エントリー

第2回 『黒島展~歴史と自然の織成す島~』

20190708071250.JPG

“黒島”は佐世保相浦港からフェリーで約50分の所に位置する有人島です。
西海国立公園には含まれませんが、深い歴史と雄大な自然、そして温かい人々に包まれた島です。

208ある九十九島の1つで、隠れキリシタンが暮らしてきた島としても有名な“黒島”。中でも黒島天主堂は、国の重要文化財に指定されている教会で、来る人を温かく迎えてくれます。また、自然も豊かで長崎県の天然記念物『串ノ浜岩脈』や佐世保市の天然記念物『根谷のサザンカ』なども見ることができます。ぜひこの機会に黒島の魅力に触れ、実際に足を運んでみてください。

■期間 2011年2月~7月中旬

■場所 九十九島ビジターセンター1F

■共催 黒島史跡保存会

※入館・観覧無料

20190708071258.JPG 20190708071307.JPG

20190708071324.JPG 20190708071332.JPG

戻る

第一回『九十九島の海そう展』

20190708070816.jpg

 近年地球環境の変化により磯焼け(海そうがなくなること)が問題になっています。
 その一方で、海そうは海の生物にとってなくてはならない存在であることも徐々に解ってきました。
 この企画展は九十九島の海そうをテーマに海そうの役割や人とのつながりを伝えたいと思い企画、展示しています。

20190708070832.jpg20190708070841.jpg

20190708070851.jpg20190708070902.jpg

戻る

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2