エントリー

九十九島のマナー

西海国立公園・九十九島でのマナーとは?

 美しく自然豊かな九十九島を守り、未来へ伝え残していくために、九十九島海域を利用する人に守ってほしいマナーのことです。
 より多くの皆様に知っていただく為に、九十九島マナーガイドを作成しました。是非ご覧いただき、九十九島の利用の際にご活用ください。
20181020180746.jpg
20181020180807.gif
20181020180819.jpg

九十九島の利用について(例)

○利用できる区域について
 無人島であっても島には所有者がいます。所有者の許可なく上陸することはできません。
許可がなく利用できる区域は、潮間帯及び海上、海中のみです。島内へ上陸する場合は所有者の許可が必要です。

 

20181020180755.gif

 マナーをより深く理解する為に、九十九島海域を利用するガイドさんや事業者さんを対象に、九十九島に関する研修(漁業権や自然の話など)を実施しています。


九十九島を利用する際のマナー

○動植物を踏んだりとったりしないで!
○直火での焚火はやめましょう
○ゴミは必ず持ち帰りましょう
○養殖イカダや漁の仕掛けには近づかない
○シーカヤックは島沿いを航行しましょう
○シーカヤックには必ず「パドラーズフラッグ」を取り付けてください

※詳しくはマナーガイドをご覧ください。