ヤブランの花
ヤブランの花
ビジターセンターの外のケヤキの木の根元に、ヤブランの青い花が咲いています。

以前はつつじが植えてあったのですが、土壌に合わず枯れてしまったので、植木好きな人が植えてくれました。

8月頃から咲いていたのが、しばらく見ないと思っていたらまた咲きだしたようです。

夏の終わりころに、志々岐山でも道端にヤブランとノシランの花が咲いているのを思い出しました。

植物のある風景はいいですね。

将冠岳
8月下旬まで
将冠岳
将冠岳
将冠岳
佐世保市街や九十九島を見下ろす位置に将冠岳があります。
ふもとにはイヌビワが黒い実をつけています。小さいイチジクのように甘くておいしい実です。
山に登るとヤブミョウガの白い花が咲いていました。夏の夏の終わりに咲く花なので、秋はもうすぐです。
山頂付近に近付くと大きな岩がごろごろしているのが目立ちますが、これは玄武岩で溶岩が固まったもので、溶岩台地の痕跡を残しているのがわかります。

無人島の海岸の花
6月中旬ころまでは見られそうです
無人島の海岸の花
無人島の海岸の花
無人島の海岸の花
この時期、無人島の海岸では様々な花が見られます。
ハマボッス、ハマヒルガオ、そしてテイカカズラが咲いていました。
次々に花が見られる九十九島は楽しい季節を迎えました。

2017.5.31

うみかぜ広場近くの秋の花
これから9月頃まで
うみかぜ広場近くの秋の花
うみかぜ広場近くの秋の花
うみかぜ広場近くの秋の花
暑い中にも「うみかぜ広場」付近では秋の花も咲き始めています。
神ノ島ではボタンボウフウの白い花、ハマサジの小さく黄色い花も咲き始めています。
うみかぜ広場の近くではヤマハギやマルバハギの花もみられます。
秋の花が咲き始めると、気持ち涼しくなったような気がします。まだ咲き始めなので、これからが楽しみです。

2016.8.7

トビカズラ開花
4月中旬から5月上旬
トビカズラ開花
4月3日に長尾半島に植栽されているトビカズラの開花を確認しました。トビカズラは国内では4か所でしか発見されていない希少な植物で、九十九島では2000年9月に国内2例目となる株がトコイ島で確認されました。トコイ島へ渡らずとも多くの方がより身近に観察できるように、長尾半島へ4株植えられています。あと2週間ほどで見ごろを迎えることと思われます。
4月16日と17日には「トビカズラガイドウォーク」を開催する予定です。

2016.4.3

島の春
砂浜のコメツキガニはこれから秋までしばらく見られます
島の春
島の春
島の春
春風に誘われてカヤックで無人島へ行ってみると、砂浜ではもうコメツキガニが活動していました。
巣穴と砂団子が砂浜いっぱいに見られました。
潮の引いた海岸の岩には波の痕跡、これはリップルマーク(化石漣痕)といいます。
1千万年よりもっと昔のさざ波の痕跡が残っていました。
また、浜にはハマサジが潮にも負けずに頑張って生育しています。
九十九島にも春は来ています。

123456789