戸の国立公園内で観察会やごみ清掃、調査など行うボランティアさんたちです。
座学で国立公園と九十九島の自然を学んだあとは歩いて長尾半島公園まで散策に出かけました。
潮もよくひいていて海岸でしばらく遊びました。

極寒の中でのうみかぜ広場散策!

ファイル 2572-1.jpgファイル 2572-2.jpgファイル 2572-3.jpgファイル 2572-4.jpgファイル 2572-5.jpg

東京にある動物のことを専門的に学んでいる専門学生のめぐみです!今日で海きららでの2週間の研修に幕を閉じました。
そして最終日にビジターセンターでの研修でした!

今回は吹雪いている中ではありましたがうみかぜ広場での散策に行かせて頂きました!
普段ではあまり見ることのない草木や野鳥を観察し、九十九島周辺の環境についてとても興味が湧きました。謎の穴やエナガという野鳥やオオイヌノフグリ、スイセンを観察することが出来ました!
そして九十九島の一部もみることができました。皆さんも良かったら是非この素晴らしい九十九島に足を運んでみてください!!

今回の研修は私にとって初めてで何もかもが新鮮であっという間でした。この研修を通して、狭かった私の視野が大きく広がりいろんなことに挑戦するきっかけとなりました。今後はこの経験を生かして活動していきたいと思います!
短い期間ではありましたがありがとうございました!
最後までみていただきありがとうございました。

あっっ!!ウグイス∑('◇'*)!!

ファイル 2571-1.jpgファイル 2571-2.jpg

先日の帰り、ビジターセンターを出てすぐの土手で、カサカサと何かが動く音が!
猫かシロハラかな?と静かに近づくと、なんとウグイスです∑('◇'*)!!
ごはん探しに夢中のようで、隠れることもなく、しばらくチョコチョコと動いていたんです!!
ずっと、土の部分をツンツンとつついて動き回っていましたよ。
しばらく見ることができて、ラッキーでした♪
欲を言えば、ちょっと立ち止まって写真を撮らせてくれないかなぁなんて、
ずうずうしく考えてしまいましたが(^_^;)

今日も、何かに出会えるかも(*^_^*)
帰り際も気が抜けない だいずでした。

学習のまとめ

ファイル 2570-1.jpgファイル 2570-2.jpg

先日、近所の小学生が学習の発表の準備のために、ビジターセンターへ来館(*^_^*)
とっても寒い日でしたが、元気に歩いて来てくれました♪

それぞれに何を調べるのか目的をしっかり持って、
館内を隅々まで見て回っていて、すごく感心しました。
今年度、何度も利用してくれている子どもたちで、
前回見たものなどについての質問もあったりして、
見て聞いたことをしっかり頭に入れてくれているんだなぁと
嬉しく思いました(^^)
どんな発表になるのか、楽しみですね。
また、いつでもお越しくださ~い。(だいず)

館内改修工事のお知らせ

ファイル 2569-1.jpgファイル 2569-2.jpgファイル 2569-3.jpg

ビジターセンターでは、明日まで館内の改修工事を行っております。
通常通り開館しておりますが、ご利用のお客様にはご迷惑をおかけしております。
エントランス付近やビジター周辺の様子が少し変わります。
工事が終わりましたら、また報告させていただきたいと思います(*^_^*)
どう変わったか気になる方は、2月1日にお越しくださ~い!

明日まで、少々ご不便をおかけいたしますが、ご了承ください

ロードキル

ファイル 2568-1.jpgファイル 2568-2.jpg

朝、郊外の道路を走っていると、ときどき車にはねられて動物たちが死んでいます。
これまで、アナグマ、タヌキ、テンなどを確認していて、サイズと場所を記録しています。
おととい、近くの鹿子前の道路わきの植え込みにタヌキが死んでいたのを、スタッフのちゃださんが見つけたので、さっそく調べに行ってきました。
メスのタヌキで頭胴長51cm、尾長14cm、体重460gでした。運悪く車にはねられて、誰かが植え込みに置いたのでしょう。
私たち大人でも野生動物に接することはほとんどありませんが、ましてや子どもたちがタヌキやテンを見る機会はまずないでしょう。人間とともに近くで生きている動物たちを、もっと身近に感じられるような企画をしたいと考えています。(合掌)

白目!?のトビ

ファイル 2567-1.jpgファイル 2567-2.jpgファイル 2567-3.jpgファイル 2567-4.jpg

先日、地元の自然愛好会が主催する野鳥観察会に行ってきました。佐世保市総合グラウンドの裏には相浦川が流れており、今の季節はたくさんのカモの仲間で賑わっていました。一年を通して、カワセミやミサゴなど美しい野鳥を見ることが出来る、身近ですが素敵な場所です。

その観察会の最中に、和田津美神社という相浦川の中州にある神社の鳥居に一羽のトビがとまりました。それはそれで絵になる感じだったので写真を撮っていると、捕まえたカニを食べ始めました。

その写真を拡大してみると、白目をむいている!?
いえいえ、これは白目ではなく瞬膜という物で、第三眼瞼とも呼ばれる上まぶた、下まぶたとはまた別の第三のまぶたのようなものです。

この瞬膜は、安全メガネのように埃やゴミで眼が傷かないようにしたり、水中メガネのように水から目を保護したりする役割があります。両生類や爬虫類、鳥類の多くの種は瞬膜を持っており、魚類や哺乳類の一部にも瞬膜を持つ種がいます。人間からすると不思議な感じですが、鳥たちからすれば、「瞬膜持ってないの~不便ね~」と思われるかもしれません。

この写真のトビも、生きたカニを食べるときにカニのハサミや足で眼を守っているのでしょうね。でも、瞬膜を持つより茹でたカニをハサミで切って身をほじって食べたいヒラメでした。

フリーWi-Fiがご利用いただけるようになりました!

ファイル 2566-1.jpgファイル 2566-2.jpgファイル 2566-3.jpg

九十九島ビジターセンターで、フリーWi-Fiがご利用いただけるようになりました。お持ちのスマートフォンやパソコンなどの端末のWi-Fi設定画面で、「National_Park_Wi-Fi」を選択していただくと、ログインのために数分間接続することができます。ログインはfacebookやtwitter、instagramなどのSNSアカウントやメールアドレスをご登録いただくことで、60分間Wi-Fiをご利用いただけます。ぜひ、ビジターセンターのWi-Fiを使って九十九島の情報を探したり、SNSを通して九十九島の魅力を発信してください!

雪でほっこり

ファイル 2565-1.jpgファイル 2565-2.jpgファイル 2565-3.jpgファイル 2565-4.jpgファイル 2565-5.jpg

こんにちは(。・ω・)ノ゙
お久しぶりの ちゃだ です

昨日から雪がちらついていた佐世保
今朝起きてみると少しだけ積もっていてテンション↑↑♪
出勤後、早速うみかぜ広場へ雪だるま作りへ…もとい、見まわりへ行ってきました^^

見晴らしのいい磯の上展望所に小さな雪だるまを作って、
これでブログネタができたと満足しつつも
もっと雪が積もっているところはないかとうみかぜ広場をぐる~り

結局磯の上展望所以外はほとんど積もっていませんでした^^;

ぐるっとうみかぜ広場を周った帰り道、
行きがけに作ってきた雪だるまの様子がなんだか違う…!
なんと素敵な雪の帽子が被せてありました∑o(*'o'*)o

寒かったけど、ほっこりしたうみかぜ広場でした(*^-゚)/☆

写真は
①ビジターセンター裏のデッキには既に足跡がたくさん!
②磯の上展望所に作った雪だるま
③九十九島が見たい!と言うので、海のほうへ方向転換
④うみかぜ広場の芝生…残念(>_<)!
⑤いつの間にか葉っぱのついたオシャレな帽子被ってる…!!

鳥の糞の中の種子

ファイル 2564-1.jpgファイル 2564-2.jpgファイル 2564-3.jpgファイル 2564-4.jpgファイル 2564-5.jpg

先日、長尾半島を歩いていると、柵の上にたくさんの黒っぽい糞が落ちていました。黒や暗い紫色の糞はテンのものだとばかり思い込んでいたので(無知ですみません…)、最近テンが増えたのかな?と思っていました。色んな種子が入っていて、面白かったのでいくつか観察していました。(写真①②)でもよく見ると、赤い実が入っていました(写真③)。その時はハクサンボクの実だと思い、細い枝になるハクサンボクの実をテンが食べられるわけがない!と思い、調べてみると、その糞は鳥(ヒヨドリ?)の糞のようでした。

さらに調べてみると、ハクサンボクの赤い実(写真④)は果実で中に種が入っていて、おいしい実の部分を鳥が食べて中の種がそのまま糞として排出されることで、種子散布が行われるそうです。そうなると、あの赤い実は何だったんだろう?と思い、さらに調べてみました。

他に赤い実と言えばトベラの種子写真⑤しか思い浮かばなかったのですが、トベラと言えばあのべたべたした種子が鳥にひっついて散布されると思っていました。調べてみると、赤い実は植物にとって「おいしい実があるよ♪鳥さん食べて~(ついでに中の種を運んで~)」のアピールらしいのですが(ハクサンボクがまさにそれ)、赤い種に大した栄養もなくそのまま出てくるトベラも赤色でだまして食べてもらっているようです。

無知がゆえに、なのですが、ちょっとした気付きで色んな疑問や勘違いが解決されて、ちょっと楽しかったひらめでした。ドングリなんかもなかなか面白いので、しっかり勉強してまた紹介出来ればと思います。


TOPへ戻る


西海国立公園九十九島ビジターセンター
〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1053-2
TEL:0956-28-7919 FAX:0956-28-7351 お問い合わせはこちらから


Copyright (c) KUJUKUSHIMA VISITOR CENTER. All Right Resesrved.