エントリー

『 かわいい?こまった?九十九島のどうぶつ展 』

 『 かわいい?こまった?九十九島のどうぶつ展 』

■期間 令和元年7月13日(土)~令和元年12月8日(日)  九十九島ビジターセンター 1階

20190720170932.jpg

九十九島には7種類のほ乳類が生息していることがわかりました

調査を行った島は少ないですが、島の中では繁殖も行われていることが考えられ、

特定外来生物であるアライグマや、シカが継続して島に生息していることも確認できました

かわいい存在なのか?こまった存在なのか?そんな九十九島のどうぶつたちを紹介します

 

[展示内容]

■パネル(4枚)

①長崎県に棲む野生のほ乳類知ってる?

②九十九島で調査してみた

③かわいい?写真撮れたかな?

④こまった?島のどうぶつたち

 

■展示ケース(4つ)(実物展示)

①シカの頭骨、イノシシの頭骨

②アナグマの頭骨、毛皮

③タヌキの頭骨、毛皮

④テンの頭骨、毛皮

 

■コルクボード

どうぶつたちの足あと

アライグマの毛皮

 

■パーテーション(4面)

①特定外来生物 アライグマ

②ロードキル問題

③九十九島に棲んでみた(クイズ)2面

 

■その他の展示

①このフン だれのかな?(実物展示)

②シカの頭骨(実物展示・入口)

③なりきっちゃおう(記念撮影)

④かわいい?こまった?九十九島のどうぶつたち(映像)

 

20190720170933.JPG    20190720170934.JPG

       展示ケース(タヌキの頭骨と毛皮)            このフン誰のかな?

 

20190720170935.JPG    20190721140718.JPG

         特定外来生物 アライグマ                なりきっちゃおう