エントリー

第11回 『ハマに生きる植物 -潮ニモマケズ、風ニモマケズ-』

西海国立公園指定60周年記念
『ハマに生きる植物 -潮ニモマケズ、風ニモマケズ-』
■期間 平成27年7月18日(土)~平成27年12月6日(日)  九十九島ビジターセンター 1階

20190708090900.jpg

西海国立公園には自然海岸が多く残されています。

強い日差しや風がふきつける海岸にも

植物たちはたくましく生きています。

海岸という過酷な環境に生える植物を紹介し、

彼らが塩分や乾燥から身を守るための工夫や、

分布を広げるための方法について紹介します。


[展示内容]

■パネル(4枚)
①ハマってどんな場所?
②潮ニモマケズ       
③風ニモマケズ            
④ハマに生きる!          

■展示ケース(3つ)
①ハマサジの生育環境(模型)
②ハマからハマへ 海流散布される種子(実物標本)
③ヤシの実のひみつ(実物標本)

■コルクボード
九十九島の砂浜(タペストリー)

■パーテーション(4面)
①ハマジンチョウ保全活動
②ハマボウ調査報告
③④ハマクイズ

■フォトフレーム
ハマの植物

■その他の展示
①のぞいてみよう(ハンズオン展示)
②浮かべてみよう(ハンズオン展示)

20190708090934.JPG 20190708090926.JPG
ヤシの実のひみつ を解説! 浮かべてみよう!実験コーナー
20190708090919.JPG 20190708090941.JPG
ハマクイズ  何問わかるかな?
九十九島の砂浜  しかけがたくさん♪

戻る